2015年03月10日の記事 (1/1)

とてつよなおうまさん@シルク


先日公開されたシルクHC2014年度募集馬動画。
そのいくつかの中でこれは凄いなと思った馬がこの仔!


ストロングタイタン(タイタンクイーンの13)

ノーザンファーム空港在厩。週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、残りの日は角馬場でフラットワークの調整。担当者は「坂路を2本乗る日を週2回に増やしていますが、手応え・息遣い共に良好です。体の使い方も上手になり、良いフォームで登坂していますね。馬体重はそれほど変わりませんが、締まりが出てきて競走馬らしくなってきました」とコメント。馬体重520㎏


「すごくつよそうだなとおもいました。」(小並感


シンプルな馬名を授かりましたが、それ故にイメージがドーンと伝わってきますねー。
まだ走りは荒削りですが、パワフルさ勢いがビンビンに伝わってきます。
これは上を目指せる器だと思います。
距離的には持ってマイルまでですかねー。
うーん、愛馬ショットガンニングと少し重なってきそう・・・。
完成度の高さでは及ばないので、奥行きで勝負!・・・出来ると良いなぁ。

○外で募集価格が4000万円と高額ですが、今となってはお安かったのかも。
購入当時は円高だったので尚更その感が強いですね~。
カタログを見た当時はわざわざ○外をこの時期に買わなくてもいいやなんて思っていましたが・・・。
今年度のセール購入の追加募集馬は円安価格。
出資した皆様は先見の明があった模様です、お見事!

セカンドエフォート(ディフィカルトの13)はダート中距離路線で活躍してくれそうな美しい馬体の持ち主です。


ぬっきー氏命名ブレイキングザロウ(シーザバッドガールの13)にしても良い馬体ですし(適性はストロングタイタンと被るかな?)
良いライバル関係になるかも・・・。


短距離ダート路線は、愛馬ショットガンニングに任せて頂くとして(笑)



他にもダート路線での活躍が期待できそうな募集馬がシルクHCには多数おります。

例えば・・・、
ワンソックワンダー(マチカネタマカズラの13)

ノーザンファーム早来在厩。週3回角馬場調整の後に屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週2回周回コースでハロン20秒のキャンター1,800m、残りの日は角馬場で軽めの調整。担当者は「ハロン16秒で乗る日を1日から2日に増やしていますが、全く問題なく調教をこなしています。これぐらいのメニューなら楽に坂路を駆け上がってきますし、心肺機能は高そうですね。大型馬ですが変わらず素軽い動きを見せていますし、脚元の不安もなく体は丈夫なタイプですので、このまま徐々にメニューを進めていきます」とコメント。馬体重548㎏
この仔なんていかかでしょう?
近況では548kgとありますがそこまであるようにはこの画像からは(私的には)見えません。
動画で見るとしっかりと幅があり、登板での走る姿は力強くダイナミックで、タイム的に見ても素晴らしいラップを踏んでおり育成も順調な模様。
なんで売り切れないんだろう?

ならお前が出資しろって?(言ってない
自分はキャロに入会する予定のため、
シルクHC所属の他の仔まで資金を回せないのです(T△T)シクシク



それにしても、今年もシルクダートHCは明るいですね(ニッコリ

いや、芝路線でも楽しみな馬がこの世代には沢山いますし、
これはこの世代を旗頭に数年先には下剋上があるかもしれません・・・。







スポンサーサイト