2015年02月18日の記事 (1/1)

マンボスルーの13は華麗にスルー


ウッウーーーー、マンボッ!
チャチャチャラッチャチャッチャラチャ~♪

・・・スルーしてください(T T
(なら書かなきゃいいのに・・・


キャロットクラブのマンボスルーの13の残口が残り少なくなりました。
つい先日150口の警報が鳴ったかともったら、もう65に・・・!?

恐ろしや、キャロット会員・・・!?

私も新規加入に際し、候補馬の一頭だったわけですが、
これは諦めるよりありませんねー。

中々面白そうだったのに、残念。

父はヴィクトワールピサで母父はキングマンボ。
クロスがミスプロ3Dx4Sヘイロー4Sx5S
繁殖に上がれたら非常に期待してしまう血統です。
牝系3x4クロスは優性的に遺伝?するらしいので。

また、社台F生産・社台F育成というのも1回まわって面白い(笑)
社台ファームの馬を多数口クラブで持てるチャンスなんてキャロットでは中々ありません!
そこにノーザンFの施設で現役時代は調整されるはずですから色々と楽しみ。
・・・されますよね?

あとはノーザンFで繁殖入りするのか社台Fで繁殖入りするのか?
まぁ、「Our blood」のキャロットクラブですから心配は少ないかもしれませんが、実際問題その時になってみないと分かりません。
そこらへんのリスクがある募集馬なのはたしか。


そこが怖いのでスルーを決め込んだ次第です【強がり



でも、繁殖入りの期待を込めて出資できるってのは良いですね~。
普通は億劫になりがちな牝馬への出資への強力な後押しとなります。
それ故に色々と問題が出てきていますが・・・。
最近ではハープスターに続いてルージュバックまでもですからねー。

まぁ、キャロまで回ってくるってことは本家じゃ募集できないリスクが1歳馬の段階ではあったというわけですので、そこ仕方ないとは思いますが。
(なお、ただの邪推の空回りだった模様・・・。

まぁ、納得は出来ないでしょうねー(笑)
自分ならここがヘンだよ!って暴れるかも。

果たして2015年度募集馬にヒストリックスタージンジャーパンチの仔達がいるのか注目されます!
ここで持ってこれたらこれからもキャロット牝系として募集されると思われます。(特にヒストリックスターの方は。

ジンジャーパンチはまだまだ分かりませんねー。
2014年産の分配は去年の段階ですでに決まっている可能性も高いですし。

いやはや、自分もキャロットに入って中から楽しみたいですなぁ・・・。(遠い目

スポンサーサイト