シルク14年産の記事 (1/25)

ラグナアズーラ 思わむ着順ですた


2017/11/13 <レース結果>
 11/12(日)福島7R 3歳上500万下〔芝2,000m・16頭〕13着[3人気]

まずますのスタートから道中は中団からじっくり進めます。3コーナー辺りから鞍上の手が動き始めましたが反応がなく13着に敗れています。

鮫島克駿騎手「戸崎騎手から『自分からハミを噛んでいくところがある』と聞いていたのですが、今回はそのような面がなかったですね。勝ち馬と同じポジションで進められていたのですが、3コーナーで早々と手応えがなくなってしまいました。初めて乗せていただいたのでこれまでとの比較はできませんが、昇級初戦でしたしこの馬にとってはペースが速かったのかもしれません。競馬に出走しながら徐々にこのクラスのペースに慣れて行って欲しいですね」

武市康男調教師「もっといいレースが出来ると思っていたのですが、不甲斐のないレースになってしまい申し訳ございません。たしかにペースは遅くはなかったですが、それでもこれくらいのペースであれば走れてもいいはずなのですが・・。もしかするとこれまであまり揉まれる競馬を経験してきませんでしたし、初めてそういった形になって馬が嫌気を差してしまったのかもしれません。途中でズルズルと後退してしまい、自分から走るのを止めてしまっているようにも見えましたからね。この後はレース後の状態を見てどうするか判断したいと思います」

良いところがなく13着・・・

パドックでの気配は良かったんですけども(´・ω・)ナンデダロ
レースはスタートも悪くなくポジションを取りに行くかもしくはインベタで進めるのかと思いきや、外へ出ていこうとしました
結果的にそこで外に出れればよかったのですが、それは叶わず中団の馬込みでレースを進めることに・・・
最終コーナーにかけてスピードに乗って先頭を襲う展開を期待しておりましたがそれを成したのは勝ったイタリアンホワイト
強かったですねー、このクラスにいる馬じゃないっすよ!!(゚д゚)

敗因はペースなのか揉まれたことなのか?
はたまたそれ以外のところ(距離とか季節とか?)にあるのか?
昇級初戦と言えども最低でも掲示板には入れるかなぁと思い込んでおりましたが、うーむ・・・
やるだけやった結果というわけではないので消化不良っぽいところがありますな(・ω・`彡 )з

とは言え、全部が全部思い通りにはいかないのが競馬

次走以降に大きく変わってくれることを信じております!
デビュー戦から2戦目の時もガラッと変わってくれましたしね(ニッコリ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

ラグナアズーラ 1枠1番から1着を狙う

らぐあず1111

2017/11/09 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで8日に時計
次走予定:今週日曜の福島・芝2,000m(牝)〔鮫島克駿〕

武市康男調教師「8日に坂路コースで追い切りを行いました。先週の時点である程度、態勢は整っているので、今週は終いサッと流す感じで行いましたが、反応もしっかりしていましたし、いい動きを見せていました。今回は牧場でしっかりと乗り込んでもらっていたのでしょう、こちらに戻ってきた時から状態が良かったですし、ここまで順調に調整することが出来ました。距離は少し延びますが、未勝利を勝った福島コースで適性はあると思いますし、折り合い面もレースを経験するに連れて良くなっていますので問題ないでしょう。鮫島騎手は初騎乗になりますが、乗り難しい馬ではないと思いますし、今回もいい位置で流れに乗れればチャンスはあると思いますよ」

 二本柳 11. 1南坂稍 53.3- 39.3- 25.9- 12.9 強目に追う
  スクラッタ(古1000万)一杯を0.4秒追走0.3秒先着
 助 手  11. 5南坂重 56.2- 41.4- 27.3- 13.3 馬なり余力
 二本柳 11. 8南坂稍 54.5- 39.0- 25.6- 12.8 末強目追う


1枠1番からの発走!!
先行からの好位抜け出しが向いてそうなラグナアズーラにはピッタリかなと(*^◯^*)
最初決まってた感じの戸崎ングはイタリアンホワイトへ
ただ予定を出したのはあちらの方が早かったのでなんとも言えないんですよね(´・ω・`)
1kgの減量を生かして鮫島克騎手が上手く乗ってくれるのを願います( • ̀ω•́ )✧ 信じてるゾ

調教は天栄でしっかり乗り込んでいるからか1本目から動けていますね
時計やコメントからは500万でもいきなりはありえそう...グヘヘ
当日は口取りも当たっておりすので何卒良い結果を...(懇願)

ちょwwラグアズがGURIGURICHANに!?ww

らぐあず1ばんぐりぐり

キンリョウ54000g
戸崎圭太と
ラグナアズーラは戦うぞ!!


”共闘する”という意味でね!!( ^o^)

6月10日(土)に府中での口取りを逃して(2着)からはや約1ヶ月(ヒキヅルヨネー

 助  手 6.25南W稍 58.6- 43.7- 15.6[7]馬なり余力
 菅原隆 6.28南W稍 68.8- 52.9- 39.5- 12.7[5]馬なり余力
  タケデンサンダー(古500万)馬なりの外を0.8秒追走同入
 武士沢 7. 5南W不 52.8- 38.3- 13.4[5]直強目追う
  スクラッタ(古500万)馬なりの内を0.4秒追走同入


と中間の動きはまずまず

1月・・・1勝
2月・・・0勝
3月・・・0勝
4月・・・1勝
5月・・・1勝
6月・・・0勝
7月・・・?勝←イマココ

うーむ・・・(´-`)
法則性はなさそうやな
いや、1月0勝の数だけ1月1勝できるパティーンの可能性が微レ存・・・(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

未勝利戦は己との戦いという側面が大きい
持っている力をどこまで出し切れるか?

\トキハキタ。ソレダケダ。(ブフゥ)/
ときはきた

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

土日は福島でターフを駆け巡る

土曜日 開成山特別(芝・2600m)
サーブルノワール

2017/07/06 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで5日に時計
次走予定:7月8日の福島・開成山特別〔田中勝春〕

調教助手「5日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。福島までの輸送がありますので、それほど速い時計は出さず、終いサラッと流す程度で行いましたが、動きは悪くなかったと思います。以前に比べると馬体の緩さも段々と取れてきたように思いますし、前走後に無理せず一息入れたのがいい方に出て、休養前よりも馬体に幅が出てきたように思います。田中勝春騎手は初騎乗になりますが、精神的におっとりとしているタイプなので、折り合いについては大丈夫だと思います。この距離でも特に不安はないと思いますし、一叩きした方がいいタイプかもしれませんが、走れる状態にはあると思いますので、この先の選択肢を広げる意味でも頑張って欲しいですね」


日曜日 未勝利・牝(芝1800m)
ラグナアズーラ

2017/07/06 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで5日に時計
次走予定:今週日曜の福島・芝1,800m(牝)〔戸崎圭太〕

武市康男調教師「5日に武士沢騎手に騎乗してもらい、南Wコースで時計を出しました。500万条件の馬と併せて行い、ラグナアズーラが2馬身後ろを追走し、最後は同入しています。スパッとはいきませんが、脚取りは確かにジワジワと最後までしっかりと反応してくれました。攻めを積みながらも馬体重は減らさず調整出来ていますし、前走後からここを目標に順調に進められました。戸崎騎手に乗ってもらえるのも強みだと思いますし、ここでは力は上位だと思いますので、そろそろ結果を残して欲しいところです」

芝芝芝芝芝芝芝芝芝芝芝芝
サーブルノワールは試金石となる一走
出資者の誰もが走らせたいと思っていたはずの芝長距離
POG期間では小島太先生もこの馬で菊を狙うと吹いていました(あ
メンバーは揃いましたねw
ステイブラビッシモは上のクラスでも通用していた馬ですし、間違いなく本命でしょう
ただサーブルノワール自身も走るたびに成長を感じるのでどんな走りをしてくれるか楽しみですね!
中1週でもう一度同じ舞台(芝2600m)で走ることもあるかもしれません
芝芝芝芝芝芝芝芝芝芝芝芝
負けられないレースがあるとしたこういったレースのことなんでしょう、ラグナアズーラ
勝ちたいレースはナイトバナレットのNHKマイルCでしたが(え
それはさておき
前走は勝ちパターンだったものの最後気を抜いたのか交わされて2着
距離も長かったのかもしれません・・・
今回は母シルキーラグーンが活躍した福島の地
半兄ゼーヴィントがメインに走りますし、背には戸崎ング
いい形でバトンを渡してくれればな、と

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

シルク 半年振りの重賞勝利はラジオNIKKEI賞の連覇

セダブリランテス0702

これはストレスフリーですわ(゚∀゚)

なお、抽選で外れた人は・・・(924口応募)

当時は実績ボーダーの発表はありません(昨年から)
それでも16年度に当てはめてみると・・・
セダブリランテスことシルクユニバーサルの14の924口は上から9番目
16年度の9位はトゥハーモニーの15(1052口)で1,528,000円でした
ちなみに8位ブラックエンブレムの15(1053口)で692,000円
10位はプリティカリーナの15(971口)で1,316,000円

3頭の平均価格だと1,178,666円
おそらくボーダーは120万円くらいだったのではないかなと

ぶりらんてす
セダブリランテス1月12日生
父ディープブリランテ(5歳時)
母シルクユニバーサル(13歳時)
母父ブライアンズタイム
白老ファーム

隆々とした筋肉や、骨太なうえに伸びやかな骨格を有する馬体は、バランスよくまとまっておりさらに品格も漂います。その走りは力強さとしなやかさを併せ持ち、馬群の中で圧倒的な存在感を示しています。どっしりと構えた気性ながら、反応の鋭さに凄みがあり、父の種牡馬としての船出に華を添える活躍を期待せずにはいられません。



うーむ、正直自分のストライクゾーンからは外れています
馬体も動きも良いのは間違いない
ただ1月生まれなので割り引いちゃったんですよねー
1月生まれの牡馬はなぁ・・・と
でも、シルク牝系(それも直系)なのでそんな裏を読むようなことはしなくてよかったんですよねw
まぁ、同じディープブリランテ産駒のナイトバナレットに申し込んだというのも大きいですかね(5月生まれ)
新種牡馬にそれも同性に2頭はなかなか踏み出せない(年5頭出資)
そこまでディープブリランテに思い入れもありませんし(あ

その点16年度はロードカナロア産駒に2頭出資しているのは思い入れがあったからと言えるでしょう
うん、今は関係のない話やったンゴ(^ω^)
言うて、ナイトバナレットもOPを勝ってG1にも出走していますしこの世代のブリランテ牡馬は両方良かったのだなと⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

シルクのセダブリランテス
キャロットのリカビトス
とノーザングループから2頭の有望な産駒が出てきました
最初こそ1400mくらいがベストの種牡馬ではないかと言われてましたが、ここにきて中距離で強い馬が出ましたね

また今回の勝利で石川裕紀人騎手が重賞初勝利とダブルでめでたい!!(゚∀゚)
石川騎手にはウォリアーズクロスを勝ち上がらせて頂いた以来応援していたので嬉しい限り
このままセダブリランテスと一緒に成長していって欲しいですなぁ(´∀`*)

一口5万円と4万円(7月3日訂正)の牡馬2頭(グレンツェントセダブリランテ)が今年重賞を勝ちました(東海S・ラジオNIKKEI賞)
前年より1000万近く平均価格の上がった16年度募集はこれに当てはまるかは分かりませんが、平均価格が例年並みに落ち着いた17年度は狙いどころの価格帯なのかもしれませんね・・・ゴクリ
一口5万円の牡馬
リードストーリーの16(父ダイワメジャー)・・・尾関知人厩舎=NF

1頭しかおらんやないかい!(゚д゚)

訂正:グレンツェントは一口40,000円でした○| ̄|_
・・・これで候補馬が増やせるね(ニッコリ)
アンティフォナの16(父キンシャサノキセキ)・・・古賀慎明厩舎=白老
ポーレンの16(父ジャスタウェイ)・・・武井亮厩舎=白老
アンナヴァンの16(父シンボリクリスエス)・・・吉村圭司厩舎=NF
スカイクレイバーの16(父ヘニーヒューズ)・・・高野友和厩舎=NF

ちなみに前年のラジオNIKKEI賞覇者のゼーヴィントは一口10万円
サマーハの16(父ゴールドアリュール)・・・藤沢和雄厩舎=NF
ヒッピーの16(父ハーツクライ)・・・池江泰寿厩舎=NF

これは・・・あるな(^ω^ ≡ ^ω^)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ