2015年02月24日の記事 (1/1)

愛馬 ストーリーテリングの13 2月まとめ


ストーリーテリングの13(父 サウスヴィグラス)
厩舎:木村哲也

1月23日 524kg+4kg

             ↓
2月19日 538kg+14kg



2月動画更新待ち



1月近況
ノーザンファーム空港在厩。
ウォーキングマシンの調整。

担当者コメント
「右前骨瘤の症状がまだ落ち着いていませんので、
再度ウォーキングマシンでの調整に切り替えています。

患部には水冷・ショックウェーヴ治療を施しており
早期回復を促しています。
休みが長くなっているので、体型は少し崩れてきましたが、
騎乗運動を再開すればすぐに解消されるでしょう」
             ↓
2月近況
ノーザンファーム空港在厩。
ウォーキングマシン
トレッドミルでハロン24秒のキャンター5分の調整。

担当者コメント
「右前骨瘤の状態は落ち着いてきましたので、
1月中旬からトレッドミルでの運動を開始しました。

継続して患部には水冷・ショックウェーブ治療を施しています。
今後はトレッドミルでのペースを上げて、
特に問題なければ騎乗運動を再開する予定です。

馬体重の増加が示すように、ちょっと緩んでしまいましたが、
骨瘤の状態を良く見ながら焦らずに進めていきます」

見るからに骨瘤の患部が目立たなくなってますね!

近況が2月上旬ですので、この画像時はすでに騎乗運動を始めた後のような気がします。
馬体重も538kgもあるようには見えませんし、少し絞れたのかなと。

表情も心なしか穏やかに・・・。
痛かったんでしょうね~(涙)
これからは思う存分に走り回ってほしいですね♪

ただ、コメントにもあるように脚元のケアは継続して必要に。
逆にスタッフさんがより注意を払って見守ってくれると前向きに捉えると幸せになれます(笑)

馬体のほうもちょっと寂しくはなっていますが、思っていたよりも崩れてはいないかと。
コメントでもあるようにじっくりと少しづつ遅れを取り戻していってくれたら十分です。
焦って一気に行くと再発しかねませんからね。
ただでさえ大型馬なため、若駒のこの時期は特に脚元への負担が大きそう。
ある程度骨や体の成長を待ってから鍛えていって丁度良い感じじゃないですかねー?


今月こそ動画の更新待っております。
あぁ^~早く動いている姿を愛でたいんじゃぁ^~









スポンサーサイト