シルク15年産の記事 (1/21)

ボアヴィスタ 1番人気を背負うも・・・

ボアヴィスタ
ぼあぼあぼあ

2018/05/21 <レース結果>
 5/20(日)新潟5R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕15着[1人気]

まずまずのスタートからステッキを入れつつポジションを取りに行くと、縦長の展開の中6,7番手に付けやや促しながら追走します。3,4コーナーですでに手応えが怪しくなるとズルズルと後退し、直線も巻き返す脚はなく離れた最後方でゴールしています。

北村友一騎手「道中はずっと自分でブレーキをかける感じで進んでいきませんでした。前回は番手で進められたようなので、今回初めて砂を被ることになったせいかもしれませんが、返し馬からそういう感じでしたので、元々前向きさが足りないのかもしれません。最後は息遣いも気になりましたが、何より気持ちの問題が大きいと思います」

石坂正調教師「京都競馬場でレースを見ていましたが、前半から全くハミを取っていくようなところがなく、前走の良いところが全く見られなかったので、気の悪さを見せてしまったのかと思っていました。臨場した助手の話では、パドックで変な姿勢で排尿をしていたようですし、返し馬を終えたあと、ゲートの裏でもやっていたようです。トレセンでは特にそのようなことはありませんでしたが、レースが近づいてきたことによる緊張から、変なところを見せてしまったのかもしれません。レースではまったく力を出し切っていなかったこともあって、レース後はすぐ息が入っていたようです。力を出し切ってレースを終えたのであれば、一息入れてリフレッシュさせるつもりでしたが、ここで放牧に出したところで何の解決にもならないと思うので、続けて出走させることも考えています。トレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで検討させていただきます」


2018/05/23 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

担当助手「新潟からトレセンに戻って馬の様子を確認しましたが、こちらではいつも通りの雰囲気で落ち着きを保っています。レース当日は装鞍所からソワソワして落ち着きがないところがあったので、環境の変化に対応できなかったのかもしれませんね。勝負どころまでは同じように立ち回っていましたが、最後の直線であれだけ離されてしまっているのですから、完全に走る気持ちを失ってしまったのでしょう。レース後はケロッとして息は乱れていませんでしたし、走り切った感じもありませんでした。週末から調教を開始し、状態が変わりなければ、このまま次走に向けて調整していく予定です」

一体なにがあったんだ・・・(´・ω・)

レース結果を見て呆然としてしまいました(・ω・`彡 )з
レース映像を確認しても原因はわからず月曜日の更新(レース結果)を待っておりましたが、どうやら精神的な問題のようですね

初の新潟競馬場に緊張したのか?
これまで騎乗してくれた和田騎手ならまた違った結果になったかもしれません、いやないか

放牧を挟まずに続戦となりそうなのでボアヴィスタにとっては耐えどころです
次の一戦が今後を左右するような気がしてなりません・・・(。´・(ェ)・)
万全な状態でレース当日を迎えられるよう祈るのみです

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

NHKマイルから放牧(天栄&北海道)

プリモシーン

2018/05/07 <レース結果>
 5/6(日)東京11R NHKマイルカップ(GⅠ)〔芝1,600m・18頭〕5着[5人気]

スタートで立ち遅れると、後方の内目から追走します。後方のまま直線を向き外目に進路を取りながら追われると、しっかりと脚を伸ばし勝ち馬から0.2秒差の5着と健闘しています。

戸崎圭太騎手「前回よりも落ち着きがありましたし、雰囲気は悪くありませんでした。ただゲート内で特に落ち着きがなかったわけではないのですが、ゲートが開いても反応してくれずポコッとした出方になってしまいました。上手く出せずに申し訳ありません。それでも道中はリズムよく走れていましたし、直線は少し窮屈になる場面があったものの、しっかりと伸びてくれました」

木村哲也調教師「前回よりは精神的に落ち着いてレースに臨むことができたと思います。ゲートを出ていかなかったのは、今後の課題として取り組んでいく必要がありますが、最後はしっかりと伸びてくれましたし、牡馬の一線級相手によく頑張ってくれたと思います。道中はリラックスして走れていましたし、もう少し距離が延びても対応してくれそうですね。今後の予定についてはレース後の状態をよくチェックしてから判断したいと思います」

2018/05/09 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン/10日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

木村哲也調教師「先週は結果を出せず申し訳ありませんでした。でも勝ち馬から0.2秒差まで詰め寄っていますし、よく頑張ってくれたと思います。レース後は馬体・脚元には大きな問題はありませんでしたが、GⅠレースで激走した疲れは当然あると思いますので、この後は放牧に出して一息入れてあげたいと思います。放牧先での状態を確認しながら、牧場スタッフと相談し今後の予定を決めさせていただきます」


ルーカス

2018/05/07 <レース結果>
 5/6(日)東京11R NHKマイルカップ(GⅠ)〔芝1,600m・18頭〕16着[10人気]

まずまずのスタートから無理せず、道中は後方3番手からの追走、4コーナーから徐々に仕掛けていき、直線に向いて追い出されますが、残り300m付近で早くも脚色が鈍り出し、そのまま後方でレースを終えています。

H.ボウマン騎手「もう少し前から競馬が出来れば良かったのかもしれませんが、スタートしてから他の馬に比べて行き脚が付かず、後ろからの競馬になってしまいました。道中は手応え良く進めることが出来ましたし、勝負どころは勝ち馬と一緒にいい感じで上がって行くことが出来ました。直線に向いて追い出すと100mくらいはいい脚を使ってくれたのですが、そこから脚色が鈍ってしまい巻き返せませんでした。道中の手応えやお兄さんのことを考えるとこの距離は悪くないと思いますし、もしかすると精神的に悪い面が出てしまったのかもしれませんが、テン乗りだったこともあって今回の敗因は何とも言えません。ただ背中の感触はいいですし、能力的にはもっとやれていい馬だと感じました」

2018/05/09 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン/13日に北海道・ノーザンファーム早来へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

堀宣行調教師「先週はいい走りをお見せすることが出来ず、申し訳ありませんでした。レースが終わってからよくボウマン騎手と話をしたのですが、『道中はいい雰囲気で走れていて、とても高いポテンシャルを持っていると感じました。ただ具体的には分からないけど、体のどこかが気になって、追い出して100m過ぎたあたりから、自分から走るのをセーブしている感じがしました』と言っていました。おそらくメンタル的な問題ではなく、そのように何か馬体面に気になる部分があり、レースで全能力を発揮できていないのだと思います。トレセンに戻って状態を確認しましたが、脚元に問題は見られません。右トモの歩様の硬さは相変わらず目に付きますが、それもレースを使って悪化したという感じではありませんし、大きな心配はいらないでしょう。ただ、馬体のどこかに気になる部分を抱えたままレースに出走し、それが嫌な記憶として残ってしまうと、今後走らなくなってしまう可能性も考えられますから、ここは無理せずいったんノーザンファーム早来へ放牧に出させていただきたいと思います。トレセンを出発するまでの間、こちらでも色々な角度から原因を探っていきたいと思います」

G1に2頭出しなんて出れるだけただただ幸運なのにガクッときてましたw

うーむ・・・なんも言えねぇ・・・

両馬とも懸命に走ってくれましたが、全力を出し切れたかかというとそういうわけでもなく(´・ω・)

次へ向けて動き出していますのでいつまでも引きずることなく前を向いて応援していきたいと思います!!

プリモシーンルーカス
ありがとう!


にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

初めてのG1二頭出し。高まるまる

3枠5番プリモシーン

2018/05/03 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで2日に時計
次走予定:5月6日の東京・NHKマイルカップ(GⅠ)〔戸崎圭太〕

木村哲也調教師「帰厩後も順調に来ており、4月29日に坂路コースで単走で時計を出し、2日には戸崎騎手が騎乗し南Wコースで追い切りました。3頭の一番後ろから追走し、直線は最内に併せる形で追い切りましたが、後ろからでも我慢ができていましたし、いい追い切りができたと思います。今回は普段から比較的落ち着きがありますが、動き自体は良いので、元気がないわけではないと思いますし、これはいい傾向だと思います。今回は広いコースに変わりますし、当日も落ち着いて競馬に向かうことができれば、力を出し切ってくれると思います。今回は牡馬との混合戦になりますが、いい競馬を期待しています」

7枠13番ルーカス

2018/05/03 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで3日に時計
次走予定:5月6日の東京・NHKマイルカップ(GⅠ)〔H.ボウマン〕

堀宣行調教師「3日に南Wコースで追い切りを行い、併走馬を追走から直線は内に併せて同入しました。今回は1週前、当該週の追い切りともに控えめの内容に抑えています。先週も申しましたが、普通キャンターの調教時にも緊張感、気性面の昂ぶりから、心拍数が高くなってしまいます。前回はそのために競馬の前に活力がなくなりパフォーマンスを落としてしまったことが考えられますので、この中間の調整はタイムで管理するのではなく、心拍数で管理するようにしています。そのため前回よりもハロンタイムは遅くなっていますが、それでも十分な負荷がかかっていると思います。また、今回は短期放牧を挟んで、比較的レースの直前に帰厩させたことも、できるだけ余力を残して競馬に向かうという目的の一つです。現在の馬体重は506㎏と前走の前よりプラス10㎏ほど増えており、毛艶・馬体の張りは前走時以上に良くなっています。競馬を使うたびに背中からトモにかけての硬さが顕著になっているので十分にケアをしていく必要がありますが、いずれにしても前走時よりはバランスの取れた調教を行うことができていると思いますし、これがレースでいい方に出てくれればと思っています」

お互いのためにも枠番交換して欲しいンゴねぇ(あ


両馬とも各陣営が思う調整ができた気がします(*^◯^*)
あとは無事にゲートから出て持てる力を発揮できますように...( ˘ω˘)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

ボアヴィスタ 変わり身みせて4着

ボアダート

2018/04/23 <レース結果>
 4/22(日)京都2R 3歳未勝利〔D1,800m・16頭〕4着[8人気]

まずまずのスタートを切ると、促しながら2番手に取り付けて最初のコーナーへ差し掛かっていきます。そのままの位置で最後の直線に差し掛かり、先頭へ並び掛けに行こうとしますが、前との差を詰めることが出来ず、ゴール手前で2頭に交わされ、初めてのダート戦を4着で終えています。

和田竜二騎手「今回が2戦目とあって、道中はまだフワフワとして走り方が分かっていないところはありましたが、ペースが緩かったこともあって脚力でカバーしてくれました。促していくとスッと反応してくれましたし、勝負どころも先行馬に遅れをとることなく上がって行くことが出来ました。最後の直線はゴール直前で2頭に交わされてしまいましたが、バテたわけではありませんし、経験の差が出てしまったものだと思います。今回のように砂を被らず自分のリズムで競馬が出来ればすぐチャンスが回ってくると思います」

石坂正調教師「初戦の内容を考えると上出来のレースだったと思います。時計が遅かったとはいえ、2戦目として頑張ってくれたと思いますし、伸びしろのある馬ですから、レースを経験していけばよりいい走りをしてくれるようになるでしょう。優先出走権を獲ることが出来ましたし、トレセンに戻って状態を確認して変わりないようであれば、中2,3週ぐらい空けて出走させたいと考えています」

この結果はダートゆえか、2戦目ゆえか?

どっちもやないやろか(=゚ω゚)

ダートだからと言って促してスッと進めるわけではないし、競馬に慣れたのとボアヴィスタ自身が成長してるのかなと
段々と体もしっかりしてきましたし、次走以降にも期待が持てそうです!!
とは言え、まだ馬体には成長の余地が存分にありますので促しながらというのが理想ですね
これも今回ダートで走れると分かったからこその思惑ですがw

現状トレセンでの調教は水曜追い(木曜追い)に時計を出す程度
これが日曜日にも時計を出せるくらいの体力がつくとまたガラッと変わってきそうです(゚∀゚)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

NHKマイルCの特別登録をみながら

NHKマイルボーダー

プリモシーンさん、10番目で出走可能!
ルーカスさん、18番目で出走可能!!

良かったー(心底)
本当に良かった・・・(゚∀゚)

メンバーは結構揃ってますね((((;゚Д゚)))))))

重賞勝馬が8頭
カシアス(函館2歳S)
カツジ(NZT)
タワーオブロンドン(アーリントンC・京王杯2歳S)
テトラドラクマ(クイーンC)
フロンティア(新潟2歳S)
プリモシーン(フェアリーS)
ミスターメロディ(ファルコンS)
ロックディスタウン(札幌2歳S)

重賞連対馬が5頭
アンコールプリュギベオントーセンブレスパクスアメリカーナルーカス

2勝馬(500万勝ち)では出れなかったんですな(まだ分かりませんが)
前残り読みの騎乗及び耐えうる馬が何頭かいるのでペースは流れそうですね
スローペースのよーいドンよりかはプリモシーンルーカスともレースしやすいでしょう

まずは無事レースに出れるよう祈るのみですな
今回もミニゼッケン狙っていきます(開門ダッシュヒッス)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ