FC2ブログ

2016年07月25日の記事 (1/1)

シルクHC 2016年度募集スケジュール発表!!

ぼしゅうすけじゅる
2016年度募集スケジュールおよび出資者決定方法のお知らせ

2016年度募集(2015年産馬)のスケジュールおよび、
第1次募集における出資者決定方法が決定いたしました。

募集予定馬(価格・厩舎は未定)の発表は8月1日(月)
募集確定馬(価格・厩舎決定済)の発表は8月19日(金)
第1次募集は9月23日(金)~10月5日(水)の予定です。

スケジュール・出資者決定方法の詳細につきましては、
こちらのPDFからご確認ください。
(7月号会報15ページにも同じご案内を掲載しております)


募集予定馬の発表は噂されていた通り8月1日(月)
絶対にホームページが重くなりますので気付いたらパパッとPDFをダウンロードすると良いでしょう。
ワイはそれで昨年アクセス数を稼ぎました(ゲス顔

先日のプレミアムツアーでの話ですが本当にその前日まで募集馬について確定していなかったようです。
キャロさんのようなクラブ牝系というものも多くありませんし、ノーザンFさんサイドの振り分けが難しいそうな印象でした。
募集価格の方もセールと乖離し過ぎるのも問題とのことで(ワイは安過ぎても問題ないですと言いましたがw
価格もおおよそ決まってる感触がありました。

過去最高のラインナップという言葉を今年も聞きましたw
これはあれかな?ボジョレー・ヌーボォー的なやつかな(スットボケー
それは冗談として阿部社長は自信に満ちた表情であったと書き添えておきます。

そう言えば2016年度募集馬のことは何にも分からなかったなー。
あの手この手で聞きだそうかなとも思いましたが、知ってどうなるわけでもないですし。
王様の耳状態になるのがオチ。
絶対に書けないし書いちゃいけないですからねw
俺の寿命がストレスがマッハなんだがというなること請け合いです(ゲッソリ

何が募集されるかは聞けませんでしたがこれらだけは聞けました(グレーゾーン)
ユキチャンの2014は元気だそうです(ニッコリ
当歳時発表された10頭内の何頭かは募集されないかもしれない(昨年と似た状況)
最高額馬は1.5まではいかなそうな雰囲気(あくまで雰囲気w自分の予想だと1.2)

兎にも角にもあと1週間待つしかない。
早く来い来い月曜日。
久しぶりに月曜が待ち遠しい日々になりそうです(遠い目

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

ジュメイラリーフ 厳しいなぁ

2016/07/25 <レース結果>

ジュメイラリーフ
 7/23(土)中京6R 3歳未勝利[D1,900m・14頭]10着[7人気]

外に寄れ気味のスタートとなり、行き脚も一息で道中は後方3番手あたりを追走、3コーナー手前から促して前を窺い、直線では外目からこの馬なりに差を詰めましたが、中団まで押し上げたところでゴールしています。

松田大作騎手「追い切りに跨らせていただき、22日にもゲート練習で感触を確認していたのですが、実際競馬に向かうとかなり気の悪いところを見せてしまいました。返し馬の段階からハミを嫌ってスムーズに行えませんでしたし、ゲート内からソワソワして集中力を欠いていました。出は悪くなかったものの、前に進んで行く気持ちがなく、こちらが促して気持ちを乗せようとしても全くハミを取ってくれませんでした。こちらが必死に気持ちを引き出そうとしても、嫌なことを覚えてしまったことで、前向きさが無くなってしまっていますから、そのあたりが改善しないと厳しいですね。上手く乗ることが出来ず申し訳ありませんでした」

松田国英調教師「追い切りであれだけしっかり走れるのに、実戦に行くと気の悪いところを見せてしまいます。今回は少しでも気持ちが前向きになるようにチークピーシズを着用してレースに臨みましたが、全く良いところがありませんでした。乗り役の話でも、気持ちが完全に止めてしまう方に向いていますから、このまま厩舎で調整するよりは短期でもリフレッシュさせないと同じ結果になってしまいますので、一旦放牧に出して小倉開催に間に合う様に立て直してもらおうと思います。ただ立て直すだけでは同じ結果になってしまうでしょうから、次走はブリンカーを試すことを検討しています。トレセンに戻って状態を確認してからノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきます」



エンパイアメーカーは難しい。
そんな話を聞きました。

当日、福島競馬場にてシルクスタッフの皆様と観戦。
ゲートが開く前「上手く出てくれ~」とみんなで祈っていましたが・・・。

出てヨレて鞭を入れても進まず。
厳しいな、と。

競馬を嫌になってますねー。
続戦続戦でこうなっているのですから放牧は賛成。
優先出走権も獲れていないので、節を空けざるを得ません。

能力があるのは師も認めるところなので、あとは本番での状態なんですよね・・・。
これは難しい。
調整云々でもないですしね。
持って生まれた気性の問題なので上手く付き合っていくしかない。
残されている時間は少ないですがなんとか乗り越えてほしいですね。

砂を嫌がってとかなら芝でと言いたいところですが・・・。
小倉開催に芝2600mはあるけれどその番組数自体が非常に少ない。
それに出たいと言って出れる状態ではないはず。

ダートで可能性を示せれば地方転出の目もあるかもしれません。
最近はオークションに回されることがほとんどですが、この前もトレジャーステイトが中央復帰後勝っていますしね!
最後まであきらめずに応援し続けたいと思います。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ