2014年09月の記事 (1/4)

第1次募集申込状況 変化あり ~シルク2014~


本日30日の18時より、第2回検討会があります。
今回はツアーを終えての感想だそうで、実際に見てきた方の生の意見を楽しみにしてます。

そこで詳しく発表される可能性もありますが、
見学ツアーも終了し、応募締め切りまであと2日。
ここにきて続々と申込状況に変化が出てきています。

500口の募集馬だけですが、

450口以上

ブラックエンブレムの13 牡 5000万 東
パーシステントリーの13 牝 5000万 西
シルクプリマドンナの13 牡 4500万 西
ディアジーナの13    牡 4500万 西

400口以上

ラフィエスタの13    牡 3000万 西
ユキチャンの13     牝 2000万 西
ペンカナプリンセスの13 牝 1800万 西

350口以上

シーザバッドガールの13 牡 2000万 西

300口以上

クラウンピースの13   牝 2000万 西

250口以上

プリティカリーナの13  牝 2500万 東
アコースティクスの13  牝 4000万 西
スペリオルパールの13  牝 2500万 西
ベルベットローブの13  牡 4500万 西
アーデルハイトの13   牝 1800万 西
ジュメイラジョアンの13 牡 2500万 西
ディフィカルトの13   牡 4000万 西

うーむ、こうしてみると、
最上位人気は、良血の高額馬が占めていますね。

そこから下がっていくと、
今年の募集価格帯では真ん中あたり。(年々高くなっていってる・・・

アコースティクス、ベルベットローブ、ディフィカルトなどもここにきてあがってきましたねー。 

今日、明日も更新はあるのでしょうか?
あるとすれば今名前のない馬も続々とあがってきそう。

厩舎的には偏ってますねー(笑)
西14 
東 2

自分もですが、やはり関西を選んでしまいます。
余程馬が好みなら関東でも・・・。という感じ。
それにしても極端に差が出ています。
当分この傾向は変わらないでしょうねー。
まぁ、厩舎をこちらから選べるってのも一口馬主のメリットですからね。


アーデルハイトの13にはちょっとびっくり。
厩舎は新規開業の池添学厩舎。
池添謙一騎手の弟さんで勝負騎手は、お兄さんに依頼するでしょう。
トップジョッキーと強い縁があるのは頼もしいですね。
血統も祖母にビワハイジがいるのも魅力。
母も6歳出産の2番仔。
こう見ると良いですが、牝馬かーってところで見送りですかね。
以前はクロフネといえば牝馬でしたが以前より勢いは感じません。
というか、ただ単にこの配合なら牡馬が欲しいってだけです(笑)


あと面白そうなのが、既に人気のあるシーザバッドガールの13。
母の父を見ていくと、ジャイアンツコーズウェイ→シーキングザゴールド→ダンジグ。
そこにゴールドアリュールですよ!
いやー、これは魅力的ですね。
ダートですかねー、ダートでしょうねー。
そうなると厩舎にミスマッチ感が。
まぁ、一流厩舎ですから心配も無用ですかね?
でも手が出しやすいお値段ですし、人気が出るのも頷けます。



ここに上がっている馬は、1次募集で満口濃厚かなー。
そうなると申込している馬全頭が抽選対象に・・・。

うーん、何頭か追加で申し込もうかしら。
実績もないですし。
もしかしたら追加分で実績が届くかも・・・かも・・・。
まぁ、実質1年目なので無理かなー。


泣いても笑ってもあと2日。

悔いのない馬選びをしたいですね!
スポンサーサイト

ディフィカルトの13(シルク2014)


やはり、皆様のレポート等を見るとあれも良いな、これも良いなとなりますね(笑)

様子見できる馬、厳しい馬いますが、
今後の糧にするためチェックした馬は、今後も追い続けたいと思います。

本日は、様子見できるか否かのギリギリのラインかなと思われる「ディフィカルトの13」
値段の割りに活躍場面が限定的なのが焦点となっています。


馬名
ディフィカルトの13 牡(2月14日生まれ) 
 

ワイルドラッシュ

募集価格  
40,000,000円

一口価格  
80,000円


諸経費   
162,680円(内訳:馬代80,000円+維持費75,000円+保険料7,680円)牡:6歳末 牝:4歳末


目標金額 
170,000円(GⅠ2勝 GⅡ3勝 GⅢ6勝)
(1/500口当たりGⅠ=80,000円 GⅡ=50,000円 GⅢ=30,000円で計算)


馬場適性 
芝もこなせそうな馬体だが、血統をみるとダート。
うーん、一度試して駄目ならダートでも遅くはないと思いますね。


距離適正 
中距離から長いほうに適正がありそう。
交流重賞などをみるに中距離以上のレースも多く、その意味ではいい感じです。

馬体 
体高 159.0cm

胸囲 176.0cm

管囲 21.0cm 

馬体重 481kg
 

厩舎 
村山 明厩舎。
関西で今年はすでにG1を2勝。
半兄テスタマッサにはじまり、ダートには強い厩舎です。
マッチングはかなり良いほうだと思われます。
シルクとの関わりはそれほど強くなさそうですが、半兄との繋がりに期待。

目標 
半兄を超える活躍とまではいかなくても、ダート路線を荒らしまくって頂きたい。


雑感 
馬体が素晴らしいですねー。
今回の募集場の中で一番好きです。 
半兄テスタマッサの実績と父ワイルドラッシュ替わりを見るに、どうしてもダートでの活躍を期待してしまいます。
しかし、母馬の年齢がネックか・・・。
半兄は2006年生まれで、ディフィカルトが7歳の時の3番仔。
ただ、牡馬の場合はヒステリックに高齢を意識する必要もないかもしれません。
馬体も測尺を見る限りでは、問題なく出ていますしバランスも取れています。
厩舎とのマッチングを素晴らしく、全部が揃っている感じ。

値段を除けば・・・。

うーん。高いですね。
価格分を補って余りある活躍を期待できる馬ではありますが。
ダート馬だけに数もこなせそうですし、息の長い競走馬生活を送りそう。

もう一つ気になるのが、馬体が綺麗過ぎるんですよねー。
芝馬ならこれ以上ない美点となりますが、ダート馬としたら力強さがもう少し欲しい。
とりあえず、芝で一度試して欲しい。


いいですねー、様子見したいです。
というか、出資したい。
でも、資金がない・・・。

あぁ、悲しや、悲しや・・・。

シルク 2014 出資申込(済)と候補


(9月29日更新)

シルクHCツアー参加の皆様が続々とレポートをあげてくださっており、
参加できない自分にとってはまことにありがたいです。

また写真だけではなく、
募集馬の担当者コメントもあり、勝手なことですが参考にさせていただきます。

来年こそは是非とも参加したいなーと思ったり。
昨年度のツアーの様子を見ると何度かありそうですが、やはりこの時期のツアーが最もワクワクしそうです。

申込期限までに残すイベントは、検討会のみかな?

今回のツアーの内容を含めたものの予定であり、有益な情報を期待します。
まぁ、その時までには1次募集については固まっているとは思うのですが、
その後の募集についての参考になるといいですね。
今回も、Ustにアーカイブが残るようなのでのんびりと1次の結果が出るまでのつなぎとして活用したいところ。


さて、本日は今年の出資について

9月27日現在の申込済み状況は以下のとおり、

お客様の出資申込中の馬

ブラックエンブレムの13 1口 (450口以上)
パーシステントリーの13 1口 (450口以上)
ユキチャンの13 1口     (400口以上)
ジュメイラジョアンの13 1口 (250口以上)

(9月29日時点の申込状況)

この内、3頭が抽選必至。
100口を争う運試し。
どれが当選しても嬉しいが、
仮に全部当たっちゃうと来年の出資は0頭の予定です。
うーむ、ほどほどにハズれてほしいなぁ(笑)

優先順位は、ユキチャン≒ブラエン>>>パーシスですかね。
ユキチャンは勿論ですが、ブラエンも欲しいですねー。


ブラエンは、クラシックは無縁そうですがマイル周辺を荒らして下さい。
番組選択もあまり苦労しそうになく、順調な競走馬ライフを過ごしてくれそうです。
馬体のバランスも良く、足元も今のところ問題なさそう。
あまりダメジャー産駒っぽくはない馬体ですが、シルエットは素晴らしいです。
一流の父・母による傑作になりますように。
目指すは父の代表産駒、そして後継種牡馬・・・!


パーシスは、ずばりクラシックを期待したいところですが、
こればかりは分かりません。
馬体が大きくなれば凄いことになるとはどこかで聞きましたが、
でかくなりすぎるとダート馬により近づきそうなんですよねー。
ただ、今以上に大きくなってほしいのは完全に同意です。
はっきり言って今のままの馬体ではもの足りません。


ユキチャンは、ただただ無事に競走馬生活を過ごし、
白毛の血脈を次代へ繋げてくれれば。
この馬に関しては、母馬優先制度がほしいですね(笑)


まだ応募してない候補馬は、

ルシルク 一口
モエレオープンヒメ 一口
ディフィカルト 一口  (250口以上)
ダイワオンディーヌ 一口

を考えています。

優先度は、記述順です。

うーん、ルシルクは様子見できればよいのですが・・・。
ちょっと体質面が心配。(主に内臓系が)
まぁ、測尺を見る限り問題はなさそうなんですがね。
動きも良いですし、1次で申込するかも。
シルクHPで更新される申し込み状況次第で判断します。
ジュメイラジョアンとルシルクが同じく記載されたら申し込みですかねー。
(9月29日 250口以上でジュメイラジョアンが記載されました。)


モエレオープンヒメは、ジュメイラジョアンが獲れなかったら。
ディフィカルトは、全部外れたら。(9月29日 250口以上で記載)
ダイワオンディーヌも様子見したいところですが。



まぁ、なにはともあれ一次申込が当たりますように!

ディアジーナの13(シルク2014)


先日から始まりました、シルクHCの見学ツアー。
天気も良かったようで何よりですね。
自分は参加できなかった分、他のブロガーさんのレポートを楽しみにしています。

出資申込みしている馬や出資検討している馬の最近の画像が見れるといいなぁ。





馬名
デシアジーナの13 牡(2月28日生まれ)  
 

ステイゴールド

募集価格  
45,000,000円

一口価格  
90,000円


諸経費   
173,640円(内訳:馬代90,000円+維持費75,000円+保険料8,640円)牡:6歳末 牝:4歳末


目標金額 
180,000円(GⅠ2勝 GⅡ4勝 GⅢ7勝)
(1/500口当たりGⅠ=80,000円 GⅡ=50,000円 GⅢ=30,000円で計算)


馬場適性 
芝でしょうね。


距離適正 
中距離から長いところまで。
逆に短いところは対応できなさそう。


馬体 
体高 155.0cm

胸囲 179.5cm

管囲 20.1cm 

馬体重 438kg
 

厩舎 
須貝 尚介厩舎。
文句なし!というか、この配合でこの厩舎は一番のマッチングではないでしょうか?
現在、凱旋門賞挑戦中の同配合ゴールドシップはもとより、ジャスタウェイ、
シルクのローブティサージュなど色々なタイプで結果を出しています。
ディアジーナの13も芦毛のためかゴールドシップのような活躍を期待してしまいますね。
ただ、その活躍ゆえに預かる素質馬が年々増えてきており厩舎内競争も激しそうです。

目標 
牡馬クラシックを目指したいところですが、菊花賞あたりに間に合えば良いかな?
早い時期よりも古馬になってからのほうが楽しみです。


雑感 
来ましたね。
黄金配合などと言われている、ステイゴールド×メジロマックイーン。
その中でも、母馬自身が重賞勝ちの実績があり注目を集めています。
今年生まれた仔も同じ配合らしいですので、これからも続けていくのか?
ただ、活躍馬は総じてノーザンダンサー系クロスを持っているのが懸念されている要因ですかね。
うーん。
たしかにそのような傾向があるのは確かなのですが、サンプルの絶対数が少ないのでなんとも・・・。
結果出している内2頭が兄弟ですしねぇ。
馬体もステゴ産駒の割りに小さく出ていないし、体高を見る限り今後の成長もありそう。
アウトブリードなのも健康面で見ると大きなプラス。
ちょっと後ろの作りが物足りないのが気になるところですね。
切れ味勝負は厳しくジワジワ行くタイプ、それこそゴールドシップのような競馬になるのか?

配合・厩舎文句のつけようがなく、今年の募集馬で1番人気でしょう。
実際、途中経過でもそのようになっています。

この配合、この厩舎の割りにお安くなっております。
何か裏があるのか、シルクからのプレゼントなのか(笑)



ここはプレゼントにBETしたいですね!

シルクプリマドンナの13(シルク2014)


9月25日は、東京マラソンの当落発表がありました。

結果は、昼頃に分かりました。

噂では当選者には17時頃から順次メールが届くようです。

あっ・・・。

見事に落選でした。
ある意味ホッとしてもいますが(笑)

ここで落ちて、シルクの当選が当選といってほしいものです。


本日、人気があり1次で満口でなるであろう「シルクプリマドンナの13」を。




馬名
シルクプリマドンナの13 牡(3月4日生まれ)  
 

ダイワメジャー

募集価格  
45,000,000円

一口価格  
90,000円


諸経費   
173,640円(内訳:馬代90,000円+維持費75,000円+保険料8,640円)牡:6歳末 牝:4歳末


目標金額 
180,000円(GⅠ2勝 GⅡ4勝 GⅢ6勝)
(1/500口当たりGⅠ=80,000円 GⅡ=50,000円 GⅢ=30,000円で計算)


馬場適性 
芝でしょうねー。
馬体も小さめですし、ダートだと厳しいかと。


距離適正 
中距離前後が丁度良さそうに見えます。


馬体 
体高 150.5cm

胸囲 179.0cm

管囲 20.0cm 

馬体重 434kg
 

厩舎 
矢作 芳人厩舎
現在のリーディングトップ争いをしているの関西のトップ厩舎です。
とにかく出走回数が多いことが有名なので、使ってくれなくて気を揉むことはないでしょう。
ただ多いだけかという訳でもなく、勝率も低いわけではありません。
馬に適した番組選択をしてくれる頼もしさもあります。
ですので、私が是非預けてみたい厩舎の一つです。
しかし、そこには条件があり、牡馬かついかにも丈夫そうな馬であること。
今回のシルクプリマドンナの13ではこの部分で見送りにしました。


目標 
早いうちから活躍を期待。
うーん、この馬体だと開ける東京が合うのかなー。
逆に中山とかは不利になりそうですね・・・。
全兄が果たせなかった、NHKマイル制覇を!


雑感
小さいなぁ。
牡馬だしなー。
体高、誕生日を見る限りこれより大きくなる可能性に疑問符。
ですが、馬体のシルエットは素晴らしいです。
全兄も走っており、半兄もこの間新馬勝ちを果たしました。
クラブ縁の母馬ですし、1次満口は確実でしょう。
母の現役時代の活躍から見るに、まだ上を目指せる馬は出そうではある。
でも、高齢なんですよねー。
足元に不安はなさそうですがあまり数を使っていくタイプに見えず、
厩舎とはミスマッチに思えるところも・・・。
まぁ、なにがなんでも使っていくということもないでしょう。


今回は見送りますが、見送ったことを後悔させてくれる活躍をして欲しいですね。