2015年03月01日の記事 (1/1)

大荒れの2月シルクを振り返る

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

2014年度のシルクHC、10月のドラフト当落でも悲喜交々ありましたが、2月の荒れ具合をみると可愛いものでしたね・・・。

その激動の2月を自分目線で振り返りたいと思います。

1.唐突なキャンセル募集
完全に油断をしていた!
てっきり3月に入ってからだと思っていました。
だからこそ1月中に追加出資をしたわけで、これは他の会員さんも同様に感じたのではないかと思われる。
しかし爆弾は募集時期ではなかった、本命は募集頭数と募集口数だったのだ。
総勢26頭ってのも多すぎるのに、総口数が473口。
あのドラフトは一体なんだったのかというやるせなさを感じました・・・。
気を取り直して応募しましたが結果はご覧のありさまだよ!(泣)
473口に対して応募されたのは5465口。
これがお金を払う覚悟のあるきちんとした会員の数です。
もちろん、今回の再募集に参加しなかった会員さんも多数居るでしょう。
その方々もお金を払う覚悟を持った立派な会員です。
新規会員の獲得も大事でしょうが、既存会員への優遇がもう少しあってもいいんじゃないかと思います。
実績制は前2年なんて言わずに全加入期間分でいいじゃないですか?
それだけ真摯にこのクラブと付き合ってくれているわけなんですから。

まぁ、結果として1月中に出資していて正解だったわけです
が、これからは事前にアナウンス(毎年何月に行う等)されるといいよね。


2.衝撃の馬名発表
いや、笑撃の間違いかな?苦笑いのほうですが。
私は苦笑いと爆笑のハーフ&ハーフでしたが(笑)
これは好き嫌いが分かれすぎる結果となったのが周りを見渡すと分かります。
キャンセル募集を驚異の自制心で感情を抑えてくれた会員様の堪忍袋の緒が切れてしまった模様・・・。
「ふざけ過ぎるのも大概にせぇや!」ってこと。
僕や一部の会員さんは笑ってやってくれたなシルクさんで済ませるけれど、大部分の会員さんやこれから加入を考えている方々の不評を買ったのを深く胸に刻まなければならない。
主役はあくまで競走馬で、それにお金を出しているのは出資者。
たしかにシルクさんがなければ出資も何も無いわけだけれど、
それなら他のクラブに行ってしまうけどいいの?ってことになるわけで。
結局は自分で自分の首を盛大に絞めてる結果になってます。

一つ言えるのは僕はシロインジャーは決して嫌いじゃない。
ある意味注目されるだろうし、すべての人がそうではないと思うけれど白毛というプレミア感に出資しているはず。
だったらなおさら注目を集める馬名で良かったんじゃないかな?
まぁ、女の子につける馬名ではないと思うけれど・・・。
しかし、モモレンジャーもいるし白い戦隊戦士は大抵女性なので間違いとは言えないのでは?・・・ていうのは男の意見でしょうね、すいません。


3.リニューアル会報とコンセプトブック爆弾

方向性が間違っている会報と方向性は間違っていないコンセプトブック。
結果は微笑ましい会報と中途半端な神経を逆撫でるコンセプトブック。

まずは会報ですが、ローブティサージュ号のムチ事件に対し、クラブの姿勢を打ち出しているのは良かった。
たとえ会員へのポーズであったとしてもやるってことが大事なのです。
しかし、阿部社長のお店紹介のコーナー新設は必要あったのかと小一時間問い詰めたいって方々がいるでしょうね。

僕は好きですよ、なんかズレてて微笑ましい(小声


このタイミングでアンケートを実施するなんてシルクさんは体を張ったギャグでもしているのかな?
こんなところも僕のボ(ケ)性本能をくすぐってきます(笑)

会報よりも僕にとっては爆弾だったのがコンセプトブックです。
これを見てどうしろと・・・?
おそらくこれから資料請求をしてくれた方々に配布するのでしょうが、
この内容でよしやってみようという人がどれだけ現れるのか?
たしかに現在競馬界では女性のファン獲得に比重を置いています。
そういう意味では女性へ向けてのコンセプトブックは間違いではないでしょう。
しかし、この内容では・・・。
いくら漫画・小説好きな僕でも、少女漫画や女性向け小説も読む僕でもこの内容は厳しいと言わざるを得ません。
果たして「一口クラブが楽しいよ」と勧めてくる人はまともな人なんだろうか?
(自分も周りの競馬スキーな人に勧めてるなと気付きハッとしたのは内緒。

ちょっと違う意味でズレてるんですよね、このブックは。
近年の競馬のテレビ番組やCMもどちらかと言うと女性や若い人向け。
ただ、実際に競馬界を支えているのは世のお父さん世代なのではなかろうか?
なのでもう少しお父さん方に向けた内容の放送を行っても良いのかなとも思います。
それで言えば、2011年度CMの「20th Century Boy」は素晴らしかった!
観る度に胸が熱くなり、次のレースではどの馬が選ばれるんだろうと想像しました。
懐古厨と言われればそうの通りなのですが、競馬だからこそ過去との繋がりにその血を受け継ぐ競走馬にロマンを感じるわけでございます。



今後のシルクHCに関しては、これ以上荒れることはないのかなーと感じるくらいに激動の2月攻勢でした(笑)
逆にこれ以上に荒れる展開を持ってこれたら尊敬します!
あと残されたイベントは、追加募集と天栄ツアーくらいですかね?
追加募集馬に出資予定はなく、参加するとしたら天栄ツアーですね。

現2歳世代で発生したシルク動乱。
少なくとも2,3年は強制脱会をしない限りはお付き合いが続くわけで・・・。
それまでの間にどれだけシルクHCさんが会員の気持ちを汲んでくれるかにこの世代に出資した方々の進退がかかっています。
出来れば皆様にとって最善なクラブとなりますように・・・。


まずはHP改善はよ!!!









スポンサーサイト