2015年02月25日の記事 (1/1)

シルク 馬名決定の前に。


早くて本日、遅くとも金曜の夜までには馬名が発表されると思います。

もちろん、シルクHCの2014年度募集馬の馬名です。

ならば決定・発表する前に予想記事と言うものを書こうかなと。
消費期限が切れる前にね!


まずは、今年5頭募集のディープインパクト産駒。
シルクでは「~インパクト」の牡馬しかオープン馬はおらず、
それにあやかってコケレールシルキーラグーンの両牡馬のどちらかには「~インパクト」と付くのではないかと予想。
この際、「シルクインパクト」ってつけてくれないかなぁ(笑)
まさに衝撃が走ることになります!
コケレールはオサレな馬名になりそう、おフランスのG1馬ですし。
ゴ○ブリ関連はNG。(○キジェットは商品名でダメか・・・)

ディープ牝馬は予想がつきませんねー。
牝馬で「ディープ~」や「~インパクト」で活躍した馬をとっさに思いつけません。
ということは、母から連想した名前やその馬の印象からの馬名になるのかなと。

パーシステントリーさんは、しつこく・頑固に・永続的に。
アコースティクスさんは、音響学。
全然想像できないや・・・。
エターナルインパクトディープサウンドでいいじゃないんすかね(ナゲヤリー



愛馬ナイキフェイバーの13は「ナイキ」は使わないでしょうから、
「フェイバー」関連できそうですね・・・。
フェイバーはFavor(好意・親切)であって、某ヒカルさんのフェイバーじゃありません。(あれはFlavor・フレバー)
母父もFavorite Trickですしここら辺から連想してくるかも。


他の愛馬はルシルクストテリジュメイラの3頭。
ルシルクは、兄同様にシルク部分を生かすか、特徴的な尻尾を生かすか。
ハッ、両方とも生かせばいいのか!
これはシルクポンポン(orシルクボンボン)やな(確信
絶対に違うとは思いますが。

自分はそのどちらでもない馬名で応募。

まぁ、尻尾からのイメージと言えばイメージか・・・。


ストーリーテリングは、「伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を 引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法」だそうです。
うーん、思いつきそうで逆に思いつかないパターンのやつや!
おそらく父・母からの連想はないかもですね。
実際自分が応募した名前も全く関係ありません(笑)


ジュメイラジョアンは、「ジュメイラ地方のジョアンさん」ですからねー。
エンパイアメーカーから何かしら持ってくるのではないでしょうか?
「帝国を築く人」ですからね、なんだろう。
決して「定刻に気づく人」であってはならない(戒め
自分は馬体のイメージ+親父さんから連想で応募しました。



注目は、ユキチャンの13
絶対に白いはず(確信
自分はセブンシスターズで応募したかったけど、
これは採用されないパターンですね。
和名かつ親しまれ易い馬名がつけられると思います。
最近はやりの某ブラウザゲーから「雪風」を持ってくるかも。
自分にとって「雪風」と言えば、「戦闘妖精」なんですが(笑)



何はともあれ素敵な馬名がつきますように!
(自分の応募した馬名がつきますように!!!)




スポンサーサイト