FC2ブログ

2014年10月12日の記事 (1/1)

去年のカタログから学ぶ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ



ネオルミエール惜しかったですねー。

ブライトエンブレムに続く2歳重賞制覇を期待していたのですが、
1着入選馬が今回の馬場に合った競馬をしたので仕方ないかなと。

このような感じで2歳デビュー戦に続き、
2歳重賞も続々と開催されてきます。


今年、シルクHCに入会を果たしたわけなのですが、
それ以外のクラブにもカタログを請求していました。


東京TC、キャロットC、友駿HCなどなど。


この中でシルクHC・キャロット・友駿のカタログには2013年版もあり、
そこで募集されている馬が今年のデビュー馬なわけで。

たった1年分の資料ですが、
それ以外の情報が無い私にとっては得がたいものです。
(今だとネットで見れると言えば見れますが)

と、言っても馬の見方など分かりません(笑)

だからこそ、活躍しているの馬の1歳時の馬体を見返すことは重要かなと思います。
募集時の動画も時間があれば観ています。

これからデビューをする馬も多く、
来年度の募集までに少しでも相馬眼(笑)を鍛えたいと思います。

たまーに名馬の募集時の動画や写真も観ていますが、
やはり流石の馬体だ、と思う馬もいれば、
うーん、分からないなーと思う馬もいます。

結局は走ってみなければ分かりません。
気性面がその後の競争生活に影響を多分に与えるのは周知の事実。
内面やツメのことまではカタログや動画だけでは判断できません。

募集時コメントから推測はできないこともありませんが、
とてもではないが確実性は無いに等しく・・・。
(セールストークは、ポジティブな解釈で成り立っております。)


少ない予算の中では、自分の目、知識を鍛えることが重要だと思います。
シルクHCでは年を追うごとに様子見が厳しくなることが予測されますので、
第1次募集時でも見極めが今後の一口馬主ライフの生命線となります。


もう少し資金が捻り出せれば色々挑戦できるんですがねー。


無い袖は振れません。
だからと言って、白旗を振ることはしたくない。


今できることをやるだけやって、
来年に備えていきたいですね!

スポンサーサイト