FC2ブログ

2014年10月15日の記事 (1/1)

シルク 2015 種牡馬から見る検討馬

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


さて、本日AM10:00より、シルクホースクラブ2014の通常募集が始まります。



昨日までさんざん検討だ候補だなんだ書いています。
書いてはおりますが、
追加で出資することはないでしょう。


出資したい募集馬がいないんだもの。


第1次募集で応募しなかったということは、
そういうことだったのかなと、今になって思っています。

応募した抽選対象馬にハズれて残念でしたが、
他の満口馬、残口少数馬を見てもあまりそういう風に感じることはなく・・・。

自分的に予算をオーバーしたとしてでも欲しかった馬が、
真実、自分の求めていた馬だったのだなと実感している次第であります。



正直、キャンセル発生に期待してしまっている。

たとえそれが、
シルクさんサイドにとって嬉しくない状況だとしてもだ!





ゴホン。



来年の募集まで随分時間はありますが、
募集馬に対して考える熱の冷めない内にダラダラとメモしていきたいと思います。



今年のシルク見学ツアーで来年募集予定の当歳の展示があったそうで。
どの馬の血統も素晴らしく、値段も高いんだろうなー。

しかし、1/500の価格で持てる可能性があるのがシルクHC。
ひとりでは厳しくても、500人で支えれば・・・!

まぁ、人気馬はその何分の1の人数で支えてそうですが(笑)



来年以降の筆頭注目種牡馬は、何といってもハーツクライでしょうねー。
ジャスタウェイに始まり、ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルトの東京(芝)2400m連勝。
母父トニービンの血でしょうか。
東京競馬場と言えば、トニービン!
そう思って、何度ぶっこんできたか・・・。

クラシック、特に日本ダービーを目指す上での期待度はディープインパクトよりも高いと思います。
それに伴い年々種付け料、繁殖牝馬の質が上がりお値段も高くなる模様。

まぁ、それも必要経費でしょうかね。
来年以降高くなるから、今世代では希少だからといって急いで出資することもないかな?
言うても、まだまだディープ比べると種付料はお安いですしねー。



同じことが言えるのは、ハービンジャー。

今年から初年度産駒がデビューし、順調に勝ち上がり馬を出してます。
また、当初懸念された洋芝以外の適応も存外ありそう。

まだまだ様子を見るべきでしょうが、
今年の結果からこれまで以上にサンデー肌の繁殖は付けるんじゃないですかね。

母父SSでの勝ち馬が目立っていますが、心配なのはもれなく母高齢なことでしょうか?

SSが亡くなって、早12年・・・。
そりゃ、母馬が高齢にもなるってもんですね。

ですので、値段どうこう言うよりも物理的に早い内に対象馬に出資したいところです。

代替母父としてフジキセキに期待もしています。



また、再来年の募集馬に加わると思われる、ロードカナロア産駒。

現役時代の活躍、非サンデー血統を見るに成功する気がします。
私のゲーム内(ウイポ8)でも大活躍してます(笑)

SS系が溢れている現代競馬において、この血統は魅力的。
ロードカナロアでワンクッション挟むことによって、
SS系のクロスを生かせる母父としても期待できそうですね。

何よりも現役時代応援していたので、
是非とも産駒に出資してみたいというのが本音です。

仮に安田厩舎での募集だったら迷わず出資ですかね(笑)
ロードTOだとそれもできそうですけどねー。




逆に出資に前向きになれないのは、ディープインパクト。
特に牡馬です。
だって高いんですもの(笑)
上のほうにも書きましたが、ダービー制覇を夢見るならハーツクライ産駒で。
そもそもシルクHCにそこまでの募集馬が回ってくるのか疑問符が・・・。

牝馬には期待できますが、それでも高いことは高い。

しかし、高い馬のほうが好成績を残しているいるんですよねー、ディープは。
親父さんは、高かろうが安かろうが自分の血で勝たせるイメージがありました。

そういう意味では、SSの後継種牡馬としては物足りないかなー。
というか、不世出の大種牡馬ですよね、サンデーサイレンスとノーザンテーストは。

シルク2015では、先日京都大賞典制したラストインパクトの全妹が募集予定。
私の大好きなナリタブライアンが血統に見えます・・・。
ディープについてあれやこれや言ってますが、
なんだかんだで間違いなくポチることでしょう(笑)

いやー、そう考えると去年のハーツクライ産駒の牡馬は羨ましいですね!


ブラックエンブレム×ディープの牝馬もいいですね。
これも出資の申し込みをするでしょう。

・・・やっぱり魅力あるんですよねー、母系が。


両馬とも1口10万円以内でお願いしたいところ。
(スペリオルパールはそこまでいかないかな?)



ステイゴールド産駒は、基本見送りかなー。
金額に対してリターンの期待値が自分的には低い。
流石にお歳を召していますしね~。

逆に出資するチャンスが限られていると言えば限られている・・・。
うーむ、ペンカナプリンセスの14は気になってます。
4500~5000万くらいですかねー。






まぁ、その馬が気に入れば種牡馬に関係なく出資申込するんですけどね!






今までの文字の羅列はいったいなんだっただろうか・・・!?

スポンサーサイト