FC2ブログ

2014年11月29日の記事 (1/1)

シルク 2015 募集予定 シルクユニバーサルの14 血統考察

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

今回は、シルクユニバーサルの14です。

シルクHC出身の繁殖牝馬。
2012年度にディープインパクト産駒で募集されています。
今年は父をディープブリランテに替えて登場。
父の初年度産駒となります。


----------------------------------------------------------------------

・色線を引くだけの画像編集
・妄想甚だしい血統からみる将来像


さっと読み流す感じでお願いします(笑)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

因子馬は下線を引き、成立馬には枠で囲っております。
 
・・・ナスルーラ+プリンスキロ(⇒ナスキロ)
・・・ハイペリオン+サンインロー(ハイインロー)
・・・ラトロワンヌ(ナスキロラトロに)
・・・インブリードクロス6代目以降も囲う





シルクユニバーサルの14(父 ディープブリランテ) 牡 1月12日生


Hail to  Reason                5S x 4D
Mr.Prospector                  6S x 4D
Nasrullah                        6S  x 9S x 6D x 7D

Roman                          8S x 6D
Busted                           5S x 6S
Lyphard                          5S x 6S
Northern Dancer               6S x 6S x 7S
Nashua                           5D x 6D


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


・父ディープブリランテの初年度産駒
親子2代のダービー制覇。
父ディープインパクトとのクロスでは、
リファールを生かすという一つの方向性を定めた馬の1頭でもあります。
父ディープインパクトの爆発的な脚よりも、
リファールの血を色濃く出している先行粘着脚質
産駒にまでこの粘着力のある血が遺伝されるか、
祖父のディープインパクトの爆発力が隔世で表に出てくるのか注目されますね。


・母シルクユニバーサルは、ナリタブライアンと4分の3同血
戦績は7戦2勝 [2-0-1-4]
勝ちは、芝1000m(新潟)と1800m(京都)。
脚質は、1000mは後ろからで1800mは先行策。
仔のほとんどはダートで結果を出していますね。
これはレイズアネイティヴ・ロベルト・リボットのパワー三銃士が要因ですかねー。
そこに今回はロベルトと愛称の良いヌレイエフが父側から追加されパワー四天王へ(笑)


・パワー&パワフル
上にも書きましたがパワーはもの凄いものを持っていそうですね。
父の牝系にはバックパサーもいますし、
アメリカ系パワー種牡馬のロマンクロスになってます。
うーん、道悪・ダートどんとこいのパワー系の競走馬になりそうですねー。
ただ、ナスルーラが父・母に渡って複数クロスされており、
ナスルーラ特有の柔らかさや手先の軽さ、
抜群の機動力で硬そうな体質をカバーできるかもしれません。


・スピードはある・・・はず。
フランスで育まれたリヴァーマンは、
力強くスピードの乗りが速い斬れを持っているらしいです。
まぁ、このリヴァーマンロマンの血を持っているわけですが。
ブライアンズタイムリヴァーマンを持った名馬にはウォッカがいますが、
これは父タニノギムレットの牝系が斬れを持つフランス血脈で、
そこをリヴァーマンがより斬れ味を強調した形。
シルクユニバーサルの母系は、父がミスプロ系で母父はダマスカスと共にアメリカ血脈。
しなやかなスピードを伝えるミスプロクロスで持っているので、
スピードが不足して勝てないてことはないかなとも思われます。


・芝は?芝は走れるんか?
うーん、厳しいかもですね。
確かにSS系×ミスプロ系は、日本の芝への適正を持ちます。
それに加え、Sir IvorRivermanMiswakiなどナスキロ血脈を複数持って降りますのでこなせないとは言い切れないですが、
それよりも上に書いてきたようなパワー系の血が上書きしそうなのですよね。
クロスもどちらかというとアメリカ系の血を強調しているように見えるので、
スピードとパワーが必要な馬場なら芝でも勝ち負けできるという感じかな。


・距離適正・馬場は?
父はこの年度の産駒からなのでデータはなし。
なので母からしか判断するデータがないのですが、
走れて中距離までかなーと思います。
仔で勝ち負けしてるのはダートの1800m以下のみです。
最初からダートの馬もいれば、芝も試したがダートに変更という流れの馬がほとんど。
半兄であるモンドインテロ(父ディープインパクト)がどう出るのか注視していきたいところ。



シルクHC縁の血統ということもあり、人気は出そうですね。
父がディープインパクトからディープブリランテに変わったので、
募集価格は間違いなく半兄よりも下がりお求め安くなるでしょう。

ナリタブライアン好きな私にとっては、
パシフィックプリンセス系の馬は1頭は持っていたい。
さらに、母は4分の3同血ですのでねー。
来年が楽しみですね!






スポンサーサイト