シルク13年産の記事 (1/39)

アルジャンテ 怒涛の追い込みも4着

あるじゃ節分

2018/02/05 <レース結果>
 2/3(土)東京11R 節分ステークス〔芝1,600m・16頭〕4着[4人気]

まずまずのスタートを切るも、他馬と接触する場面もあって行き脚が付かず、後方2番手からやや促しながらの追走となります。直線は外目に出して追われると、ジワジワと前との差を詰めますが、僅かに及ばず差のない4着でゴールしています。

田辺裕信騎手「もう少し前のポジションを取りたかったのですが、スタートがあまり速くないですし、その上すぐに挟まれてしまい行き脚が付きませんでした。でも前半の手応えがあまり良くなかったので、スタートがスムーズだったとしても位置取りに大きな差はなかったかもしれません。急がせると終いは甘くなると思いましたから、直線勝負に賭けたのですが、終いはいい脚を使ってくれました。追い切りに乗せてもらった時の印象よりも良かったですね。パワーのあるタイプではないので、Wコースよりも実戦に行っていいということでしょう。この馬場状態も苦にしませんでしたが、距離はもう少し延ばしてもいいと感じました」

尾関知人調教師「スタートは元々速くないとは言え、集団の後ろぐらいには付けられると思っていたのですが、思ったよりも行けませんでした。あとでパトロールビデオを見直したら、スタートからかなりぶつけられて外に弾かれているんですよ。あれではあの位置取りになったのも頷けますね。直線はしっかり伸びてきているので、最初の位置取りがもう少し良ければ、もっと際どかったかもしれません。プラス14㎏でしたが、放牧先からかなりフックラして戻ってきましたし、時期的なこともあるのかあまり絞れませんでした。でも追い切りはしっかり行っていたので中身はできていたと思います。スタート後にガチャガチャしてしまったので、馬体に怪我がないかどうかよくチェックしてから、今後の方針を決めたいと思います」


いやー際どい。紙一重。

帰厩前の馬体重は過去最高の505㎏
480㎏くらいまで絞れてるといいなーと思ってました
結果は前走から+14㎏の472㎏
全てが成長分とは言いませんが、結構仕上がってるなと感じました
パドックで観た印象も太め感は感じず、これまで観てきた中でも一番と言ってよいかなと
正直勝ち負けだと思いました

当日の馬場を考慮しなければ(あ

いつものように出遅れたら厳しい
勝ってるときはいずれも一桁台の位置で競馬をしてきたアルジャンテ
理想は昨年の神奈川新聞杯みたいなレース

出遅れはしませんでしたが行き脚がつきませんでしたー、残念!!
仕方ない
これは仕方ないンゴよ
正直あの位置で競馬をしているのを観ていて惨敗するんやろなあと思ってましたものw
そこからこの日唯一の33秒台の脚を使って僅差の4着まできてくれましたからね
このクラスで勝負できる実力をつけてるなと確信が持てました(゚∀゚)

距離もマイルに拘らず1800mや2000mにも挑戦して欲しいですね
1400mや1600mだけだとどうしても番組に限りが出てしまいますからね・・・(左回り専、1600万クラス)
とかなんとか書きながら次走の第一候補は中京芝1400mのトリトンSと予想しておりますw

DSCF9945.jpg
(撮影・提供 スペキチくん)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

シルク 5歳世代近況

アルジャンテ

2018/01/17 <所有馬情報>
在厩場所:17日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:2月3日の東京・節分ステークス〔田辺裕信〕

尾関知人調教師「ノーザンファーム天栄で順調に調教を積めているということでしたので、17日にこちらへ帰厩させていただきました。よく馬体をチェックさせていただき問題ないようでしたら、予定している節分ステークスに向けて早速明日から乗り運動をスタートしていきたいと思っています」


クードラパン

2018/01/20 <最新情報>
 20日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。


ウォリアーズクロス

2018/01/19 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回周回コースで5ハロンから14-14を2本、週1回6ハロンから15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:2回中山開催

天栄担当者「この中間も周回コース中心に調整を続けており、一日置きに強めの調教を行っています。引き続き脚元は落ち着いていますし、良化はスローですが着実に上向いてきています。入場時から見ると馬体もだいぶ絞れてきました。今後もこの調子で進めていきたいですね」馬体重549㎏

アルジャンテは予定していた節分Sに向けて帰厩し、順調に乗り出しております
実質最終年ですのでどこまでいけるかはこの1戦に掛かっているといっても過言ではないでしょう
田辺Jとは初コンビになりますが期待したいです(゚∀゚)

小倉出走で10場制覇達成なるかと期待したクードラパンですが骨瘤が出た為無理をせずに放牧へ
小倉の舞台はクードラパンに合ってそうでしたので残念ですが、これは仕方ない
まずは骨瘤をしっかり治して今夏は小倉を目指しましょう!(´∀`*)

ウォリアーズクロスは先々週から坂路調教をやめて周回コースで乗り込んでいます
トモの弱さを以前から言及されていますので、坂路だと前脚(2度骨折)に頼った走りをしてしまうからかな?
トモをパンとさせたいのに坂路を使えないのはもどかしいですね・・・(´・ω・)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパンさんは関西がお嫌い?(´・ω・)ドゲカエ?


2017/12/18 <レース結果>
 12/17(日)阪神9R 猪名川特別〔芝1,400m・15頭〕7着[8人気]

五分にスタートを決めると、折り合いをつけながら中団7番手あたりを追走、手応え良く直線に差し掛かり、外に出して懸命に追い出しに掛かりましたが、ジリジリとしか伸び切れず7着でゴールしています。

岩田康誠騎手「前回同様に上手くスタートを決めることが出来ましたし、一瞬ハミを噛むところがありましたが、すぐ収まったので脚を溜めながら追走することが出来ました。ただ、手応えが良い割にはもう一つ伸び切れませんでした。この距離でも展開次第でチャンスがあると思いますが、ゲートを五分に切れる今なら、1,200mの方が折り合いが付いてより末脚を活かせるかもしれません」

久保田貴士調教師「直線で前がもう少し早く空いていれば、もっと際どかったと思います。着差はそれほどないだけに勿体なかったですね。でもああいう競馬がだいぶ板についてきましたね。レース後は特に変わりないですが、短期放牧を挟んで、改めて年明けから始動したいと思います。中京や小倉滞在なども視野に入れて検討したいと思います」

ふむふむ

岩田騎手と久保田先生とでは見解が多少異なっているようです
どちら”が”正しいとかではなく、どちら”も”正しいのだと思います

レースの動画を観るとコーナーから加速しようとしていたところでも若干詰り気味
直線を向いてからも前が塞がりワンテンポ抜け出すタイミングが遅くなってますね
まあ、1着2着とは差がありましたのであって3着までかなとも(0.2秒差)

次走は短期放牧を挟んで年明けからの始動
小倉滞在というワードも・・・(゚д゚)

小倉に行くと1頭で全競馬場を達成ですw

中山・・・5(1勝)
東京・・・3
京都・・・1
阪神・・・3
札幌・・・1(1勝)
函館・・・3
福島・・・1
中京・・・1
新潟・・・1(1勝)
小倉・・・0

すべて初戦で結果を出してる模様(中山も1戦目)

これは小倉初挑戦でワンチャン・・・(;・`д・́)...ゴクリ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパン 中1週で阪神遠征 猪名川特別へ

イの瀬川

2017/12/14 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで14日に時計
次走予定:今週日曜の阪神・猪名川特別〔岩田康誠〕

久保田貴士調教師「14日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。間隔がそれほど空いているわけではないので、強い負荷を掛けるというよりはサッと態勢を整えるイメージで行いましたが、軽快な動きで最後までしっかりと走れていましたよ。想定を見ると阪神の猪名川特別であれば節が足りそうな状況だったので、岩田康誠騎手で投票させていただきました。引き続き岩田騎手に乗ってもらえるのは強みだと思いますし、前走のように好位で上手く脚を溜められる形になればチャンスはあると思いますよ」

中1週ですが調教の動きは良い感じ♪
引き続き岩田騎手に騎乗してもらえるのは重畳!!
ただ阪神の舞台では走れていないのも事実・・・(´・ω・)ナンデダロ
はんしんめじゃ

ホントなしやろか・・・((((;´・ω・`)))

ただあの頃とはクードラパンの仕上げ方というか造り方が異なっております
マイラー仕様からスプリンター仕様へ
北海道での競馬、中京への遠征、そして過去2度の阪神輸送
そのひとつひとつの経験が血となり肉となっているはずッ・・・!(゚∀゚)

前走同様メンバーは揃っておりますが、今後も避けては通れない面子と思われ(クードラパンはもちろんアルジャンテと一緒に走った馬ばっかりw)
残りの現役生活も1年と数ヶ月・・・
精一杯応援して行きたいですね!!(」*´∇`)」ガンバリヤー

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

クードラパン あわやの4着


2017/12/04 <レース結果>
 12/3(日)中京10R 鳥羽特別〔芝1,400m・18頭〕4着[11人気]

五分のスタートを切ると、行きたがるのを宥めながら先行集団の内目をキープ。直線で追い出されると残り100m付近で一旦は先頭に立ちますが、ゴール直前に僅かに交わされ惜しくも4着となっています。

岩田康誠騎手「スタートして一度だけグッとハミを噛んだのですが、すぐに収まりましたし、道中はいい感じで進められました。直線は一瞬抜け出したと思ったのですが、最後は少し脚色が鈍ってしまい交わされてしまいました。この距離でも大丈夫ですし、こういう競馬が出来るならチャンスがあると思います」

久保田貴士調教師「直線で抜け出した時は上手くいったと思ったんですけど、最後は少し止まってしまいましたね。スタート後に結構行きたがったのですが、すぐにあのポジションで収まってくれたのは良かったです。中間の攻め馬では、今まで控えていた併せ馬を取り入れ、行きたがるのを我慢させることを教えてきましたが、それが功を奏したのかもしれません。1,200m~1,400mが守備範囲だと思うので、この後の状態に変わりなく、節が足りるのであれば、年内にもう1戦したいと思っています」


惜しかった・・・勝ったと思いました(´・ω・)オシカッタダケニ

走破タイムはそれほどでもありませんが、メンバーレベルは高くその中で4着ならば上出来ではないかなと
前半に一瞬行きたがったところを岩田Jが抑えてくれたのが良かったですね
前走はそこで抑えずにそのまま行ってしまい、後半脚がなくなってしまいました
1200mでも前半にいってしまうと脚がなくなってしまうので、今後も前半しっかり抑えられるジョッキーの起用が望まれます

距離は1200mよりも1400mの方が良いなと考えております(゚∀゚)
スピードは1200mでも先頭を走れるものをもっておりますので、道中抑えながらも良い位置で競馬をできる1400mが合っているのかなと
脚質転換を図り、ここのところ復調気配ですので近いうちに勝てそうな気も・・・グヘヘ

節が足りれば年内にもう一走あるかもとのことなので、サンタのおじさんへクードラパンに節をくださいと頼んでおきます(ニッコリ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ