2015年10月の記事 (1/8)

クイーンナイサーの14 これまでの情報を整理

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

クイーンナイサーの14(父スペシャルウィーク) 牡
栗東:昆貢厩舎

カタログ時


9月30日


10月30日



動画(募集時)


測尺データ
9月4日
体 高・・・157.0cm
胸 囲・・・176.0cm
管 囲・・・ 20.0cm
馬体重・・・470.0kg

10月30日
体 高・・・159.0cm(+ 2.0cm)
胸 囲・・・187.0cm(+11.0cm)
管 囲・・・ 21.5cm(+ 1.5cm)
馬体重・・・509.0kg(+39.0kg)


カタログ記載
本馬は2015年夏のセレクションセールで購入しました。父スペシャルウィークを彷彿させる凛々しい顔立ち、皮膚が薄くて質感の良い筋肉を纏った好馬体、 祖母ナイサーが愛1000ギニー馬。しかも上品で気品に溢れた雰囲気があり、大物感という点で特に目立っていた1頭でした。放牧地を縦横無尽に駆け回り、 迫力満点のフットワークを披露しており、やはり大きな可能性を秘めた好素材と言って良さそうです。また父スペシャルウィーク×母の父ミスタープロスペク ター系といえば、菊花賞馬トーホウジャッカルと同じ。配合面でも魅力的な1頭です。
2015/9/30 (ノルマンディーファーム)
現在はノルマンディーファームで1日に20時間ほどの昼夜放牧をおこなっています。来場する会員の皆様のほとんどが本馬を見学されており、父譲りの見栄え がする漆黒の馬体を有していることも相まって注目を集めている様子です。体調面は良好で毛ヅヤの良さが目に付きます。放牧地では全身を使ったフォームで駆 け回っているだけに調教でどんな走りを見せてくれるのか、期待は高まるばかりです。
2015/10/30 (ノルマンディーファーム)
騎乗馴致を無事に終え、現在は軽めの騎乗をおこなっています。性格的に難しい面を見せることはなく、スムーズに馴致を進めることができました。均整の取れ た馬体を有し、既に500キロを超えている本馬ですが、重苦しさは全くありません。これから徐々にペースを上げていくことになりますが、恵まれた馬体を生かしてどんな走りを見せてくれるのか期待は高まるばかりです。


天高く馬肥ゆる秋ですなぁ...
遠い目


「めっちゃ肥えてる」とは出資仲間・スペキチ氏の第一声。


まぁ成長分でしょうねー、この時期なので。
順調に大きくなってくれているのではないかなと!
測尺も全体的に増えていっていますし、画像でのトモの張りというかボリューム感は凄いことになっておりますw

さてさて、自分はこの仔がノルマンディーOC初出資ですのでこれからの情報更新のペースが分かりませんw
近況は当分月末更新だと言うのはなんとなく察してはいますが、動画の更新はどうなるのでしょう?
あと測尺も月毎にデータが発表・更新されるのでしょうか?
そうならばとても素晴らしいですね!!

芝かダートか...
希望は芝なんですけどねw
近年の父(スペシャルウィーク)の産駒傾向はダート寄りなんですよねー。
ノーザンダンサーのクロスを持っているとダートに傾くのかなと思ったりもしてます(なお、菊花賞馬トーホウジャッカルは持っている模様

まぁ、まずは何事も無く順調に育成を行えていることに感謝。
馬体の方はこれから乗り込まれていく内に自然と引き締まっていくでしょう!
絞れていくよね...(;^ω^)



スポンサーサイト

シルク 2015 順調に売れていく募集馬

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


勢いは衰え知らず...ッ!!

◆残80口以下◆

 41.ライフフォーセールの14 一口60,000円

◆残100口以下◆

 40.スーパーバレリーナの14 一口40,000円

◆残120口以下◆

 18.キューティゴールドの14 一口40,000円

18.キューティゴールドの14(父ヴィクトワールピサ)

在厩場所:9月29日に早来ファームからノーザンファーム早来へ移動

早来ファーム担当者「こちらでは夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房 内での騎乗にウォーキングマシンでの常歩など、初期馴致も行いました。このファミリーとしては馬格のあった母ですが、本馬はその母を超える馬格を誇りま す。大きく広い肩や深い胸、力感抜群のトモの出来映えからも、相当なパワーを秘めていそうです。四肢が長くて完歩も伸び、ダイナミックなフォームは力強さ に満ちています。勝気な面はありますが、安定感の高く学習能力に優れた気性面も心強く感じます。姉は先日のオールカマーで牡馬相手に快勝しましたが、本馬 もそういう活躍を期待できると思います」馬体重510㎏

測尺(2015年9月上旬)
体 高:162.0cm
胸 囲:180.0cm
管 囲:19.6cm
馬体重:500kg



40.スーパーバレリーナの14(父ハーツクライ)


在厩場所:ノーザンファームYearling 10月6日にノーザンファーム早来へ移動予定

担当者「現在は順調に夜間放牧をしています。 普段から落ち着いており、人の手を煩わせることはほとんどありません。遅生まれながら馬格もあり、どっしりとしています。ここにきて少し腰が高くなってき ており、もう一回り大きくなりそうな気配があるので、良く見極めながら調整していきます。また皮膚が薄く、肌荒れしやすい面があるので、他の馬よりも日頃 のケアは入念に行っています。全兄はあと少しでG1に手が届きませんでしたが、本馬にはその無念を晴らしてもらいたいと思っています」馬体重446㎏

測尺(2015年9月上旬)
体 高:154.0cm
胸 囲:176.0cm
管 囲:19.8cm
馬体重:440kg

ツアー動画


41.ライフフォーセールの14父ハーツクライ)

在厩場所:ノーザンファームYearling 10月26日にノーザンファーム早来へ移動

担当者「現在、順調に夜間放牧を行っています。育成調教厩舎への移動に向け、背馴らしや ウォーキングマシンなども行い、乗り馴致に備えています。放牧地では元気一杯で力強い動きを見せており、気が強く他の馬を威嚇するなどボス的な存在です。 この気持ちが競馬に行って良い方に働くでしょうし、勝負強い馬に成長してくれると思います。初仔とは思えないほど立派な体をしていますし、まだこれからグングン良くなってきそうです」馬体重498㎏

測尺(2015年9月上旬)
体 高:153.0cm
胸 囲:180.0cm
管 囲:19.4cm
馬体重:488kg



全頭ノーザンファーム早来育成だったー。

やはり、まだまだ早来育成のほうが人気があるのでしょうか?


先月オールカマーを制したショウナンパンドラの半妹キューティゴールドの14は父がディープインパクトからヴィクトワールピサにかわってどうか?
関西から関東に変わったのはこの父ならば良いかなと。
ショウナンパンドラは高野厩舎、半妹はキムテツ厩舎...
なんとなく思惑が感じられますなぁw
2015年はダイワメジャー産駒の男の子!!
来年のセレクト行きかなぁ...
(・´ω`・)

スーパーバレリーナの14の全兄は言わずと知れたバリアン!!
幻の三冠馬ウインバリアシオンでございます(なお皐月賞は出走してない
ちなみにスーパーバレリーナの15も同じハーツクライ産駒女の子
じゃあ来年でもいいか?!といえばそうともいかず、来年もシルクHCにて募集されるかは神のみぞ知るセカイ。
まぁ、門別のモリナガファームで出産されているようですが...
それ故にこの血統に出資するチャンスは限られているわけですなー。


ライフフォーセール
の14は今年ミッキークイーンオークス・秋華賞を制覇した池江厩舎の予定(桜花賞も出れてれば...
以前までは牝馬で池江厩舎ということで二の足を踏んでいた方もこれで安心してお任せできますね(にっこり
初仔とのことですが近況等を見る限り小さいどころか逆に立派な馬体をしていますね!
母自身アルゼンチンのG1を2勝を挙げているNF期待の輸入牝馬。
今年はキングカメハメハ女の子を出しています!!(当歳セレクトにて5400万円で落札)
あれ?ディープインパクトやないとね??


アルジャンテ デビュー戦は4着(1番人気)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


(撮影・提供 スペキチさん

2015/10/26 <レース結果>

アルジャンテ
10/25(日)東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬[芝1,400m・18頭]4着[1人気]

出遅れ気味のスタートから押して中団に付け、道中は9番手あたりを追走、残り800m付近から進出しましたが、直線ではなかなか進路が確保できず、残り200m手前で内に捌いて脚を伸ばしたものの、上位には届かず4着でゴールしています。

吉田豊騎手「直線は出すところがなくなってしまいました。前が開いてからは良い脚を使っていただけに悔やまれます。すいませんでした。道中はフワフワしていましたが、スタートから気合いを付けておいたので次は変わってくると思います。その辺が解消されればもっと切れる脚が使えるようになると思います。少しハミに頼っていますが、基本は乗りやすい馬ですし、追えば追うだけ伸びるという感じがします。いずれは牝馬らしい切れる脚を使うタイプになってくれると思います」

尾関知人調教師「直線は14番の馬をマークし付いていこうとしたのですが、その馬が思ったほど手応えがなく、外に出そうとしたらすでに壁が出来ていたので、また内に切り返したということのようです。最初からスムーズに外に出していれば、2着はあったかもしれません。スタートで頭を上げたり、フワフワしたりでまだ自分からハミを取ってという感じではありませんね。そういう意味では今回の1400mという距離は少し短かったかもしれませんし、外枠ということで位置取りにも苦労しました。調教では左に張るところがあるのですが、今日はそういう面を見せなかったようです。この後の状態を見てから、次の予定を立てたいと思います」
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

尾関調教師「トモに競馬を使ったなりの疲れがありますが、他は特に問題ありません。膝の腫れも大きくなっていないです。この後の状態次第ですが、次開催の東京2週目か3週目辺りを予定しています」




それアルジャンテがやりたかったやつ!!w


レースが終わった後の率直な感想です。
まぁ、実際は笑える状況じゃなかったんですけどねw


スタートは出遅れ。
大外に大きく出遅れた馬がいたのでそこまで目立たず。
しかし、随分と追っているなーと思いながらみてました。
前の方まで行くのかな?なんてと思ったのですが中団あたりでレースを進めましたね。

まぁ、じっくり脚を溜めてキレで勝負との話でしたのでこれで良し。
内に入って前が空くかなーとちょっぴり心配してましたw

で、直線に向くわけですが...
最初は問題ないなと感じました。
目の前は塞がっていましたがその馬の両サイドは空いています。
内に切れ込むのかなーと思ったら外へ行きましたね。
がしかし、外から蓋がされNG。
ならば内に切れ込もうとするが内からも来てて切れ込めず...

ならばと斜め前に1頭分スペースがありましたが、そのスペースに飛び込もうとするも前の馬がそのままスライドし塞がる...


もう
進路無いじゃん・・・



アルジャンテが文字通り右往左往している間に勝ち馬のメイプルキングは外を回って差し切り勝ち!
うーむ、マークを(目標に)していた馬(フェイス)が思惑と異なり当日はそこまでだったという読み違いもあり後手に回ってしましたね...

これも競馬と言ってしまえばそれまでですが新馬戦だからこそ何があるか分からないのでアルジャンテが最も活きる競馬をして欲しかったかなと。

しかし、最後に魅せた脚は希望があるものでこれならば次戦以降にも期待がもてるかなと。
あそこから4着までくるんですからねー。

気になる次走は東京2週目・3週目とのこと。
続戦と相成りました!!
結構タフな競馬をしたと思うのでアルジャンテの体調優先で予定を決定いてもらいたいですねー。

言われんでもわかっとるわッ!!という声が聞こえる(幻聴

デュエット相手が同じ人ばかりじゃ飽きるでしょうし次回は違う方でお願いしたいところですね。
まだこれと決めた人は見つかっていないのでアルジャンテをターフで輝かせてくれるパートナー探しは続きそうです。


ショットガンニング 10月まとめ


ショットガンニング 576kg566kg



2015/10/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン24秒のキャンター3分、ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「先週からトレッドミルを始めており、ウォーキングマシンと併行して調整しています。まだ骨瘤の状態を見ながらではありますが、馬体重も576㎏まで増えてきましたので、運動量を確保して絞っていきたいと思います」
2015/10/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン22秒のキャンター3分、ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「この中間からトレッドミルのペースを少し上げて調整しています。脚元の状態も引き続き安定しています。もう少しトレッドミルでの調整を続けていき、様子を見ながら乗り運動再開の時期を検討したいと思います」
2015/10/16 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでダク1,000m、週3回トレッドミル
次走予定:未定

担当者「徐々に骨瘤の状態も落ち着いてきたので、この中間から乗り運動を再開しています。トレッドミルを併用しながら馬体を絞り、徐々にメニューを充実させていきたいと思います。馬体重は566㎏です」
2015/10/23 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:フラットワーク
次走予定:未定

担当者「この中間からフラットワークを行っています。軽めのメニューで乗り運動を行っていますが、今のところ脚元の状態に変化はありません。今後負荷を強めて乗り込んだ時にまた痛みが出ないよう、日々のケアはしっかりと行いながら調教していきます」

昨日、シルク現役馬チャンネルに最新動画が投稿されてました。

お腹のあたりがゆったりしてますねw
それでもしっかりとキャンター出来ていますし、その内自然と絞りこまれていくのではないでしょうか?(願望

これといって痛がったり庇ったりしている素振りも見えませんしね(節穴
年明けの移動を目標に育成をしていく感じかなと。

ここまで来たら焦っても仕方がないですからね。
じっくりと納得がいくまで北海道で育成を続けていただきたいです!



ウォリアーズクロス デビュー戦は3着(3番人気)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


(撮影・提供 スペキチさん

2015/10/26 <レース結果>

ウォリアーズクロス
10/25(日)東京3R メイクデビュー東京 2歳新馬(混)[D1,600m・16頭]3着[3人気]

やや出遅れたものの前に付け、道中は3番手あたりを追走、3頭雁行態勢で4コーナーを回り、直線の叩き合いに持ち込みましたが、勝ち馬には離されてしまい、残り200m付近で2着馬に交わされ、3着でゴールしています。

柴山雄一騎手「スタートの芝の部分でモタついていたけど、ダートに入ってからは行きっぷりが良かったです。少し怖がりと聞いていたけど、そういう面は感じられなかったですし、道中は折り合いが付いてスムーズでした。終い追ってからもう一つペースが上がりませんでしたが、大型馬でまだ緩さもありますから、使いながら良くなってくると思います。ただ勝ち馬は力が抜けていたのでしょうがないとしても、せめて2着は確保したかったですね。でも良い馬ですし、これからまだ良くなってくると思いますよ」

在厩場所:28日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧
調教内容: 次走予定:未定

国枝栄調教師「体型的にそれほど切れるタイプではないと思っていましたが、それにしても最後もう少し脚を使ってほしかったですね。勝った馬は抜けていたの でしょうがないとしても、2着はほしかったです。逆に危うく4着になるところでしたからね。でも大型馬ということを考えると、まだまだ良化の余地を残して いると思います。この後は一旦牧場に帰し、更に鍛えてもらいましょう」



ちょっと力が違ったストロングバローズのパドック。

(撮影・提供 スペキチさん

うーむ、完敗!!

強かったですねw

ストロングバローズ
名前のようにストロングでした!


現時点で、あくまで現時点ですよ、力の差は歴然かなと...

しかし、パドックでのデキを見るとウォリアーズクロスにはまだまだ余裕があったように思われます。
いや、(体に)余裕しかなかったような...(つよがり)
いまいち元気というか勢いがもありませんでしたねぇ。
この時点で今日はちょっと厳しいかなと思いました。

そしてストロングバローズを見てしまったわけですよw
あぁ、これは抜けてるなと。
雰囲気がありました。
事前の情報では540kg程だと聞いていましたが当日は524kg。

一方我らがダッツマンは532kg(事前情報では530kg前後)

うーん、堀先生は確実に仕上げてきたなと感じましたねー。

それでも2着までにはなんとかと思っていました。

で、レースなんですが...


あのレース運びをされては敵いませんw

スターと良く先頭に立ち内ラチを回り直線はギリギリまで追い出しを待つ余裕あり。
追い出してからは脚色は衰えることを知らず差を広げる一方。

為す術がありませんでした...乾杯!!

自分がウォリアーズクロスのレースをどう見たかというと...

次に希望がもてるレースだったかなと。
スタートは若干お尻が落ちて出遅れ気味。
ただ二の脚ついて前に取り付けたのはOK(芝でも走れてた気がしたんですけどね...

道中も折り合っているようにみえました。
3番手あたりに控えて直線へ向かいます(ヨスヨス

追い出しにかかるダッツマン、持ったままのストロングバローズ
残り400mを過ぎてC.デムーロの手が動き始めます。
そこからは一瞬で抜け出して勝負あり!
ならば2位の確保だと気持ちを切り替えますが伸びない...
手応えもそんなになさそう...アカンw

モタモタしていると外から一気に追い抜かされました。

道中はダッツマンの後ろに付けてましたね。
してやられたな、と。
力があればそのまま2着に粘れたかもですが脚が違いましたね...

自分は勝負に行った3着だと思ってるんですね。
2着のスイートメロディーとはほとんど差はないかなーと(なお、5馬身
レッドカーラの半妹だったのか...東京ダートが合いそうな血統ですな!

順番に勝ち上がっていくんじゃないかなと。
スイートメロディーは出るレースが悪かったw
レッドゼルクはスタートがね...うん。
そこさえなければ上位争いだったはず。


ウォリアーズクロスはまだまだ緩い。

どうにもならない根本的な緩さではなく鍛え足りなさからくる緩さかなと。
びっしりじっくりと乗り込んで欲しいところ。
幸いダート路線ならば番組はこれからまだまだ残っています。
年内にもう1戦してほしいですがここは我慢の時ですかねー。

冬の中山あたりが良さそうな感じも。
1200m・1800mが選択肢になってきますが...さて。

ちなみに当日は国枝先生は府中におらずレースを直接観ていません。
菊花賞(タンタアレグリア)に行ってたので仕方ないね。
ちな、騎乗は蛯名J。