FC2ブログ

2014年12月12日の記事 (1/1)

シルク 2014 募集馬動画 追加5

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

26日に赤坂クラブラウンジにて行われる第3回募集馬検討会。
観覧の当選通知をいただきいまして現地で参加することができるようになりました。

近い場所にありながら、利用時間の関係で訪れることができなかったラウンジ。
良いきっかけになると思います(笑)

前回は少なめだった動画の更新ですが、今回は多めですね!

出資を検討している募集馬の動画はございましたでしょうか?

内2頭は残口数が少ない募集馬となっており、
今回の動画で最終判断さを下される方もいると思われます。




・現在出資受付中
2.シルキーラグーンの13父:ディープインパクト)


4.メジロプレストの13(父:ハービンジャー)


9.カリの13(父:キングカメハメハ)


10.ジェイズミラクルの13(父:キングカメハメハ)(残50口以下)


11.ボシンシェの13(父:ネオユニヴァース)


19.アイリッシュカーリの13(父:キンシャサノキセキ)(残150口以下)


21.カールファターレの13(父:クロフネ)



・満口の募集馬
14.プリティカリーナの13(父:マンハッタンカフェ)
20.ゲルニカの13(父:キンシャサノキセキ)
29.ラフィエスタの13(父:ハービンジャー)
33.ユキチャンの13(父:ハービンジャー)
45.アーデルハイトの13(父:クロフネ)
51.タイタンクイーンの13(父:Regal Ransom)

これらの動画は、上のリンクでどうぞ~


半姉のザイディックメア(父 ゼンノロブロイ)が土曜日の未勝利戦にて豪快な追い込みで勝利。
シルキーラグーンの13は父がディープインパクトに変わってどうなのかというところでしょう。
姉は中距離で活路を見出しそうな感じですが、この馬は短距離だと思います。
値段と厩舎で様子見をしている人が多いのですかね?
ノーザンF産ディープ牡馬は来年ではこの価格じゃあ出資できないかもですねー。
動画を観る限りではまだまだ様子見かな。

メジロプレストの13は、気性も走りもまだまだ幼いですねー。
まだこの時期ですし、それに遅生まれですからね。
じっくりとじっくりと進めて欲しいですね。
出資は春先まではもちそうかな?
最近はハービンジャーの勢いが落ち着いてきてるのですが、
その勢いが戻れば一気に行くこともあるかもしれませんね。

血統・厩舎・募集価格をみると即満口もおかしくはないカリの13
埋まりきらない最大の要因は、立ち過ぎた繋ぎにあると思われます。
上半身の作りが本当に素晴らしいだけにおしいなぁ~という感じですね。
逆に言うと、脚元さえ問題ないのなら今過ぎにでも出資したいです。
ノーザンFの育成と堀先生の手腕に期待。
この馬は、出資時期が早ければ早かったほど活躍したときの喜びが大きくなりますね(笑)

ジェイズミラクルの13は、残口は残り僅か。
馬体を見るに芝だと思います。
今月には満口になるでしょうねー。
キンカメ牝馬といえば、三冠馬アパパネ!
上手くいけば、牝馬クラシック路線も夢ではないかもしれませんね。
夢を見れる募集馬だと思います。

NF早来育成は、ボシンシェの13
母父キングマンボは、世界中の芝で結果を出しております。
まだ坂ではふらつきが見えますが、走るフォームは綺麗ですね。
芝向きだと思います。
募集価格も手が出しやすく、様子見を続けたい1頭です。
育成も魅力的ですし、厩舎も関東では上位。
うーん、良いな~(笑)

このごろ勢いがあるキンシャサ産駒のアイリッシュカーリの13
短距離馬の父と母から産まれたこの馬も行く先は短距離か。
走りにも迫力があり、
動画後半の歩く姿ではしっかり踏み込んでいることが確認できる。
育成はNF早来で文句なし。
残口も残り少なくなっており、一気に埋まってしまう可能性がありますねー。
確実に出資する方法は、今のうちに余裕を持ってポチること。
同父のゲルニカの13は一般募集初日で満口でした。
残るキンシャサ産駒はこの馬のみです。

牝系が素晴らしいカールファターレの13
母父キンカメ、母母父SS,母母母父NT。
日本の近代競馬史では欠かせない名種牡馬であり、名BMSでもあります。
母馬優先があるキャロットさんなら人気になったかもしれませんねー。
しかし、ここはシルクHCなわけでー。
ジャスタウェイやオルフェ、キズナとの間の子供とかみたい(笑)
走りは力感が溢れており、パワーのいる馬場は得意そうですね。
長期のスパンで様子見ができそうですねー。
焦って出資する必要性は感じませんね。







スポンサーサイト