FC2ブログ

2015年05月21日の記事 (1/1)

クードラパン デビュー予定がおおよそ決まる

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ




クードラパン[父 ダイワメジャー : 母 ルシルク]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで21日に時計
次走予定:6月14日の東京・1600芝(牝)

調教師「角馬場で急に止まってみたり、段々気難しさが出てきました。牝馬だから怒ると余計に反抗する感じなので扱いにくくなってきましたね。でも速いとこ行くと真面目に走りますし、競馬に向けての調整には支障ありません。今日は前の馬を追いかけ、最後は内に併せて併入しています。手応えはまだ楽でしたし、まずまずの動きでした。今のところ次開催の東京2週目を目標に進めています」

調教タイム
クードラパン
 助 手 21南W不 55.3- 39.0- 13.3 馬なり余力
  ダノンエンジェル(三未勝)馬なりの内を0.3秒追走同入




おおう、気難しい・・・。
もしかして振り落とされた久保田先生がヒステリーになっている可能性が微レ存。

ないですよねー(笑)


どうやらこの仔の気が難しいとの情報はクラブ内だけではないもよう。


早い時期から活躍が見込めそうなのが、NHKマイルC5着のグランシルクの妹にあたるクードラパン(牝、父ダイワメジャー、母ルシルク)で す。4月25日に入厩してからじっくり乗り込んでいますね。「気難しいところがある血統で気の強いところがある。牝馬にしてはカイバをよく食べるし、馬体重は470キロぐらいある。初戦から普通に動ける」と久保田調教師。東京2週目(6月14日)の1600メートルを使う予定だそうです。
現場発!POGブログ より引用

情報の発信元はあなたでしたか、久保田先生。
(当たり前のことです)
気難しいところのある血統か・・・。

目標は、6月14日の牝馬限定戦!
行けます!その日なら応援に行けます!!
でも、無理にこの日と決め付けずに万全の状態で走らせていただきたいですね。
そんこと言われんでもわかっとるわ!と怒られちゃいますね(笑)

今回も調教の動画が観られる(JRAレーシンブビュアー)ようですが、
またまた時計を出している日ではない模様...。

観たいなー、クードラパンの走ってる姿。

早ければ約3週間後に府中で見れますね!




スポンサーサイト



シルク 2014 馬集馬動画 追加30 満口


出資受付中の募集馬が5頭。
満口馬が9頭の動画追加となりました。

続いてすでに満口になっている9頭を。



・満口馬
3.アルジャンテ


5.アフィニータ


14.アグレアーブル


28.パーシーズベスト


33.シロインジャー


38.ディライトクライ


40.アレイオブザサン


41.カサロサーダ


42.ブレッシングテレサ



アルジャンテちゃんは大きくなりましたねー。
それでも隣の馬たちと比べるとまだまだですが。

アレイオブザサンは走るね、やっぱり。
時間をかけて年内デビューくらいでいいかもね。

パーシーズベストは雰囲気持ってますよね。
早めのデビューではないでしょうが、来年の今頃には主役なっていてもおかしくはない。

カサロサーダも良く見えました。
ステイゴールド牝馬ですがコメントでも気性がちょっと...と、
いうようなものはなく、馬体重は順調に増加してきていますし楽しみですね!

うーん、やはりここ数年でステゴ牝馬はありになったかもですね。
育成側が特性をつかんだのか、はたまたステゴ自身が高齢化により以前よりは大人しめな気性を伝えるようになったのか。




シルク 2014 募集馬動画 追加30 受付中


出資受付中の募集馬が5頭。
満口馬が9頭の動画追加となりました。

まずは、出資受付中の5頭から。


【2013年産募集馬動画へ】

・出資受付中の募集馬

4.チャオアプレスト

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

担当者「この中間も坂路でハロン16秒の調教を中心に行っています。キャンターの手応えは上々で、集団調教でどの位置にいても落ち着いて走れていますし、チップのキックバックを嫌がったりすることもありません。継続して乗り込んでいますが、馬体も減ることなくフックラしていますし、毛艶も良く状態は良好です。引き続き、今後のペースアップに向けてしっかりと乗り込んで行きます」馬体重478㎏



13.オルニエール

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

担当者「この中間も順調に乗り込んでいます。乗っていても悪さをすることなく、非常に乗りやすいですし、背中の感触も良いですね。馬体重が増えていることからも分かるように、継続した乗り込みで筋肉が付いてきていますし、段々と馬体に厚みも出てきました。順調に調教することができていますし、これからもしっかりと乗り込んで行って、ペースアップする時期を検討していきたいと思います」馬体重500㎏



17.キャプテンロブロイ

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めの調整
次走予定:6月上旬に美浦・萩原清厩舎へ入厩予定

担当者「この中間も坂路でハロン15秒を中心に、終いはハロン14秒台まで伸ばす形で調教を行っています。坂路での動きは相変わらず軽快で、スピード感溢れる走りを見せてくれています。また乗り手の指示に対して素直に応えてくれていますし、しっかりとコンタクトが取れた中でも気合いを十分に出して走ってくれています。ここまで何も問題なくこれていますから、今後も今のペースで乗り込み、調子を崩さないように注意して進めて行きます」馬体重516㎏



21.シフォンカール

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「リフレッシュも終わり、この中間から坂路入りを再開しています。リフレッシュ前と比べて、坂路での息遣いに変わりはありませんし、動き自体は力強さが増して良くなっています。気性面に関しても非常に扱いやすく落ち着きもあり、手の掛かる所がありません。馬体は少しずつ締まって良い方に変化してきていますが、体型を見てもまだ成長の余地を残しており、本当に変わってくるのはもう少し先でしょうから、今後も焦らず進めて行きます」馬体重468㎏



50.ピュアウィッシーズ

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

調教内容:週3回屋外坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミル調整
次走予定:未定

担当者「この中間から坂路入りする日を週3日に増やし、ペースも16秒程度まで上げています。精神面と馬体面の成長を促しながら進めていますが、その効果でだいぶ落ち着きが出てきましたし、馬体も徐々に良化してきましたね。しばらくはこれぐらいのメニューを続け、さらなる良化を促していきたいと思います」馬体重465㎏