FC2ブログ

2015年05月の記事 (2/11)

オークス悲喜交々を傍観者の立場で

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

なお、ワイも最後の直線は吼えてたもよう。





よく晴れた日であった...



つーか、暑かった!!
誰だよ!天気は雨だって言ったのは(笑)
これにはてるてる坊主を製作中と言っていた(実際作ったとは言っていない)ずんだもちかとうネキもニッコリ。
この記事を読んでてっきり雨が降るもんだと思ってました、デスブログ的なあれで(笑)
いやー、申し訳ない申し訳ない。
このお詫びは阿部社長Tシャツということで。

府中競馬場正門前駅に到着、上の通路を使わずに坂を下って1階から入場。

そしていつの間にか手にあるルージュバックグッズ...

いったい何が起こったんだ...


着きましたーとtwitterで呟くと早速指令が・・・!?



マイッタ( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )マイッタ


ついつい本音を呟いてしまうワタクシ。
しかし、そこは我らがペチョーリン。
色々指示を出してくれてなんとか合流できました(ホッ
(20分くらい彷徨ったのはナイショ。)

最速で向かいました。ダッシュです!Bダッシュです!!


・・・寄り道をすることなく最速でペチョーリンさんの元へ向かったワイは現地応援勢と無事合流!!

そこは非常に華やかな雰囲気でした。
男女比は1:1とまさにオークスに相応しい空間。
そこで一人ひっそりと佇むペチョーリン(アラフォー未勝利)...
ワイが加わることで崩れる均衡。


ふと思い出される先ほどのやり取り...

先ほどとは違う意味合いに見えてくる不思議。

なるほど...これは心の叫びやったんやね(泣
それなのに気付いてあげられず申し訳ねぇ...!
のん気にソフトクリームを買うのに並んだり(彷徨う20分の間)してて申し訳ねぇ...!!

反省してま~す

(色々違うけどほぼ合ってるからいいよね。)

寂しい四十肩にそっと手を置き、隣の席に座るワイ。
日頃潤いの無い生活を送っているワイはワクワクしながら待つ。

・・・

・・・

・・・

何も起きないんだけれども?!

紹介とかは?
ねぇ!紹介とかはないのかい?!

こちとら色々仕込んできてるのよ!

こんなのとか。(やってしまった感満載の某クラブ社長Tシャツ)

こんなのとかね。(名選手一岡選手も愛用していたフランク三浦)

こんなのとかね。(↑はツアーで被害を被った愛靴;)

まぁ、後々全部拾われたので全然問題ないのですけどね(笑)

しかし、その時・その場所では何も起こらず、パドックへと向かうまでワイとペチョーリンさんは二人で決して弾むことのない会話をただただ続けていくのでした...

永遠と続くのかと思われた苦行が突如終了したのは、午後3時前。
そう!我らがルージュバック号のパドックの時間です!!

早めに移動した甲斐があってか中々良い場所で観ることができました。

3連単企画では本命にしていたミッキークイーン


あの調整方法の割には決して悪く見えなかったですね。

存分にルージュバック分を補給した我々はいざ決戦の場へ!
確保している席で観戦するかと思いきや、やっぱり馬と同じ目線でしょってことでスタンドで観戦することに。

そして運命の発走。

スタート良し。
道中も折り合いついている。
前目に行ってる。
外を回っており包み込まれることもない。
誰かが言った。「これは勝ったな。」
あらん限りの声を張り上げる野郎共。
馬券がルージュバック単勝1点勝負のワイも叫ぶ。
しかし、出資者の野郎共の本気には敵わない。
そのままー、そのままーという野太い声が未だに耳から離れない。
ぬっきーに慰謝料を請求しなきゃ(使命感

膝から崩れ落ちるぬっきーさん。
何か達観した様子なペチョーリンさん。
嘆く姿も爽やかなスペキチさん。
5000円を失って素で凹んでいるワイまつり。

四者四様のありさまでした。
しかし、桜花賞の時よりもダメージは少なく、無言でそっと立ち去る人もいません。
流石に終始無言で表彰式を眺めてはいましたが...
途中、隣の席から「ザンク...ザンク...」とうわ言の様な呟きが聞こえたのはきっと気のせいでしょう(震え

その後は特になんらかの会合を開くことなく解散の流れに。
そうか...ついに紹介されないままワイは去っていくのか...

このままではイケナイと奮起し、上の画像を撮影することと相成ったわけでございますね!(スペキチ君、また画像使わせてもらったよ。
女性の目の前で堂々と上着を肌蹴させる...
文字におこすと完全にアブナイ人やんけ!(笑)

都内在住のワイは遠くへ帰っていく方々を見送ります。
このままお別れかー、と心の中で残念がっていると折角だから一杯行こうよと最年長のペチョーリンさんが提案してくれました。
一瞬ワイはサトラレなのかな?と恐怖しましたが、当然そんなことはなく。

大人なペチョーリンさんが察してくれたんだなと(尊敬
決して家に帰っても一人で寂しいからではないのだなと...

純情なぬっきーが駅前の呼び込みに見事に引っかかりその店へ。
店に着くまでに結構歩き、これはやられてしまったか。
ぬっきーを生け贄に捧げてワイは関係無いとばかりに逃げの一択か思案しているとごく普通の居酒屋(新規オープン?)に到着。

...ぬっきー、ワイは信じてたやで(ニッコリ



料理も美味しく新幹線の発車時刻まで楽しい時間を過ごせました。
ペチョーリンさん、ぬっきーさん、あるがとうございました!


機会があったら訪問したがっていた「ひかり屋」さんに行きましょう!
赤坂にあるルージュバックを出してれるお店にも案内しますよ。

来年はワイの出資馬もこの舞台で走れるといいなぁ、と思いながら帰路へとつくまつりなのでした...



ヨットマン 日曜に向けて問題は一つ...




ヨットマン 
5/31(日)東京1R 3歳未勝利(混)[D1,600m・16頭]56 内田博幸
発走10:05

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで27日に時計
次走予定:今週日曜の東京・1600ダート〔内田〕

調教師「鞍上は内田騎手に依頼し、今週の追い切りにも騎乗してもらい感触を確かめてもらいました。3頭縦列の2番目に付け、直線は真ん中に入れて併入しました。終始手応えは楽で、良い感じで動いていました。脚元ももう問題なく、良い状態で出走できると思います」

内田博 27南W良 68.2- 53.2- 39.2- 13.0 馬なり余力
  パイナワレア(三500万)馬なりの外に0.6秒先行同入
助 手 24南坂良 60.4- 43.8- 28.7- 14.5 馬なり余力
助 手 21南W不 54.3- 39.2- 13.5 馬なり余力


シャドーロールは付けるけるのか否か?

まぁ、冗談といえば冗談ですが、意外と本気で気になっているまつりです。
そのほかにもね、何点か気になるところもあるわけで。

距離?ヨットマンに1200mは忙しすぎるかなと思ってました。
ただ、いきなりマイルはどうかなとも思いますが。
気性面での成長が見られるようならば、
私は1200mよりも合っていると思います。

続けてダートだけど?
どうしても駄目のようだったら流石に使わないと思います。
というか、そう思い込みたい(笑)
まぁ、以前のように体に当たっただけで減速するようなことはないと思います、そう思い込みたい(悲壮

騎手が北村宏から内田博に替わってるけど?
まぁ、これはあれでしょ?なにかしらのあれでしょ、うん。
内田博さんも調教から乗ってくれてるし、期待してよいかなと!
自分としては天栄見学ツアーで一緒に写真を撮って頂いた北村宏さんに乗ってほしかったてのもありますが(笑)
それでもヤネが替わってなにか良い変化があることを願ってます。



奇しくも走るのは日本ダービーの開催日・開催競馬場。
非常に楽しみである。
しかし、それ以上に阿部社長クラスタのワイにとっては楽しみなのが「JOY」と「翠松楼」である。
会報が届いた週にその聖地に赴くタイミングが訪れるなんて、天の配剤やな(確信

やっぱりどこかで繋がっているんやな...(意味深







クードラパンはノリ様のエスコートにて府中を舞うか

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

ああ^~ラパンちゃん可愛すぎて心がピョンピョンするんじゃぁ^~




クードラパン[父 ダイワメジャー : 母 ルシルク]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで27日に時計
次走予定:6月14日の東京・1600芝(牝)〔横山典弘〕

調教師「今週は3歳未勝利馬2頭を先行させ、それを追いかけて最後は内で併入しています。動きは良いですよ。結構後ろから追いかけたのですが、最後はちょっと仕掛けただけで楽に一緒に動いていました。ゴール後向こう正面まで手応えが良く、やればまだ動けそうで、体力も十分に備わっていると感じました。競馬は横山典弘騎手に依頼しました。来週の1週前追い切りに騎乗してもらう予定です。今のところ飼い葉も食べていますし、順調に調整が出来ていますが、競馬の後のテンションが唯一心配なところです」
クードラパン
 助 手5.24南W良 58.1- 42.6- 14.4 馬なり余力
     26坂 路 65.5- 49.3- 33.0- 17.0 
 助 手 27南W良 52.9- 39.0- 12.8 馬なり余力
  ラッキーランナー(三未勝)馬なりの内を1.4秒追走同入

次走予定:6月14日の東京・1600芝(牝)〔横山典弘〕

6月14日の東京・1600芝(牝)〔横山典弘〕


1600芝(牝)〔横山典弘〕

   


ノリ様キマシタワー*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!


ワイが大好きな騎手のうちの一人がワイの出資馬に!
それもデビュー戦に乗ってくれるようです!!

これは絶対に現地観戦しなきゃ(使命感
パドックもノリ様が跨ってグルグル回るところを写真に収めないとなぁ。

と、言ってもまだまだあります。
考えたくもないですが、何があるかは直前まで分かりません...
何事もないよう、それも順調にデビュー戦を迎えてくれることを願うばかりです。

でも、そっかーノリ様でデビュー戦かぁ(ワクワク
色々と競馬を教え込みながら乗ってくれるといいなぁ。
その上で勝ち上がってくれると尚のこと良いのですがね(笑)
ただ、この時期に走る仔達は手強いのだろうなぁと容易に想像がつくのです。

また1週前追い切りにおいても騎乗してくれる模様で、ラパンちゃんの特徴や癖などを掴んで欲しいですね。
さらに主戦になってくれるといいなぁ...

今回の近況コメントを見た時のワイ。







ルージュバックを求めて0.3000里

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

話はオークス前日の夜まで遡る...

始まりはこうだ。
ワイ将、スペキチニキ達ををオフ会(決起会)へと誘う。
しかし、先約があり来れないとのこと(ガックシ
それに加えそこでのスペキチニキの一言が我々二人の運命を決める。


スペ「決起会で、ルージュバックで乾杯とかしたかったです。」

これは幻?のカクテル「ルージュ・バック」を捜し求める男たちの物語である。


ま「いや~、相変わらず旨かったですね。ひかり屋さんは。」
す「せやな。」
ま「次はルージュバックですか。」
す「せやな。」
ま「ワイらなんか関係ありましたっけ?」
す「せやな。」
ま「支払いはすいぞうニキですよね?」

す「今度からはガッツリ頂くで(ニッコリ」
ま「...。」

みたいなことを話しつつ、ひかり屋の店員O氏に教えて頂いたお店へと向かいます。

~某BARにて~
す「すいませーん、カクカクシカジカで~」
店「置いてないんですよ...」
ま「え?ブランデーとジンジャーエールとを交ぜるだけなんですが。」
店「ブランデーを扱っていないので、申し訳ないです...」
す・ま「なん...だと...」


作戦会議。
どうやらブランデーを置いてあるようなBARじゃないと厳しい。
スペキチの野郎...。

おもむろにスマホで連絡を取り出す、すいぞうニキ。
なにやら赤坂近辺でルージュバックを出してくれるBARを教えてくれるように頼んでいるもよう。
相手の方はワイの読みでは女性!
ついにすいぞうニキにも春が来ていたのか...と感慨に耽っていると、
ただのコンシエルジュだった(ガッツポ

見つかるまで2,30分掛かるとのことで銀ブラならぬ赤ブラをすることに。
おっさん二人で。
夜中に。
この時すでに22時30分。
時間を潰す(数十分だけ)ための店(大手コーヒー店)も開いておりません。

す「そう言えば、なんでルージュバックなんや?」
ま「実は、スペスペキチキチで...」
す「スペキチの野郎...。それやと飲まないとアカンやないか。」
ま「そやねん。そんなフリを与えられたら、飲まないわけにはいかんねん。」

す「スペキチの野郎...。(リア充め!)」
ま「スペキチの野郎...。(爆発しろ!)」

未勝利牡馬2頭は負け犬の遠吠えよろしくをブツブツ呟きながら、
赤坂界隈を彷徨っておりました。

歩きながら調べたところ「ルージュバック」なるカクテルは、ただブランデーにジンジャーエールを混ぜるのではなく、”クルボアジェ V.S.P.O ルージュ”でないと駄目らしいということが分かりました。

ただでさえブランデーとジンジャーエールを両方置いてあるお店を探さなきゃならんのに、さらなる条件までついておるとは...?!

す「スペキチの野郎...。」
ま「スペキチの野郎...。」

次第に上記の文言を唱えていると天国にいけるような気がしてきました。

ふと顔を上げると、前方に光が見えます。

す「あれ?お迎えが来たのかな?」
ま「すいぞうさん、しっかりして下さい!」
す「マツラッシュ...ワイ、もう疲れたやで...」

ま「・・・(無視)。あそこなんかお酒出してるお店っぽいですね。」
す「ッチ(ノれや)。まぁ、ないとは思うけど一応聞いてみよか。」

カランコロンカラーン♪
す「すみません。ルージュ・バックというカクテルを探しt」
店「あるよ。」
す・ま「「ファッ!?」」
店「ルージュ・バックだろ?」
す・ま「「はい。」」
店「あるよ。そのままだと甘すぎるからアレンジして出すよ。」

す・ま「マジかよ。...スペキチ様のおかげやね(ガシッ!」


テノヒラクルー・テノヒラクルー・テノヒラクルー

待つこと数分。

店「お待たせしました。ルージュ・バックです。」
す「おおー!!」
ま「これが?!」

す・ま「(探し求めた)ルージュ・バック!!!


す「ルージュバック号の!」
ま「勝利を願って!」


す・ま「「乾杯!!!」」

調子に乗ったおっさんの図。
レモンが入ってましたね。
しかし、これが良かったです。
レモンがなかったらちょっと甘すぎたかも...。

さあ!ここからルージュバックの決起会を始めるかと思いきや...。
始まったのはオークス検討会だったでござる。


自分の言いたいことをあーだこーだの言いっ放しジャーマン。
・タイガーマスクはやっぱり初代が至高

・ミニ四駆談義(ダッシュ!四駆郎と爆走兄弟レッツ&ゴーという世代間)
・応援する野球チーム・野球選手
・ダイナーズカードは是か非か
・申し訳程度の馬談義
etc.

ただただ思いつくまま話し続けるだけ。
ただただ時間は過ぎ去っていく。
しかし、多分楽しかったのだろうという記憶は残っています(笑)

笑ったなー。
一日笑ってた気がする。

一日付き合ってくれたすいぞうさん。
ラウンジにて我々を生暖かく見守ってくださったシルク会員の皆様。
握手をしてくれた希代のアイドル社長の阿部ちゃん社長。



本当にありがとうございました!




なお、その日一番の笑いポイントはシルクラウンジ内での”エゴサーチ”というワードだったもよう。




夜の赤坂見附・参加者0名のオフ会@ひかり屋

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

午後8時。阿部社長クラスタシルク民の聖地・ひかり屋さん


集合時間から15分ほど待ちぼうけをくらい二人揃って入店。
ここで伝える衝撃の事実。
参加者はいません。
当然女性もいません。
ここにいるので全てです。

ウィ・アー・オール・メン



ここでもう一つの案件で会を開くことに。

まずはビール(会員証提示でファーストドリンクサービス)で乾杯!
O店員さん、レーヌドブリエの勝利おめでとー!(←コレ


いやー、ただで飲むビールは旨いなぁ(笑)
しかし、このサービスも今月まで。
訪問を考えていらっしゃるシルク会員様は、是非ともこのサービスがある内に。
まぁ、一度このお店の味と雰囲気を知った身からすると1杯無料サービスではなくなろうとも何度も足を運びたくなる名店でご座います!
(1杯無料が続いてくれるならこれほど嬉しいことはない!)

お通しは、おからを使ったもの(うまく表現できず...
写真を撮る前にパクパク。
ワイ・すいぞうニキともに反省。

まずは、本日のおすすめから二品をチョイス。


まずはお野菜をとらないとねってことで、サラダを。
紅(くれない)サラダ レモン入りドレッシング

レモンが苦手なワイでも箸が進むお味でした。
レモンは香るけどもそこまで酸っぱくはなく、口の中がとても爽やかです。
食べてるのはおっさん2人なんですけどね...

色彩豊かで目にも楽しいサラダでございました!

もう1品は、丸茄子田楽

最近になって茄子の美味しさを気づく...
何年間人生を損していたんだと猛反省中です。
と言っても、まだ火が通っていない茄子は苦手なお子ちゃまなんですけどね(笑)
これは旨かった!!次行った時もあるなら是非注文した一品。
茄子の滑らかな食感もさることながら、濃厚で甘みのある味噌を合わさると、もう!!
2個くらい食べたかった!!!


続いては、シルク会員ならマストな一品。

極上芯たん

相変わらず旨いです!ワイはこれを食べると幸せな気分になれます(笑)
今回は、いつもとカット方法が違いましたね。
これはこれで良かったです。
一口でいけるので食べやすかったですね。

ここで日本酒を薦めてもらいます。
前回来た時なのですが、実はその前に昼から飲みごとでして、少ししか飲めませんでした。
しかし、この日は違います(なお、前2日連続飲み会だったもよう。

ワイが頼んだのは、右側の「Nana kan ba
実は日本酒がそこまで得意ではないのですが、このお酒は飲みやすかった。
左の「吉田蔵」は辛口で癖があるようなことをドヤ顔ですいぞうニキがのたまっておったので、自分には少し厳しかったことでしょうねー。
さすが、O店員さんでございます!

ここで釜飯がラストオーダーとのこと。
ちょっと早いなーなんて感じていると、それを察してか説明してくれる
O店員さん(できる男です
どうやら土・日・祝日は閉店時間が1時間早まるとのこと。
そうか...長くこの雰囲気を楽しむためには早めの来店が必須やな、と心の中のメモ帳に記録するまつりであった。

遅い時間に揚げ物はキツイ。
しかし、少しは食べたい。
ふと目に止まるある一品。すいぞうニキの制止も振り切り注文!
大分県産しいたけの肉詰め揚げ焼

すんごいジューシーでした。
カブり付こうとする段階での香りが既に美味しい(笑)
歯を立てるとカリッ、ザクという食感。
口に含んで噛んでいく度に旨みジュースが溢れ出てきます...
二人で1個ずつなんて物足りないっ!!
罪作りな店やで全く...

そして締めの一品が満を持して登場。
日本の心・おむすび(すいぞうニキは梅・ワイは鮭)

たまらん(笑)
やっぱこれですわー。ホッとする。
安心してください、中のにも具は入っていますからね(ニッコリ
本当に絶妙な力加減で作られており、ほお張るとそこからお米がほぐれていきます。
ワイは見た、すいぞうニキが手に結構な量のご飯粒をつけていたところを。
つまりはそれくらい優しく、本当に優しく結ばれた一品でした。
種類は、梅・鮭・たらこの3種類。次はたらこかなやっぱり。


いやー、大満足な食事でした...

阿部勘でお願いしますと伝えると、それはやってないとのこと(当然



O店員さんにこの近くで”あるお酒”が置いてあるであろうBARを紹介してもらい店を出ます。

頼んだもの全てに外れがないひかり屋さん。

自分の出資もそうありたいものです。
と、いっても最近のシルクさんの状況を見るにそういう状況、つまりは出資した馬に外れがないという未来はそう遠くなさそうです。
それは言い過ぎかな、いやいやシルクさんもそうなるように頑張ってくれているはずですし、我々が信じなければどうするのか!?


そんなことを心の中で思いながら次の店へ向かうすいぞうニキの後ろを追いかけるまつりなのでした...