FC2ブログ

2015年06月18日の記事 (1/1)

【社台TC 2015】 トータルでよく思えた募集馬

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

前回まで挙げてきた募集馬は動きだけでの印象(価格補正有)
今回と次回では、血統・カタログ画像・厩舎・測尺データを加味して複数頭挙げていきたいと思っています。
つまり、これが本家(社台TC・サンデーTC)においての自分の最終結論となります。


・血統 
成功例(全兄弟姉妹や一般的にニックスと呼ばれるもの)であれば高いし、逆に相性が良くないと言われている配合は低いです。

・カタログ画像
一応、遅生まれの募集馬には脳内補正をかけてます(笑)

・厩舎
完全に好みでの加点です。マイナス補正はありません。
預けてみたい厩舎=プラス補正が高い

・測尺データ
唯一マイナス補正をかけています。遅生まれの募集馬は相殺して計算。
基本的にプラス補正はありません。

今回は、社台TC


1 42.スタセリタの2014 藤沢和雄厩舎



2 43.ワールドリープレジャーの2014 須貝尚介厩舎



3 87.ムーンレディの2014 藤原英昭厩舎



4 19.エアトゥーレの2014 戸田博文厩舎



5 46.ファーストバイオリンの2014 角居勝彦厩舎



17.トレアンサンブルの2014 手塚貴久厩舎(父 ヴィクトワールピサ)
50.リトルアマポーラの2014 藤岡健一厩舎(父 キングカメハメハ)
58.ソーマジックの2014 池江泰寿厩舎(父 ステイゴールド)
59.クラックシードの2014 中尾秀正厩舎(父 ハービンジャー)
64.メイキアシーの2014 須貝尚介厩舎(父 ヴィクトワールピサ)
65.パーソナルレジェンドの2014 安田隆行(父 ヴィクトワールピサ)



無難。

なんというかサンデーTCの時よりも、納まるところに納まった感が強いですねー。
自分でも評価を進めていく毎に動きが良いと思った馬が追い抜かれていくんですよね(笑)
それは馬体だったり、厩舎だったり。
今回やってみて分かったのは、厩舎評価を入れると自分の選出馬がかなり収束されていくということ。
考えれば一流厩舎(自分視点)には良血が入りますし、馬体も素晴らしい馬が預けられますよね。
よって、今回はトータルポイント順で選出するわけですから自然と高額募集馬が並んでいくわけですなぁ。

今年の社台TCはスタセリタの2014
凄く良く見えます。
しかし、競走生活を送る国を間違えてはいないかい?とどこからか声が聞こえてくるようです(笑)
預託先が藤沢厩舎ですし、その後のことを考えているんじゃないかとも思ってしまいます。
しかしながら、この仔は持ち込み馬なわけですな。
実際その下はディープインパクトを付けられています。
つまり、この仔にディープを付けたいがために輸入したわけではなく、
あくまで本命はスタセリタ自身(G16勝)なわけです。
もちろん、後々はディープとの配合は考えられるでしょうが...
将来、海外遠征あるかもしれませんね。
ハードルは高いでしょう、40口だし。
でもその夢を見れる血統ですし、その話が出てくるということは国内で十分な実績を残している場合に限られるでしょう。
そこで海外挑戦に意欲的な藤沢先生の出番となるわけです(笑)
色んな意味で今後の行く末を追っていきたいと思わせる募集馬ですね!

今回挙げた中で一番動きがいいなぁと思ったのがクラックシードの2014
サンデー・社台全体でも最上位を争います。
ゴリゴリした馬体ですが、柔らかいですよねー(緩い?
そういうところはハービンジャー産駒っぽいです。

うーん、社台TCの方はより高額な募集馬を中心に選出している模様。
唯一自分でも手が出せそうな価格帯ではトレアンサンブルの2014か。
まぁ、無理ですけどね(笑)
価格的には最安値のグランオマージュの2014は良い動きをしていましたが、いかんせん小さいかな...。
血統的にもダートでしょうしねー(タイムパラドックスが伯父にみえます
牡だったらこの価格ではないはずですし、うーん悩ましい(笑)

ここに挙げられなかった募集馬では、関東・関西マンカフェ産駒が良かったですね!

ヴィクトワールピサ産駒は全体を通して値付けが強気ですな!
それほどデキに自信があるのでしょうね。
昨年のセレクトセールでも高値が付いていましたし...。
何といったってドバイワールドカップ優勝馬だしなぁ。
あの時はオールウェザーだったし、他のG1勝利は芝ですので産駒の馬場適正は芝だと推測しています。
中山とかで活躍しそうですよね(笑)
と、いうことは関東に預託される予定の募集馬がいいのか...?


ここまで何回かに亘って本家と呼ばれるクラブの募集馬についてアレコレ書いてきたのですが、眼福でしたね~(笑)
いやー、やっぱり凄いわ!!
馬体や動きももちろん良いのですけれど、何よりも血統が素晴らしいですね。

以前誰かが言っていましたが、某クラブのカタログなら間違いなくファミリーラインに太字で馬名が書かれているような馬(実績では)でも一番細い文字だったりします(笑)

どこのクラブとは言いません!
皆さん...心の中で想像してみて下さい...

そう!そのクラブのことですよ!!


噂によれば来週の今頃にはキャロットクラブさんのラインナップが発表されるとのこと。
その次には本命シルクホースクラブです!!!
今年のラインナップも過去最高なんでしょうか(笑)
現在、明かされている10頭を見ても期待できますよね!
しかし、今年のセレクトセールにシルク関連の仔が結構流れているんですよね...
それゆえに今年の募集馬ラインナップは全く読めません。

いやー、楽しみだなぁ。

(東サラも一応資料請求してみよう。うん。




スポンサーサイト