FC2ブログ

2015年08月05日の記事 (1/1)

ジュメイラリーフ 7月まとめ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

ジュメイラリーフ(父エンパイメーカー 母ジュメイラジョアン)
厩舎:松田国英


7月 491kg⇒490kg


7月動画 7月21日 NF空港撮影


2015/07/10 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンター2本、
     残りの日は角馬場でフラットワークの調整
次走予定:未定

担当者「ハロン15秒の調教を継続して行っている効果で、体が引き締まって動きにも力強さが出てきました。飼い食いが落ちることもなく、毛ヅヤも良好で元気 一杯ですよ。馬体重も安定していますし、ここのところ疲れを見せずコンスタントに乗れているのが何よりですね」馬体重491㎏

2015/07/24 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター2本、
     残りの日は角馬場でフラットワークの調整
次走予定:未定

担当者「この中間から週1回はハロン14秒までペースアップしています。順調に乗れていますが、まだトモのあたりは緩さが残っていますので、単に速いところを乗るだけではなく、調教にメリハリを付けるなどして成長を促しながら調整していきたいと思います」馬体重490㎏

まだちょっとトモが緩いかな(キリッ

...すいません、ワイには全く分からんのですが(汗

とりあえずここ3ヶ月のトモ周りの画像を見比べて見ましょう!

(撮影時期はおおよそ1月分早いです)

撮る角度や撮る位置によって大きく見えたり小さく見えたりしますから一概にどうこう言えるものでもないのですが、私の目には順調に育っているように見えます。
5月から6月に掛けて長さが出て、その後1ヶ月で筋肉の陰影がクッキリと見えるようになってますね。
とは言え、他の出資馬と比べるとまだまだのっぺりとしている印象を受けますw
そこらへんがまだまだ緩いってところなんでしょうか?

??松「緩い馬はずっと緩いらしいぞ。」

(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい



動画の方も迫力のある感じで好きです。
こうね!前腕をブンブン振ってね!!



・・・問題ないよね?
そこまでは問題じゃないよね?!

マツクニ先生は北海道(ノーザンF)までは基本馬を観に来ないらしいので、しがらきに移動になってからが本番かなと思われます。
おそらく秋以降になるのかな?
これから益々調教ペースも上がっていくだろうし、ケガだけは気を付けてデビューまで進んでほしいですね!
スポンサーサイト



ショットガンニング 7月まとめ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

ショットガンニング(父サウスヴィグラス 母ストーリーテリング)
厩舎:木村哲也

7月 562kg⇒560kg



7月動画 7月15~18日 NF空港撮影



2015/07/10 <所有馬情報>        
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、
     残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

担当者「先頭だとまだ少しこちらから促していかないとダメですが、後ろから他の馬について行く形であれば、だいぶ手応え良く坂路を上がってこれるようになってきました。併せ馬だと、ある程度持ったままでも、ハロン15秒で走れるようになってきましたよ。脚元も問題なくやっていけそうなので、この調子でどんどん進めていきたいと思います」馬体重562㎏

2015/07/24 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、
     残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

担当者「この中間も同様のメニューを行っています。休むことなく調教を行えており、馬体もこの馬なりにムダ肉が取れてきて見栄えが良くなってきました。気性面では少し煩いところが出てきていますが、注意すれば変に怒ったりせず反抗的になるような面もないので、特に問題ないと思います」馬体重560㎏

このトモ半端ないって


ただ巨漢馬なので脚元に細心の注意を払って乗り込んで欲しいですね。
まぁ、そんなことを言われずともやってくれていますけれどw

冬の中山・ダート1200に限らずに使っていくかもとは誰の言葉だったか?
骨瘤治療後は順調に乗り込まれております。
フットワークも良く大きいところを期待してしまうなぁ。
募集価格(一口32,000円)は問題なく回収してくれると皮算用してますw
前回の検討会後の質問会では場長もいい馬ですよ、と仰って下さいました。

ノーザンFで育成されたサウスヴィグラス産駒。
どこまで上り詰めてくれるのか...?!