FC2ブログ

2016年10月23日の記事 (1/1)

今年のクラシックが終わり

また来年のクラシックへの道が始まる。
o0305030512778144761.jpg
牡馬路線
皐月賞・・・ディーマジェスティ(父ディープインパクト) 嶋田賢氏 二ノ宮敬宇厩舎
日本ダービー・・・マカヒキ(父ディープインパクト) 金子真人HD 友道康夫厩舎
菊花賞・・・サトノダイヤモンド(父ディープインパクト) 里見治氏 池江泰寿厩舎

牝馬路線
桜花賞・・・ジュエラー(父ヴィクトワールピサ) 青山洋一氏 藤岡健一厩舎
オークス・・・シンハライト(父ディープインパクト) キャロットクラブ 石坂正厩舎
(秋華賞)・・・ヴィブロス(父ディープインパクト) 佐々木主浩氏 友道康夫厩舎
厳密にはクラシックではないので( )で。

種牡馬(父ディープインパクト)がコピペで楽でした(あ

牡馬クラシック?

一口勢には与えられねーわ。
あたえられねーわ

まぁ、これがあるべき姿だと思うのは自分がまだクラシックのcの字にも関われていないせいか?
牝馬路線は逆に一口勢の方が勝ちやすそうですが(勝てるとは言っていない)

なんというかあれですね。
これからはディープインパクトに出資しないとスタート地点にも立てないような錯覚を持ってしまいますね。
そんなはずはないのに・・・。
どの種牡馬にも門戸は開かれていますのでね、うん。


やっぱりディープかぁ・・・。

長らく言われてきた距離の壁も克服しました(まぁ、2着までは何度も着ていましたが)
ディープインパクトの育成法、調整法も成熟してきたと言うことでしょう。

サトイモ
こちらはサトノダイヤモンドことマルペンサの13の当歳セレクトセール(カタログ)時の画像です。
落札価格は2億3000万円・・・。
生まれた年が違えば3冠馬になっても全く不思議ではなかったなぁ。
新馬戦を観てクラシックはこの仔を追いかけようと決めました。
戦前はロイカバードを応援していましたがw

来年の夢はヴァンクールシルクの未勝利戦にみました(え
再来週に早速問われてきそうですが・・・まぁいいでしょう!(何が?)

一口を続ける限りクラシックへの門戸は開かれているし、夢はみれます。
遥か彼方にある夢だとしても願い続ければいずれ・・・。

本家民の方々は積み続ければその内(あ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト



出資馬近況(アルジャンテ・ウォリアーズクロス・ラグナアズーラ・サーブルノワール)

2016/10/21 <最新情報>
アルジャンテ
 21日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
2016/10/19 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:
次走予定:未定

尾関知人調教師「競馬の後は右トモに疲れがあり馬体もスッキリと見せています。飼い葉はまずまず食べていますし、脚元も特に変わりはありません。もう2,3日様子を見てから、次開催の東京3週目のユートピアステークスに行くかどうか判断したいと思います」

2016/10/21 <所有馬情報>
ウォリアーズクロス
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分
次走予定:未定

担当者「引き続きトレッドミルの運動を行っていますが、患部の状態は安定しています。このまま変わりなければ、徐々に負荷を強めていく予定です。飼い葉を良く食べますし、体調面は問題ありません」馬体重558㎏

2016/10/21 <所有馬情報>
ラグナアズーラ
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン24秒のキャンターを3分

武市康男調教師「先日、牧場に確認に行ってきました。背中の疲れもありますが、皮膚病がまた再発してしまい、ちょうど鞍があたるところなので、乗り運動ができない状況でした。まずはトレッドミルである程度進め、後一月位の内には入厩の目途を立てたいと、牧場スタッフは言っていました」

2016/10/21 <所有馬情報>
サーブルノワール
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回坂路コースで14-14、週1回15-15
次走予定:未定

天栄担当者「今週から坂路調教を始めています。左前球節の状態は治療の効果があり、だいぶ良くなっていますが、まだ残っているので引き続き注意が必要でしょう。順調なら年内には復帰できると思います」馬体重491㎏

アルジャンテは放牧へ。
番組的にはユートピアSがバッチリだったのだが仕方ない。
まずは馬体優先すべきでしょう!!
500万⇒1000万と結果を出してくれましたしね。
使ってよりも放牧明けの方が走るタイプだと思うので、さらに成長した姿に期待したいですね!!

術後は順調なウォリアーズクロス
馬体重も558kgから増えてこないですね!!
脚への負担もありますし大きくなり過ぎるのは避けたい。
段々と負荷も強めていって復帰計画の予定通りに進めることができればな、と。

まだまだ体が弱いんかなぁラグナアズーラ・・・。
それでも1月以内の移動も考えていると書いていますし、脚元には問題なそうなのは良いですね。
半兄ゼーヴィントも春先にグッと成長しましたし、聞いた話ではこの仔も似た感じとのこと。
年明けの東京開催あたりでデビューしてくれればな、と。

実は結構な症状であったサーブルノワール
治療後は順調なようで年内での復帰も出てきましたね!!
中山はどうかなぁという気持ちはまだありますが、競馬場と言うよりは気持ちの問題の方が現状大きいと思うので使っていく分にはありかなと。
まだまだこれからの馬ですので焦らずじっくりと進めていってくれればな、と。

な、と締めが多過ぎンゴw

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ