FC2ブログ

アルジャンテの記事 (1/14)

アルジャンテ 力は出せた4着

アルジャンテ

2018/09/03 <レース結果>
 9/1(土)新潟11R 長岡ステークス〔芝1,600m・11頭〕4着[4人気]

スタート後に他馬に寄られて行き脚が付かず、後方から追走します。直線は大外に持ち出して懸命に前を追いますが僅かに届かず、勝ち馬から0.2秒差の4着でゴールしています。

石橋脩騎手「ゲートは出たのですが、直後に勝ち馬に前に入られてしまいました。それでも怯むことなく付いていけましたし、馬群の中でも上手に走っていました。今日に限ってはコースの外側の方が伸びていたので、直線は思い切って外に出しましたが、しっかり脚を使ってくれましたし、途中手前を替えてから、もうひと踏ん張りしてくれました。調教で感じた『力を出し切っていない』という印象は実戦では全く感じられず、最後までしっかり走っていました。メンコを外したことも良かったのかもしれません。道悪にも一度もノメることはなかったですし、しっかり嵌って走っていました。とにかく乗りやすくて良い馬です」

尾関知人調教師「この中間からメンコを外して調教を行ってレースでも着用せずに臨みましたが、期待した通りの行きっぷりを見せてくれたと思います。直線に向いた時にはまとめて交わしてくれそうな雰囲気もありましたが、道中のペースが遅かったので最後は他の馬と同じ脚色になってしまいました。ただ、メンバーが揃った中で差のない競馬をしてくれましたし、なんとかもう一つ勝たせてあげて再び重賞にチャレンジしたいですね。東京開催が目標になると思いますので、いったん放牧に出す方向で考えています」

パドックでの雰囲気は良かったですね
スタートは決まりましたし、道中の運び方も問題なし
追い出しのタイミングも良かったですし、騎乗に関してはなにもいうことなし!
アルジャンテの走りが観れたので結果は4着も満足度は高かったですw

惜しむらくは展開と馬場状態か?
もう少し乾いていればディープ産駒に向いたレースになっていたのでしょうがそればかりはどうにもなりませぬ...
次走は府中開催とのことです
引退まで6ヵ月を切りましたし、アルジャンテの1走1走を目に焼き付けていきたいですね

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

2年と半年振りの重賞挑戦、アルジャンテ

あるちゃん

2018/06/07 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで6日に時計
次走予定:6月10日の阪神・マーメイドステークス(GⅢ)〔酒井学〕

尾関知人調教師「6日に南Wコースで時計を出しました。阪神競馬場までの輸送もありますし、先週しっかり併せて負荷を掛けていますから、今週は終い重点にサッと行いました。時計的にも予定通りでしたし、素軽いフットワークで最後まで走れていて、動きは良かったと思いますよ。週末にも坂路で併せて時計を出していますし、ここまでマーメイドステークスを目標に本数も積んで、走れる態勢は整っていると思います。ハンデは想定していたものよりも少し重くなってしまいましたし、初めての2,000mに加えてコーナー4つの競馬で最後まで集中力を維持できるか等、色々と課題はありますが、終いの脚はこのメンバー相手にも十分通用するものを持っていると思いますから、どんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています」

もうそんなに経つのか・・・

フェアリーSに出走した2年前の年明け
なにか感慨深いものがありますね(´∀`*)

その後なかなか順調には使えずここまで13戦
それでも勝ちたいときは勝ち切ってついに古馬重賞戦線へ(1600万クラスだけども)

52kgは見込まれた感があるものの、それはこれまでのレース振りみられたからだとプラスに受け止めたい(歯軋り)

阪神芝2000mはディープ産駒にとって向いている舞台
調教もしっかりと乗り込めておりますし、関西への輸送も慣れてきた頃ではないでしょうか?

ここで一発あってもなんらおかしくないのでは?wktk

不安材料もままありますがそもそもが格上挑戦ですからね、人気も薄いですし酒井学騎手には思い切った騎乗をして欲しいですね!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

アルジャンテ 成長を感じられる3着

あるじゃんてうずしお2かいめ

2018/03/12 <レース結果>
 3/10(土)阪神10R うずしおステークス〔芝1,600m・9頭〕3着[4人気]

モッサリとゲートを出たために最後方からレースを運びます。残り600mを過ぎたあたりから徐々に進出を開始し、懸命に追い出しにかかると、最速の上がりで上位馬に詰め寄ったものの、捉えるところまではいかず3着でゴールしています。

福永祐一騎手「流れがスローになるのは分かっていたのですが、スタートが遅かったこともあって思いのほか追走で一杯でした。勝負どころも置かれ気味になってしまいましたが、最後までいい脚を使ってくれました。以前に乗せていただいた時より、だいぶバランスよく走れるようになっているので、今ならもう少しゆったりした距離の方が上手く脚が溜まってレースがしやすいかもしれません」

尾関知人調教師「スタートで遅れてしまい、しかも流れが遅くなってしまいました。上がりは一番脚を使っているのですが、前が楽をしていた分捉え切れませんでした。2戦続けて勿体ない競馬になってしまい申し訳ありません。今回勝ち上がることが出来れば、福島牝馬ステークスも考えていたのですが、今回の結果とレース後の状態を踏まえて、もう一度検討したいと思います」

昨年はピンかパーか?100か0か?みたいな成績でしたが、ここのところ安定した走りを見せてくれております

1600万クラスで安定した成績を残してくれるのはありがたいです
とは言え、惜しい競馬を続けているとも言えるのでどこか歯がゆい感じも・・・
実質アルジャンテにとってはラストイヤー
ひとつでも多く彼女が先頭で駆け抜ける姿を目に焼き付けておきたいですね

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

アルジャンテ 怒涛の追い込みも4着

あるじゃ節分

2018/02/05 <レース結果>
 2/3(土)東京11R 節分ステークス〔芝1,600m・16頭〕4着[4人気]

まずまずのスタートを切るも、他馬と接触する場面もあって行き脚が付かず、後方2番手からやや促しながらの追走となります。直線は外目に出して追われると、ジワジワと前との差を詰めますが、僅かに及ばず差のない4着でゴールしています。

田辺裕信騎手「もう少し前のポジションを取りたかったのですが、スタートがあまり速くないですし、その上すぐに挟まれてしまい行き脚が付きませんでした。でも前半の手応えがあまり良くなかったので、スタートがスムーズだったとしても位置取りに大きな差はなかったかもしれません。急がせると終いは甘くなると思いましたから、直線勝負に賭けたのですが、終いはいい脚を使ってくれました。追い切りに乗せてもらった時の印象よりも良かったですね。パワーのあるタイプではないので、Wコースよりも実戦に行っていいということでしょう。この馬場状態も苦にしませんでしたが、距離はもう少し延ばしてもいいと感じました」

尾関知人調教師「スタートは元々速くないとは言え、集団の後ろぐらいには付けられると思っていたのですが、思ったよりも行けませんでした。あとでパトロールビデオを見直したら、スタートからかなりぶつけられて外に弾かれているんですよ。あれではあの位置取りになったのも頷けますね。直線はしっかり伸びてきているので、最初の位置取りがもう少し良ければ、もっと際どかったかもしれません。プラス14㎏でしたが、放牧先からかなりフックラして戻ってきましたし、時期的なこともあるのかあまり絞れませんでした。でも追い切りはしっかり行っていたので中身はできていたと思います。スタート後にガチャガチャしてしまったので、馬体に怪我がないかどうかよくチェックしてから、今後の方針を決めたいと思います」


いやー際どい。紙一重。

帰厩前の馬体重は過去最高の505㎏
480㎏くらいまで絞れてるといいなーと思ってました
結果は前走から+14㎏の472㎏
全てが成長分とは言いませんが、結構仕上がってるなと感じました
パドックで観た印象も太め感は感じず、これまで観てきた中でも一番と言ってよいかなと
正直勝ち負けだと思いました

当日の馬場を考慮しなければ(あ

いつものように出遅れたら厳しい
勝ってるときはいずれも一桁台の位置で競馬をしてきたアルジャンテ
理想は昨年の神奈川新聞杯みたいなレース

出遅れはしませんでしたが行き脚がつきませんでしたー、残念!!
仕方ない
これは仕方ないンゴよ
正直あの位置で競馬をしているのを観ていて惨敗するんやろなあと思ってましたものw
そこからこの日唯一の33秒台の脚を使って僅差の4着まできてくれましたからね
このクラスで勝負できる実力をつけてるなと確信が持てました(゚∀゚)

距離もマイルに拘らず1800mや2000mにも挑戦して欲しいですね
1400mや1600mだけだとどうしても番組に限りが出てしまいますからね・・・(左回り専、1600万クラス)
とかなんとか書きながら次走の第一候補は中京芝1400mのトリトンSと予想しておりますw

DSCF9945.jpg
(撮影・提供 スペキチくん)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

アルジャンテ 頼れるセンターへ成長(感涙)

DSCF8228.jpg

2017/11/06 <レース結果>
 11/5(日)東京8R 3歳上1000万下〔芝1,600m・13頭〕優勝[2人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は7番手あたりを追走、4コーナーから進路を外に取りつつ徐々に促して行き、直線に向いて追い出されるとジワジワと脚を伸ばし、内で粘る2,3着馬をゴール前できっちり交わして、約1年振りの勝利を挙げています。

戸崎圭太騎手「道中はいいポジションで流れに乗って、リズム良く運ぶことが出来ました。直線で追い出しに掛かるとしっかりと脚を使って、よく差し切ってくれましたね。少し促し気味なところがありましたから、もう少し距離が延びても対応できると思いますよ」

尾関知人調教師「あまり後ろからの競馬になってしまうと、届かない可能性もありましたし、ジョッキーには中団くらいで運んで欲しいと伝えていたのですが、その通りのポジションで進めてくれましたね。道中は少し左に寄るようなところがあったみたいですが、直線で右手前に替わると真っ直ぐ走れていました。東京コースだと最後の直線で右手前に替わる分、安心して観ていられますし、どちらかと言うとシュッとした脚を使うというよりはジワジワ伸びてくるタイプですから、直線が長いというのもいいのでしょうね。それに年を重ねるに連れてレースでは落ち着きも出てきて、この距離でもしっかり結果を残すことが出来たというのも収穫だったと思います。この後はレース後の状態を見て、今後の方針を決めていきたいと思います」

まとめて面倒をみました(゚∀゚)


約1年ぶりの勝利を目の前であげてくれました!!!
最終コーナーをまわり追ってもなかなか加速できなかったところでは正直ダメか・・・と思いましたが、坂を登ってからの脚は素晴らしかったですね
前半1000mが58.5というペースの中で先団にいた3頭が2,3,4着のレース
それを中団から全頭ぶっこぬいたアルジャンテはこのメンバーだと頭一つ抜けていたのかなと
長く良い脚を使うタイプなので小回りよりは大箱向きなのは確定的に明らか
また右回りと左回りでのパフォーマンスに差があり過ぎィ!!なのも特徴ですねw
府中、新潟、中京がこれからも主戦場になっていくのでそうなあ(あと1年と少しですが)

レース後、シルクスタッフさんに状態を聞きますと、
・すぐに息が入りケロっとしている
・そんなに力を出していないのではないか?
ともしかしたら続戦あるか?という内容でした(´∀`*)

「ただ適当な番組がないんですよねぇ・・・」という言葉も(あ

アルジャンテのパドックを観て自分が感じた印象としては、余裕を残しての仕上げじゃないなというもの
入場直後はあんまり元気がなさそうな感じで「うーん大丈夫かいな?馬体重も±0やしなー」と言ってましたねw
しかし周回を重ねるごとに気合が入っていきまして、最後の方は大外を勢いよく歩いていました(チャカついたりしているわけではない)
帰宅後に録画していたGCをみると注目馬に選ばれておりませんでしたが、最初の方だけの映像で判断しているのならば致し方ないかなと(時系列的にそうなると推測)
それくらい最初と最後ではアルジャンテの印象が違いました(^ω^ ≡ ^ω^)

DSCF8095.jpg
撮影:スペキチ君
スタートも遅れませんでしたし、道中も折り合えていました
このレースができるのならば距離は問題ないですね
1800mや2000mまで守備範囲を拡げられると選択肢がすごく増えるので、是非ともその方向で進めていただきたいなあ

これで1600万クラスへ復帰を果たしました٩( 'ω' )و
降級後なので何というか本物感がありますよね(ニッコリ
オトウットのナイトバナレット(3歳)も現在1600万クラスではありますが、まだ顔じゃないというか厳しいやろなあ(´・ω・`)
腰を据えて1600万クラス、その先へ挑戦する権利を得たって気持ちですな(ラストアイドル的な)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ