2015年04月30日の記事 (1/1)

愛馬 ジュメイラリーフ 4月まとめ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

ジュメイラリーフ(父エンパイメーカー 母ジュメイラジョアン)
厩舎:松田国英


3月画像(2月17日撮影)465kg

             ↓
4月画像(3月16日撮影)469kg→482kg(+13kg



4月の動画はありませんでした・・・。


2015/03/02 <所有馬情報>

ノーザンファーム空港在厩。
週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、
残りの日は角馬場でフラットワークの調整。

担当者は「カイバ食い も安定していますので、徐々に負荷を強めています。継続した乗り込みで馬体がフィットしてきたようで、動きに素軽さが出てきましたね。乗り味が良く、騎乗 スタッフの評価が高い1頭ですので、今後の成長が楽しみでなりません」とコメント。馬体重465㎏

2015/03/02 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、残りの日は角馬場でフラットワークの調整
次走予定:未定

担 当者「この中間はリフレッシュ目的で、フラットワークのみでの調整を1週間取り入れつつ調教を行っています。坂路でのメニューは変わりありませんが、現 ペースでの調教を余力十分にこなしており、さらに負荷を強めていけそうです。継続した乗り込みで段々と筋肉量も増えて来ていますので、引き続きしっかりと 乗り込んで鍛えて行きます」馬体重469㎏

2015/04/17 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は角馬場でフラットワークの調整
次走予定:未定

担 当者「先週右前脚に疲れが出た為、フラットワークのみで様子を見ていましたが、特に問題なさそうなので、今週から坂路入りを再開しています。運動量の変化 に応じてカイバ量を調節していますが、食いに問題はありませんし、変にテンションが上がることもありません。体調自体は良好で、段々と馬体にハリが出てき ましたね。今後も馬の体調に合わせて乗り込み、トモのパワーアップを図っていきます」馬体重482㎏


増えた!増えた!

リフレッシュの効果が出たのかな?
それでも全然増えないよりは、断然いいよね。

これからが成長期な気がする。
ここから馬体重が維持できて、なおかつ馬体が見るからに変わってくれることに期待したい!

POG本などを読むと流石マツクニ厩舎、良血馬が集まっております。
血統的には埋もれているかもしれませんが、馬体や動きでは出色だと私は思ってます。

どうやら秋頃から始動する模様で、それまではじっくりと鍛錬していって欲しいですね!




一口馬主ランキングへ
スポンサーサイト

シルク 追加募集馬3頭の動画がUPされる



●会員様向けインターネット先行受付期間●
2015年5月1日(金)10:00~5月7日(木)10:00

※500口を越えるお申込みがあった場合、
下記のように実績制と抽選で口数を割り当てさせていただきます。

・300口(実績制)
過去3世代(2011、2012、2013年産馬)の出資合計額実績(2015年5月7日時点)が上位の方から、
順番に口数を割り当てさせていただきます。

・200口(抽選)
抽選によって口数を割り当てさせていただきます。なお抽選で割り当てられる口数は最大5口です。

※インターネット先行受付期間のお申込み最大口数は10口です。

●先行受付で500口に満たなかった場合●
2015年5月11日(月)より先着順でお受付いたします。
インターネットは9:30から、お電話は10:00からの受付となります。

●新規でご入会をお考えのお客様●
2015年5月11日(月)到着分より郵送のみでの受付となります。
必要書類をお送りください。


56.ジェイズジュエリーの13(父 フレンチデピュティ)

測尺(2015年4月下旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 162.0  180.0   20.0   478



57.プロフィタビリティの13(父 アーチアーチアーチ)

測尺(2015年4月下旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 160.0  182.0   20.0   481



58.ソーアラートの13(父 キンシャサノキセキ)

測尺(2015年4月下旬)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 165.0  185.0   21.0   510



繋ぎのクッションが硬そうに見えるのは、地面がアスファルトだからでしょうね。

ジェイズジュエリーの13は、芝。
プロフィタビリティの13は、ダート。
ソーアラートの13は、どちらかと言えばダート。

うーん、芝の中距離以上を補強するならジェイズジュエリーの13一択。
2013年産ではクラブとしても手薄になっているところですね。
母馬が高齢で体質面に不安を覚えてしまいますが、全兄がG1馬という血統的にみると成功例が身近にいますしねー。

ダートで短かい路線を補強したい方は、プロフィタビリティの13。
まず血統から見てダート一直線。

ミスプロ⇔ヌレイエフ⇔ロベルトはダートの黄金トライアングル
そこにバックパサークロスでパワーを補強。
ブラッシンググルームは血統表にあると嬉しい1頭。
ニジンスキーミスプロ・ヌレイエフとのダート馬での相性もバッチリ!
馬体を見ると前躯が勝ち気味でトモはまだ寂しい感じ・・・。
これからや!これから!!!
なんとなくサウスヴィグラスみたいなイメージを受けます。






調教の動画を早く観たいですね。
先行募集締め切りまでに公開されるのかしら?