モシーンの15の記事 (1/1)

モシーンの15の情報まとめ

更新順に。

2月
もしこ2

2017/02/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続きハロン17秒のキャンター調整を行っています。まだ力強さに欠ける面があって走っていてもフラフラする事があるのですが、動きに素軽さは出てきました。父の産駒らしくスピード感のある走りをしていますし、切れがあります。体調面は特に問題ないので引き続き乗り運動を継続して、走りに力強さが備わるように進めて行きたいと思います。テンションがあがりやすくなる部分があるので、苦しくならないように落ち着かせながら進めていきたいと思います」馬体重463kg




1月
もしこ1月

2017/01/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で、厩舎の中でも進んだ組に属しています。先月から課題として取り組んでいる動きや力強さを向上させていく件ですが、この問題は短期間ですぐに改善できるような問題ではないので、引き続き継続していきます。先月と大きく変わったこととしては、運動の継続によって体全体に張りのある筋肉がつき、体が一回り大きくなったことですね。移動してきた当初は細身でしたが、いまでは牝馬らしい丸みのある体型に変ってきています。もともと手先の軽いキャンターが本馬の持ち味ですが、体型も変わりつつある今、この冬でさらにパワーアップできるよう調教ペースを上げていきます」馬体重462kg




12月
もしこ12

2016/12/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン20秒のキャンターを2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ひと通りの騎乗馴致を終え、現在は坂路・周回コースを併用して調教を進めています。非常に気性の強い馬で、それが走りにも表れていますね。本格的な調教が始まったばかりですので、まだ動きや力強さなど求められる課題はいくつかありますが、今後の調教も持ち前の気性の強さで乗りきっていけることと思います。馬体・体調面に問題はなく、飼い葉も良く食べてくれますので、以前に比べ馬体が一回り大きくなったと感じています。まだ幼い面は見られますが、入場時に比べると落ち着きが出てきましたし、今後調教を進める内に心身ともに成長してくれることでしょう」馬体重451㎏




11月
もしこ11

2016/11/01 <所有馬情報>
モシーンの15
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在はロンギ場でダクとキャンターを行っています。まだ動きは重たい感じですが、少しずつ良化していますし、背中がどっしりとして乗っていて安定感がありますね。少し周りの環境に影響されやすいところがあるので、今から色々な状況に慣らしていきたいと思っています。1年前の今時期の全姉と比べて、こちらの方が馬格がしっかりして力強さもあります。まだ走る方に気は向いていませんが、生まれ持ったバネとパワーは良いものを感じさせますので、今後の調教でどんな走りをみせてくれるか楽しみです」馬体重447㎏




10月
もしこ10

2016/10/07 <所有馬情報>
モシーンの15
在厩場所:10月3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは日中放牧を継続して行っていました。もともと筋肉の質・量ともに4月後半生まれを感じさせない体付きをしていましたが、更に磨きがかかりグングンと良化しています。洗い場馴致まで行っていましたが、もともと人には素直で従順な性格なので、今後始まる騎乗馴致等もスムーズに進むことでしょう」馬体重432㎏




9月
もしこ

現状は標準サイズの馬体ですが、骨の太さと筋肉量共に十分で、今後の更なる成長に期待が高まります。放牧地に放たれると同時に重心を低くして、グングンと加速していく様はまさに父譲りの走りです。勝ち気な性格ながらも人に対しては従順で、騎手のゴーサインに瞬時に応え驚異的な末脚を繰り出し、世代の頂点へと登りつめることでしょう。




にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

モシーンの15の全姉”キャリコ”デビュー

きゃりこ

除外されて雪が降って

伸びて伸びてついには火曜日

大外枠となりましたが無事に出走する運びとなりました

牡馬混合戦ですが人気上位はいずれも牝馬

全妹のモシーンの15に出資させていただいているので自ずと力が入ってしまいんす(´・ω・)

もしこ

どれくらいの馬体重で出てくるのか?
脚質はどうなのか?
気性面はどうなのか?

キャリコモシーンの初仔のため今まで想像もつきませんでした

キャリコは5月16日生まれとモシーンの15(4月27日)よりも約20日遅く生まれております
遅生まれなので馬体はまだまだ成長途上な希ガス
モシーンの15は、
9月・・・427㎏
10月・・・432㎏(+5)
11月・・・447㎏(+15)
12月・・・451㎏(+4)
1月・・・462kg(+11)
と順調に大きくなってきています(やったぜ)

母モシーンは逃げて良し、差して良しの自在タイプだったようです
はたして鞍上シュミノーJはどのようなレースをさせるのか?
大外枠発進となるため出たなりに控えて直線勝負するのかなぁ(・ω・`彡 )з

大敗したら別の馬だし・・・と言い、大楽勝したらさすがお姉ちゃんや!!と言うつもりでいます(あ

レースの発走は13時00分!
刮目せよ!!

なお、観れんもよう

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

シルク モシーンの15に出資申込した理由

キムテツ厩舎だから

違う(違う)

『可能性』

もしこ

正直な話、募集時動画での評価はディープ3姫では一番低いです。



こじんまりとした動きに浅い踏み込み。
しかしブレずに真っ直ぐ歩けているのは良いです。
また前方からの映像を見てもまっすぐ脚が出ていますし、ケガのリスクが3姫の中で最も低いと感じました。

ぶっちゃけこの時期のディープ牝馬の動画は良く分かりませんw
現在唯一のディープ牝馬出資馬であるアルジャンテ(3勝 1600万クラス)
募集時動画を今観てもピンとこないんだよなぁ・・・。

また4月27日と遅い生まれながら公表された測尺が、
体 高:155.5 cm
胸 囲:173.5 cm
管 囲:20.0 cm
体 重:427kg
と自分的には非の打ち所のないデータでもありました(遅生まれのディープ牝馬にしてはという※がつきます)

自分の中ではディープインパクトの産駒は成長するものだと思っています。

d_02580003.jpg

2016/10/07 <所有馬情報>
モシーンの15
在厩場所:10月3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは日中放牧を継続して行っていました。もともと筋肉の質・量ともに4月後半生まれを感じさせない体付きをしていましたが、更に磨きがかかりグングンと良化しています。洗い場馴致まで行っていましたが、もともと人には素直で従順な性格なので、今後始まる騎乗馴致等もスムーズに進むことでしょう」馬体重432㎏



ディープインパクト産駒の成長力の『可能性』に賭けました。



賭けに勝ったな、と。

募集時動画時より約2ヵ月後の募集馬見学ツアーの周回展示。
Ustream検討会を観ていて思わずガッツポーズ。
外人よんこま

踏み込み、肩の出、どちらも募集時より良くなっています。
全体の雰囲気も出てきたな、と。

まぁ、その時は外れるもんだと思ってましたけどねw

信じていたけどまさかの当選!(信じていたけど!!)

ワイとキムテツ先生の運命力を!
わいときむてつ
(
全頭1次満口で追加募集馬で出資せなと思ってました・・・)

これは来年もキムテツ先生枠継続やな!(゚д゚)

ルシルクの16(父オルフェーヴル)の牡馬が生まれています。
例年行われている当歳紹介には登場しませんでした・・・。
セレクト当歳セールには上場されてはおりません。
何事もなければ2017年もシルクHCで募集されると思われます(キャロさん許しちくりー)

半兄ヴァンクールシルクも勝ち上がりましたし、キムテツ厩舎でどうですかね?(ゲス顔)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ