FC2ブログ

その他の記事 (1/130)

キムテツ先生悲願のG1制覇「重かった扉が開きました」

おめでとうございます(号泣)

出資馬でと思ったこともあったけれど、勝ってくれて嬉しいです。゚(゚´Д`゚)゚。

こんな気持ちになることがあるんすなぁ
本当にキムテツ先生のファンだったんだなと我ながら驚いていますw

16回目の挑戦が多いのか少ないのか分かりませんが、それまでの15回の積み重ねがあったからこその結果だと思います
ここまで試行錯誤を繰り返してきたなかでG1を勝つための仕上げを経験できたのが本当に大きいですね
またビュイック騎手の身元引受調教師として彼にG1の手見上げを持たせたのも素晴らしい!!
来年以降に来日する際もビュイック騎手はキムテツ先生が身元引受調教師をなることでしょう

以前美浦トレセン見学ツアーに参加した際ウッドトラックに人影がありました
「あれは誰ですか?」と尋ねると「木村先生です。毎朝自分の足で馬場のコンディションを確かめられてるんですよ。」との答えを聞いて感銘を受けたのを今でも覚えています(書きながら思い出しました、本当は)
厩舎にも自費で設備投資をしたり、餌やり(調合も含め)専門の方を雇ったりと馬のためにしっかりお金をかけています
まぁひいては自分の為になるのですけども(え

輸送競馬で勝ったというのもこれまた大きい
輸送が得意でない馬はもちろんいますが、輸送が得意でない厩舎もあるような希ガス
キムテツ先生は若いうちからガンガン関西へ遠征させます
理由はルメール騎手を乗せるためでしょう(確信)
「なにもそんなに騎手本位の出走にせんでも...」なんて思ったりしましたが結果が出れば「ルメール神!これで遠征もこなせることが分かった!!」アヘ顔ダブルピースをしてしまうわけです(知らんけど

いやぁ本当に良かった
かつてはショットガンニング...
ヴァンクールシルクプリモシーンと各世代お世話になっております
これからはG1トレーナー木村哲也として出資馬たちを鍛え上げてくれればと願っております

【マイルCS】木村調教師16回目のJRA・G1挑戦で悲願「重かった扉が開きました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000193-sph-horse

ワイトキムテツ
わいといけめん
きしくもこの記事での撮影したコンビでプリモシーンを重賞制覇してくれました
縁ってあるんですなぁ(´∀`*)


なお、馬券はロジクライアエロリット軸で玉砕したもよう>ステルヴィオどっこー

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

書くことがあり過ぎて何から消化していけば良いのか分からんパティーン

あると思います!!(゚∀゚)!!

だから仕方ないんや!(゚д゚)

(性根が)腐ってやがる・・・(復帰するには)早過ぎたんだ・・・

ドラフトPOG後編、シルク一般募集、プリモシーン重賞制覇、2頭の引退、etc

よーし書くぞーうおおおおおおおおおおお!!!
これからちょっとずつ(あ

まずは新潟遠征中のベストショットを1枚投下
DSC06469.jpg
サンキューキムテツ先生!!仕事人の顔してますわ(ニッコリ

秋華賞直行のプリモシーン
DSC06436.jpg 混合の古馬重賞制覇は軽ハンデとか関係なく素晴らしい結果だと思います!(´∀`*)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

今日は土曜日であったか。

体感は日曜日( ゚д゚)

なしやろか...せや!昨日会社休んだからや!!

会社休んでお台場に行ったからや(ニッコリ)

どうも、喉が逝ってしまってるまつりです_(:3」∠)_

木曜日の夜から飲んでたから尚更その気持ち(体感が日曜日)が強かったんすなあ(*^◯^*)

お得感のある週末気分を味わってます(なあ、週明けにシワ寄せがある模様

明日はクードラパンが札幌で走ります。
前走久々に勝ってくれて感動しましたが、その久々に勝った前の競馬場が札幌。
ハンデも50kgと貰っていますし、勝負になるのではないかと踏んでいます(キリッ

8月はプリモシーンの関屋記念をはじめとして毎週のように出資馬が走ってくれて興奮の月になりそう
シルク1次募集の結果も出ますしね(あっ...

3連休は競馬から離れて。

出資馬が出ない。

ローカル開催。

今年度の募集馬最新情報(シルク)もない。


そうだ、惰眠を貪ろう(゚∀゚)


好きなだけ寝れるって一番の贅沢ですよね・・・シミジミシジミ

食費も浮くし←重要

年を重ねると長時間寝てられなくなるとも聞きますし(あ


2歳世代も決して早くはないけれどここにきて順調にきておりぐっすりスリーピングできそう(¦3[___]
40口の近況更新は本当に緊張するンゴねぇ(迫真)


お、キャロさんがリスト公開してるゥー!!
これは近いうちにシルクさんが動きそうですなあ(ニッコリ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

カテドラルことアビラの16、勝ってるやん!?

なお、POG指名馬のトーセンカンビーナ(2着)も走っていたもよう

この時期の新馬で勝つとは思いませんでした(まて

最近といってもここ数年ですが、自分の馬の見方はちょっと変わってきておりまして・・・

その条件に当てはまったのがアビラの16でした(ドヤサドヤサ
ちなその時の記事

まあそんな大それたことでもなく、ただ種牡馬によって柔らかさ硬さの求め方が違うなというだけってゆーw

緩さが遺伝する種牡馬っていますよね、筋肉だったり骨格だったり
それゆえに募集時の動きが大きく見えたり柔らかく見えたりすることがままありまして・・・
そこでスピード感や躍動感(あくまで主観)が抜群にあればよいのですが、良さそうだけども・・・と判断しかねる動きをする募集馬がおります、多分

そんなときに用いているのが柔らかさだったり、硬さだったりを種牡馬からアプローチする方法
例えばハービンジャーは緩い系種牡馬です(主観)
それゆえに硬めの動きをする募集馬が良いと判断しています

例えばハーツクライ
素軽い動きをする募集馬も多々おりますが、それでいて硬さというか芯を持った馬が良いと思っています
また腰の入りが甘く、晩成の気があると言われるので腰回りがしっかりと嵌った仔が良いかなと

そして上記の内容に当てはまったのが昨年のアビラの16だったんすなあ

まあハーツクライっ仔は難しい(他の仔が簡単とは言っていない)ので今後出資するかは分かりませんが、今後もそんな見方をしていければいいなあと備忘録的な感じでツラツラ書いてみました(´・ω・)
あと脚(特に前脚)に特徴がある仔も比較的多いので、そこも気に掛けるポイントですね
開き気味の歩様よりは、弓脚の方が怖さがあります(ラグナアズーラがそうやったなあ...)

ハーツクライ産駒と言えば募集時のリスグラシューの良さがまったく分からんかったのでそもそも見る目がないってゆうね⊂二二二( ^ω^)二⊃

うん、やっぱりハーツクライ産駒は難しいや。今年も避けよう。←結論

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ