FC2ブログ

2015年08月03日の記事 (1/1)

シルク 阿部社長がトップバッターを飾る

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


この夏新たに、netkeibaでは『一口馬主向けサービス』が始まります!

http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=30852

そのリリースを記念して、人気一口クラブの代表者を直撃インタビューを企画。その第一回として、シルク・ホースクラブ代表・阿部幸也氏にお話を伺いました。

ノーザンファームとの提携を実現させ、会員の実入りにつながるような改革を次々と敢行。苦難の時代を乗越え、今やリーディング上位の馬主となるまでになった。大注目の“アベノシルク”、その全容とは・・・クラブの特色や戦略、ならではの魅力をたっぷりと語っていただきました☆

(シルクHCの公式Facebookより引用)

おや?
シルクの公式Facebookに超絶イケメンが写ってると思ったら、

阿部社長でした(真顔

いやー、一昨日とは大違、


    ∧  ∧. ∩      ∩_ ・∵’、
  (    )/  ⊂/"´ ノ )    >>まつり
  ⊂   ノ   /    /vV
  (   ノ    し'`∪
   (ノ


現在の競馬界を支えているのは一口馬主クラブであると言われてるとか言われていないとか...
あながち間違いではないような気もします。

馬を走らせるにはやはりお金が掛かりますし、一人で何頭も持つなんて中々出来ないですからねー。
そう考えると一口馬主クラブは競走馬生産の受け皿になっていくのは自然の成り行きかとも思われます。
頭数制限に引っかかるクラブもそこまであるわけではないですしねー。
だからといって一口馬主クラブがG1や重賞を独占していくかというとそうはならないでしょうし、個人馬主に勝ってほしいなと常々思っています(自分の出資馬が勝つのが一番ですがw

そこにきてnetkeibaによる一口馬主向けのサービス開始ですよ!
これはね...きたなと。

掲示板内での出資者と競馬ファンとの見るに耐えない罵り合いに対するnetkeibaなりの解答がきたんだな、と
(ワイはいいぞ!もっとやれーと楽しくみさせていただいているのですがw)


自分が近年に入会させていただいているからかもしれませんが、以前よりも一口馬主開始へのハードル(物理的・精神的)は低くなっているように思います。
どのクラブも会員数が増加傾向だと聞きますしね!!※社台Gに限る
ノーザンFさんにいたっては馬が足りないという話も聞きます...

つまり何が言いたいかと言うと、
今から一口を始めるとするならシルクHCが一番いいのではないかということやね(にっこり

頭数制限もまだ先のことでしょうし、ノーザンFと提携後の馬質と成績の右肩上昇具合をみれば今後ますます発展していく姿を容易に想像できます。

そしてなによりも我がシルクHCには阿部社長をはじめとして愛すべきスタッフの方々がたくさんいらっしゃるのです!!(ゴマスリー

それを感じたのは「第1回 シルクの夕べ」です。
これからは東京以外でもこれに準じたイベントを開催していきたいとのことなので乞うご期待!!
まずは関西と言っていたかな?




スポンサーサイト