2016年06月06日の記事 (1/1)

クードラパン 軽斤量の恩恵は?


2016/06/06 <レース結果>

クードラパン
 6/5(日)東京10R 由比ヶ浜特別 1000万下(混)[芝1,400m・18頭]11着[9人気]

まずまずのスタートからハナに立ち、半馬身ほどのリードでレースを先導、そのまま先頭キープで直線に入り、内ラチ沿いで懸命に粘り込みを図りましたが、残り200m付近で交わされ先団の一角でゴールしています。

村田一誠騎手「調教師からの指示もあって、馬と喧嘩しないように気を付けて乗ろうと思っていましたが、スピードのある馬なので逃げる形を取りました。道中はいい感じで走れていましたが、追ってからが体の使い方も変わらずにグッと来るところがなかったですね。バテている訳ではないのですが、東京コースのように最後にもう一伸びを求められるコースは合わないかもしれません。ここ数戦は自分からやめてしまっているところがあったようですが、今回は最後までやめるような感じはしませんでしたし、体の使い方などを考えるとダートを試して見るのも手かもしれません」

久保田貴士調教師「馬体重は数字だけ見ると二桁以上増えていましたが、出発する前には500kgを超えていたのに馬運車の中でびっしょり汗をかいてしまって、予想していたよりも減ってしまいました。調教も気持ちを乗せすぎないようにやってきましたし、レースでも喧嘩しないように乗ってもらったけど、やっぱり自分から前に前に行きたがる気持ちがドンドン強くなってきてしまっていますね。ここまでなんとか距離を持たせようとやってきましたが、血統的なこともあるので、もう少し距離を短くすることも考えたいと思います。それにフットワークに伸びがないですし、ジョッキーが言うようにダートも含めて考えましょう。いずれにしても短距離はしばらく使えないですし、一旦放牧に出したいと思います」



11着でした。

うーむ、積極的な競馬をしたということでしょうか・・・。
それでももうちょっとやりようがあったのではと思わないでもない。

ワンスインナムーン(52kg)に競り負けたことが実は一番悔しいのですが、それはさておきw
1着5着の3歳馬は4番手で追走。
2、3、4、着の古馬組は後方に待機して最後にダダダーと雪崩れ込んできました。
レース展開から仕方ないのですが目標になってしまいましたねー。
でも1着と0.7秒差ですからね、粘ったと思います!

今後に影響を与える競馬になりました(´・ω・)

これからは試行錯誤。
何が適距離か?ダートの適性は?誰が上手く乗りこなせるのか?
パドックでの動きは本当に素晴らしい。
馬体も仕上がっていたと思います。
らぱんとも

こんなもんじゃないと出資者の方々の声が聞こえてくるようです・・・(幻聴
このかおらぱn

素晴らしい写真をありがとうやで!
スペキチニキ!!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト