ウォリアーズクロスの記事 (1/9)

剥離した骨片をポポポポーン

2017/06/14 <最新情報>
 13日(火)に右前の橈側手根骨と中間手根骨の骨片摘出手術を行い、無事終了しています。


ん?
橈側手根骨と中間手根骨??

2017/06/07 <所有馬情報>
在厩場所:7日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定

国枝栄調教師「3日の調教後、右前の膝に腫れと熱感が出て、歩様にも出たのでレントゲン検査を行ったところ、右第三手根骨の骨折が見つかりました。前回と同じ骨ですが、剥離したのは前回とは違う場所で、今回も全治6か月の診断がおりました。左トモの弱さ故に、どうしても右前の負担が大きくなるのだと思います。7日に一旦天栄へ放牧に出しますが、近々北海道に移動し社台クリニックで手術を行う予定です」


はて・・・書いてることとちょいとちゃうゾ?
こら調べてみなアカンわ

ってなことでggr先生にお聞きしました(カチャカチャ
だっつひざ

黄枠・・・前回の骨折箇所
赤枠水色枠・・・今回の骨折箇所

ふむふむ・・・ほぼ同じ箇所だったんですねー
馬のレントゲン検査って大変らしく、人間のようにじっとしていないし手動で骨折しているであろう箇所に人力で板を支えて撮影するようです
骨折の重さもボルトを埋めたりとかではなく骨片摘出手術で済んでよかったなと

出走できれば勝ち負けだったと思っていたので残念ですが、大事に至らなくて本当に良かった
原因と言うか、骨折の遠因とも言える左トモの弱さを改善できなければ根本的な解決にはならないですね
ただこればっかりはなぁ
加齢によって良くなってくるものなのか?
そうだったら良いのですが自分の一口ライフではこの4歳世代が最も年上の世代なので分かりかねるンゴよねェ・・・
しっかりはしてくるのは間違いないと思われます(化骨とか)
その分筋肉が硬くなってきてしまうというのもあるのですがそれはまた別のお話

まずは無事に手術が成功したことを喜びたいと思います!!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

9か月ぶりの復帰レースで1番人気に応えて勝利!!

ウォリアーズクロス丸1年振りの勝利\(^o^)/

ワイ将、1年4か月27日振りの口取り達成したもよう(´;ω;`)ナガカッタ・・・

20170417124538f55.jpeg

2017/04/17 <レース結果>
 4/16(日)中山6R 4歳上500万下〔D1,200m・15頭〕優勝[1人気]

シャドーロール着用。まずまずのスタートからスッと行き脚を付け、道中は好位の3番手を追走、直線に向いて追い出され、残り200m付近で先頭に立つと、そのまま後続の追撃を凌ぎ切り、約9ヶ月ぶりのレースを勝利で飾っています。

C.ルメール騎手「砂を被らないようにして欲しいということでしたのでスタートから押して行ったら、いいポジションを取ることができました。ペースが速かったですが4コーナーで上手く息を入れることができましたので、最後の直線で追ってからもいい脚を使ってくれました。大きな馬で休み明けだったのにこれだけ走れたのですから、次走はもっと良くなると思います」

国枝栄調教師「1,200mは少し忙しいかなと思っていましたが、スタートからいいスピードを見せてくれましたし、十分に対応してくれましたね。どうしても左トモの弱さがネックになっていて、競馬前日に確認した時も出がけの歩様が硬かったのですが、それは今後も上手く付き合っていくしかないと思います。今回は久々の競馬で頑張ってくれたので、一旦放牧に出してリフレッシュさせる方がいいでしょう。放牧先での状態を見ながら次走を検討したいと思います」


各競馬新聞のコメントより+体重ででてくることは予想していました
なんとか540㎏台でと前の記事で書いていましたが、なんとか546㎏(+18㎏)でセーフ
実際心の中では「530㎏台でしょ、さすがに」なんて思ってたンゴよねぇ・・・

これは成長分・・・成長分なんや・・・ブツブツとうわ言のように呟きながらパドックで登場を待つ口取りが当たっているまつり、ししゃも、輝ニキ、ぬっきー


デカい!!
けど思ってたよりも太め感はない(デビュー戦とかに比べれば)
肩の出は若干固かったけれど、後脚の返しは凄く良かったですね
毛ヅヤも良く、暑さなりの発汗は見られましたが不安要素は特にありませんでした

レースも心配されていたスタートも五分で出て、二の足がつき砂の被らない前目の位置で進められました
最終コーナー前で一旦置いて行かれかけましたが、そこは名手ルメール
脚を溜めてたんだよと言った具合で直線を向くと再加速して、最後は強襲を受けながらもやり過ごして勝利
ダッツマン自身丸1年ぶりの勝利を挙げました!!888888

口取りの権利はちょくちょく当たっていましたが、簡単に勝てないのが一口馬主
巡り巡って今回久しぶりに口取り撮影をさせていただきました!!・゚・(つД`)・゚・
同い年のししゃもさんと一緒に口取りもできましたし、最高の週末となりました!

ウォリアーズクロスな皆様、おめでとうございます!!
国枝栄厩舎の皆様、ノーザンF関係者の皆様、シルクHCの皆様、そして見事な騎乗で勝利に導いてくれたC・ルメール騎手
本当にありがとうございました!!

一旦、放牧のためリフレッシュとのことで今週末にある天栄ツアーで会える算段に
お疲れ様とありがとうの気持ちを込めて鼻筋を撫でさせていただけたらなと思っておりますw

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

はじめてのるめ~るさん

ウォリアーズクロス
だっつ

2017/04/06 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで5日に時計
次走予定:4月16日の中山・D1,200m〔C.ルメール〕

国枝栄調教師「5日に坂路コースで時計を出し、併走馬に先行し同入しています。終始馬なりでしたが、時計は出ていますし、いい動きでした。来週の競馬に向けて態勢が整いつつあります。右前・左トモの状態も許容範囲です。鞍上はルメール騎手に依頼しました


キタ━(゚∀゚)━!ルメ━(゚∀゚)━ル!

ここで一口馬主を初めてのルメールさん騎乗ですってよ、奥さん!?
3月8日に帰厩後約1ヶ月間乗り込んできたました!

馬なりのみで!!

それも想定済みです。
というか、先月の時点でそう調整する方がウォリアーズクロスに合うとコメント(3月23日分)されておりましたので納得しております(ニッコリ
それも脚に疲れが溜まりやすいから故の調教方法でしたが、国枝厩舎で活用している乳酸値の数値は田場と比べても悪くないそうです(3月30日分)

<調教タイム>
 助 手 3.12南坂良 55.4- 40.2- 27.2- 13.8 馬なり余力
 助 手 3.15南坂重 53.6- 38.1- 24.9- 12.3 馬なり余力
  オルファリオン(三未勝)馬なりを0.2秒追走同入
 助 手 3.19南坂良 55.6- 40.6- 26.3- 12.6 馬なり余力
  ダイワチャーチル(古500万)馬なりに0.3秒先行0.1秒先着
 助 手 3.23南坂良 56.6- 41.5- 27.1- 13.3 馬なり余力
 助 手 3.26南坂良 58.3- 43.7- 29.4- 14.9 馬なり余力
 助 手 3.29南坂良 52.4- 39.1- 25.8- 12.7 馬なり余力
  サトノセレリティ(障オープン)馬なりを0.5秒追走同入
 助 手 4. 5南坂良 52.2- 37.7- 24.4- 12.2 馬なり余力
  バーディーイーグル(古オープン)馬なりに0.4秒先行同入
 助 手 4. 9南坂重 59.4- 43.9- 28.9- 14.1 馬なり余力


ここまで8本の坂路追い(シルクで分かる範囲では)
その内の半分は併せ馬でレースが近付くにつれて相手のクラスも上がっています
時計を見る限り動きも良さそうですし、約9ヶ月ぶりのレースとなりますが期待が持てそう(゚∀゚)
とは言え、骨折明けですのでまずは無事にレースまで進めてゴールできますように

るめーーる

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

8日(水)に美浦トレセンへ帰厩しています。

ウォリアーズクロス
 8日(水)に美浦トレセンへ帰厩しています。


かええてきた

(´;ω;`)


・゚・(つД`)・゚・



お か え り (´∀`*)


2017/03/08 <所有馬情報>
在厩場所:8日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:3回中山開催

国枝栄調教師「8日に無事に帰厩しています。脚元のことがある馬ですから、今はまだ具体的な予定は決めず、こちらで徐々に進めていき調教の動きを見ながら目標をどうするか考えていきたいと思います」


国枝先生...お願いします!!( ゚д゚)
ここまでじっくりと進めてきました
一時は降級前の復帰は厳Cかなーと思ってましたが、なんとかなりそうな気もするᕙ(*´ω`*)ᕗ

いやー、嬉しいなぁ(*^◯^*)
無事に。
まずは無事に1本目の調教が終えれますように。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

骨折してからのコメントを振り返る@ウォリアーズクロス

だっつまんだで
昨年の7月のこと
レース後に骨折の判明したウォリアーズクロス
診断は全治6か月以上・・・
8月1日に手術が無事終了し、NF空港にて療養に入りました。
そして昨年末ついに本州(NF天栄)に移動!!
3月中の復帰を目指して鍛えているところです(やったぜ)

そこで今回は手術直後からNF天栄移動までの近況コメントをまとめて読みたいなとと思いこのような記事を作成しました。
当時は1週間毎では進捗具合が分かり辛かった気もしましたのでまとめて読むと何かの発見があるのではなかろうかと。


2016/08/02 <最新情報>
ウォリアーズクロス
 昨日1(月)に社台クリニックで骨片摘出手術を行い、無事終了しています。

2016/08/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「月曜日に社台クリニックで骨片摘出手術を行い、その後は舎飼で経過観察しています。今後の回復具合によりますが、運動再開まで2ヶ月ぐらい掛かると思いますので、ゆっくりさせて療養に専念します」

2016/08/12 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「引き続き様子を見ていますが、術後の経過は良好のようです。患部が完全に固まるまでは無理はできないので、もうしばらくは舎飼で経過観察をします」馬体重530㎏

2016/08/19 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「術後の経過は良好です。もうしばらくは舎飼となるので、脚元のケアと体調管理に気を付けていきます。500万クラスでも目途が立っているので、来年のクラス編成前には復帰して勝ち上がれるようにするのが当面の目標ですね」

2016/08/26 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:曳き運動
次走予定:未定

担当者「術後も特に問題が出ていないので、先週末から曳き運動を開始しました。久しぶりなので馬は元気一杯です。あまり飛び跳ねて患部に影響が出ないよう、気を付けなければいけないですね」馬体重534㎏

2016/09/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「患部に変化はなく、経過も良好なので今週からウォーキングマシン調整を開始しました。元気があって飼い葉食いも良いですし、手術箇所以外には特に心配なところはありません。運動後のケアをしっかりと行いながら、しばらくはウォーキングマシン調整を継続していきたいと思います」

2016/09/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

国枝栄調教師「先日見てきました。術後の経過は順調のようで、ウォーキングマシンでの運動を始めていました。全治6か月の診断でしたから、順調に行けば来春ぐらいの復帰になるでしょう。500万クラスでも目途が立っている馬ですから、まずはしっかり立て直してもらいましょう」馬体重540㎏

2016/09/16 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を続けています。先日、国枝先生が来場され確認していかれました。『500万クラスではすぐに勝ち負けできる馬なので、慌てることはありません。状態に合わせて進めてください』と仰っていました」

2016/09/23 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「ウォーキングマシンでの運動を続けています。手術箇所は特に変わりないですが、もう少し軽い運動で様子を見ていきます。飼い馬は良く食べていますし、元気もあり体調は問題ありません」馬体重548㎏

2016/09/30 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「手術後も特に変わりなく、経過は順調です。馬はまだ成長しそうなので、500万クラスといわず、上のクラスでもやれるのではないでしょうか。今後も体調管理に気を付けていきます」

2016/10/07 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルで常歩の運動を10分
次走予定:未定

担当者「先週、右前膝のレントゲン検査を行ったところ、術後の経過は順調のようなので、トレッドミルで常歩の運動を始めました。骨折自体は骨片を取ってしまえば痛みは出ないので大丈夫なのですが、骨膜が出てくる場合があるので、そこだけ注意して慎重に進めていきます」馬体重558㎏

2016/10/14 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分
次走予定:未定

担当者「引き続き患部の状態に変化はないので、トレッドミルでの運動の負荷を少しずつ強めているところです。今後も脚元の状態を確認しながら、慌てることなく一段階ずつ徐々に上げていく予定です」

2016/10/21 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分
次走予定:未定

担当者「引き続きトレッドミルの運動を行っていますが、患部の状態は安定しています。このまま変わりなければ、徐々に負荷を強めていく予定です。飼い葉を良く食べますし、体調面は問題ありません」馬体重558㎏

2016/10/28 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分、ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「引き続きトレッドミルで軽めの調整です。馬は元気一杯ですし、体調面は良好です。患部の方も特に問題ないので、今後も軽めの運動を行い体調維持に気を付けていきます」

2016/11/04 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンターを1,500m
次走予定:未定

担当者「その後も経過は順調に来ているので、今週から周回コースで軽い乗り運動を開始しました。久々なので、まだゆっくりのペースですが、上がりの歩様は問題なく、患部も落ち着いています。引き続き様子を見ながら少しずつ負荷を強めていきたいと思います」馬体重558㎏

2016/11/11 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンターを2,500m
次走予定:未定

担当者「先週からペースは同じですが距離を延ばし、周回コースをハロン24~25秒のペースで2,500m乗り込んでいます。ここまで患部に熱感も出ず、変わらず落ち着いていますので、今後も徐々に負荷を強めていく予定です。休養期間が長かったので、焦らず進めていきます」

2016/11/18 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「先週に続き、周回コースをハロン24~25秒のペースで2,500m乗っています。楽をさせてさすがに馬体は緩んでしまったので、この時期はじっくりと長めに運動を行い、体力を戻しているところです」馬体重552㎏

2016/11/25 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンターを2,500m
次走予定:未定

担当者「調教内容は先週と同じメニューで体力の回復を図っているところです。徐々に息遣いは良くなり、後半の手応えも少しずつ良くなっているので、順調に良化中と言えるでしょう」

2016/12/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターを2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「今週から坂路コースにも入れ始めました。まだ軽いキャンターで様子を見る程度ですが、久々とは思えないぐらい元気に駆け上がっていました。ここまで本当に順調に来ていると言っていいでしょう」馬体重564㎏

2016/12/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「その後も変わりなく、周回コースと坂路コースを併用して進めています。ペースを少しずつ上げていますが、ここまで脚元の状態に変化はありません。今後も十分に気を付けながら、進めていきたいと思います。」馬体重564㎏

2016/12/16 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「先週に続き、周回コースと坂路コースを併用して乗り込んでいます。あまり急いでもしょうがないので、ペースは先週と変わりませんが、動きの方は徐々に良化しています。今後も体力を戻すことを優先に徐々に進めていきます」馬体重564㎏

2016/12/23 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。脚元に問題はありませんが、ここまで休みなく乗り込んできた疲れが所々に見られますので、ショックウェーブでケアしながら進めています。坂路での動きには活気があって前向きに走れていますから、この調子でしっかりと乗り込んでいきたいですね」

2016/12/26 <最新情報>
ウォリアーズクロス
 25日(日)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しています。




治療期間(北海道滞在)8月1日~12月24日(146日)・・・約5か月
よく頑張ったよ・゚・(つД`)・゚・
懸念されていた骨膜が出てくることもなく、順調に回復へ向かっていったことが分かりますね。
舎飼⇒曳き運動⇒ウォーキングマシン⇒トレッドミル⇒周回コースとスムーズに進み、
12月に入ってからは坂路にも入っていますし、そこからも負荷を強めることができました。

この期間の最高馬体重は564㎏までいきましたが、出走時でも530㎏前後のうまですのでそこまで太くならなかったのかなと。
成長分とは言いませんが、復帰戦では一回り大きめになって出てくるのではなかろうか?(オブラート)

2017/01/06 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回坂路コースで15-14
次走予定:未定

担当者「こちらに到着後も順調で、今週から坂路コースにも行き出しました。こちらでも右前の膝の状態を入念にチェックしていますが、やや熱感があるかなというぐらいで、痛みはなく跛行もしていません。ただ歩様に少し硬さがあるので、念のためケアをしつつ進めていきます」馬体重555㎏

2017/01/13 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回坂路コースで14-14
次走予定:未定

天栄担当者「膝の状態に変化はないものの、注意しながら進めています。馬体は緩んでしまっているので、もう少し乗り込みが必要ですが、3月の中山開催ぐらいを目標に調整していきます」馬体重565㎏

なんて思ってたらNF天栄にて最高体重更新してるゥー!!(゚д゚)
564㎏⇒555㎏は移動で減ったんやね(納得)
そこから1週間で飼葉をしっかり食って馬体を戻してきました(白目)
おかしいな・・・調教強度は高まっているはずなのに・・・((((;゚Д゚)))))))

NF天栄1回目のコメントでヒェッとするワード(熱感・痛み・跛行・硬さ)が何点か見受けられましたが、翌週では特に触れられていないので大丈夫かなと。

そう、思い込むことに決めました(まて

骨折からの復帰ですので無理に3月中山に合わせる必要はありません。
もう少し暖かくなってからの方が絞りやすいでしょうしねー。
とは言っても、競馬場で早く再会したいのも事実w

待つことには慣れてしまったんだ・・・。
ごんさん

しかし、待ってれば奇跡的な復活もあるもんだで!!(感涙)
ふっかつやでー

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ