FC2ブログ

2015年01月06日の記事 (1/1)

愛馬 ジュメイラジョアンの13 1月近況

 

ジュメイラジョアンの13

ノーザンファーム空港在厩。
週3回屋内坂路コースでハロン17~20秒のキャンター2本、残りの日は角馬場でフラットワークの調整。
担当者は
「坂路では17秒と20秒の調教を1本ずつ乗っています。
少しカイバ食いが落ちた時期がありましたので、この中間は一旦ペースを落としましたが、現在は全く問題なく調教をこなしています。
ふらつくことなく真っ直ぐ坂路を駆け上がる姿は頼もしい限りで、手応えも抜群です。
まだ動きに余裕があるので、さらなるペースアップにも十分対応してくれそうです」
とコメント。
馬体重455㎏

順調ですね。
 
ちょっとくらいつまずくことがあってちょうどよいのかもなぁとか少し思ったり。
まぁ、ないに越したことはないのですが(笑)
 

追記:先ほどブレーヴストーリーの訃報を聞きました。
サラブレッドの繊細さを再認識した次第です。
何よりも無事であることが幸いであり、僅かなつまずきも起きないに越したことはありませんよね。
自分への戒めとして、上記の内容は修正せずそのままにしておきます。
軽率な言動でした、反省しなくては・・・。(1月6日19時06分)


育成の進行具合も前の方でしょう、多分。
デビュー時期は、カタログに記載されていたように早めですかね。
 
まぁ、それを決めるのはマツクニ先生なわけで、
マツクニ先生の調教に耐えうる体造りをNF空港さんにお願いしたい。
 
こんな素人小坊主に言われなくても分かっておられるとは思いますが(笑)
 
何よりも嬉しかったのが馬体重が増えたこと。
まだまだ増えてほしいですねー。
芝でも期待していますが、本質的にはダートだと思っています。
それこそマツクニ厩舎出身のベルシャザールのような路線が理想です。
ですので、大きすぎても困りますがある程度は欲しいところ。
 
 
毎回の更新が楽しみな愛馬です♪
スポンサーサイト



愛馬 ストーリーテリングの13 1月近況

 


ストーリーテリングの13

ノーザンファーム空港在厩。
ウォーキングマシンの調整。
担当者は
「右前骨瘤の症状がまだ落ち着いていませんので、再度ウォーキングマシンでの調整に切り替えています。
患部には水冷・ショックウェーヴ治療を施しており、早期回復を促しています。
休みが長くなっているので、体型は少し崩れてきましたが、騎乗運動を再開すればすぐに解消されるでしょう」
とコメント。
馬体重524㎏


 
 

 
焦らずに、焦らずに・・・。
 
デビューは来年の年明け2月、3月でも良いかと思います。
ダート短距離、特にダート3歳戦は番組自体も少ないですし、
長い競走馬生活を期待している馬ですので焦っても良いことは一つもありません。
この馬の本番は古馬になってから。
 
腰を据えてどっしりと、断固たる決意を持って待ちましょう。
仮に未勝利で地方へ転厩してもこの馬ならすぐにでも中央へ復帰してくれると思います。
 

愛馬 ルシルクの13 1月近況

 


ルシルクの13

ノーザンファーム空港在厩。
週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整。
担当者は
「週1回は坂路を2本乗っています。
この中間はリフレッシュを挟みましたが、そこ効果もあって良い意味で馬体をふっくら見せています。
変わらず前向き力強い動きを見せており、体の使い方にもセンスを感じさせますね。
まだ気性的に幼いところがありますので、今後も気を付けながらしっかり乗り込んでいきます」
とコメント。
馬体重464㎏


 
順調ですね。
 
募集馬の中でも育成の進み具合は前の方じゃないかと思います。
馬体重も育成の強度が挙がった割には、少しですが増えています。
心配視されている体調面での不安は今のところなさそうですね。
 
気性面は焦らずしっかりと調整ししていただくとして・・・。
まぁ、馬体的にマイルから短いところ向きだと思うので余程ではない限り、不安材料でもないですね。
よりゃー、大人で賢くて、騎手の指示に従順の方が良いですが(笑)
 
 
残口数も50口を切っており、いつ満口になってもおかしくはありません。
今月の動画公開まで持ちますかねー。
その動画を観て最終判断を下したいと考えている方もいると思われます。
 
確実に出資するなら今のうちでしょうね。