2015年04月23日の記事 (1/1)

POG虎の巻2015~2016を入手

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ



「POG」

「社台G」

「社台TC」

「サンデーTC」

「G1TC」

「ドラフト」

「2015」

これらのワードを記事に組み込めばアクセス数が稼げるのではなかろうか(グヘヘ


本日発売した「POG」新聞を早速手に入れた。
350円と手の出しやすいお値段で零細一口だけ馬主のワタクシにとって非常に優しい。

中心はやっぱり、「社台G」の模様。
まぁ、この新聞の2~4面はノースヒルズ特集なわけですが(笑)

その後は、「社台G」の良血馬がずらり。

今までは中々見る事の叶わなかった個人馬主所有の2歳馬の馬体であったり、つい先日「2015」年度に募集するリストを発表した40口クラブ「社台TC」・「サンデーR」・「G1TC」の2歳馬達は流石の馬体をしております・・・。

ちなみに、加入させていただいているシルクHC所属の2歳馬も何頭も画像つきで紹介されており、その内7頭(アストラエンブレムシロインジャー・アレイオブサンタイムレスメロディプリンシパルスター・ブレッシングテレサロゼリーナ)が育成厩舎・弥永トラックマンのコメント付きで掲載されております。

実に羨ましい!

私の出資馬で画像が掲載されている仔はおりませんでした(残念
うーん、やはりある程度の血統力と言いますか、そんな感じのモノが必要なんでしょうねー。
紙面も限られているわけですし。

出資馬で唯一触れられていたのが、


アルジャンテちゃん!!!

やっぱりディープインパクトなんだよなぁ・・・。
私の希望的観測では尾関厩舎においてアルジャンテエース候補一番手に位置しているのではなかろうかと見ている。
だからと言って、早期から始動させるのではなく、逆に進め過ぎないでじっくりと進めているらしく大事に思ってくれているんだろうと妄想(笑)


しかし、良血馬たちの預託先厩舎を見ていくと一流厩舎に集まっていますねー。
こりゃ厩舎内競争が大変だ・・・。

特に池江厩舎なんてディープ祭りですよ。
一口クラブはもちろん、個人馬主のディープ産駒も何頭も引き受けてます。
あの素晴らしい走りをしているシンシアズブレス
なんとか厩舎内競争を勝ち抜いて活躍して欲しいなぁ。









スポンサーサイト