2016年11月08日の記事 (1/1)

どうやら来年度のシルク募集時期が2ヶ月早まるらしい。

いいんやないやろか?

みなさん言ってましたからね。

早く募集馬を教えろー。

情報を小出しにするなー。

発表から募集されるまで長いよー。

2ヶ月早めればすべて解決!!

zubatto.jpg

他クラブと掛け持ちしてるのに・・・なんてしったこっちゃないのです(あ
なぜクラブが他クラブでの都合まで考えないといけないのか?

あえて名前を挙げますが、キャロ1本、シルク1本でやっている人にとっては歓迎できることだと思います。
逆にキャロとシルクを掛け持ちしている人にとっては悲しいお知らせになるのでしょう。

つまりシルク1本の自分にとっては大歓迎というわけですな(ノルマンディー...)
歓迎しよう、盛大にな!

Yearling厩舎から育成厩舎へ移動したくても見学ツアーが控えているため移動できなかった募集馬が毎年何十頭もいたはず。
2ヶ月違えば大分変わってくるでしょう。
まぁ、成長速度の違いで移動できない募集馬もまた何十頭もいるのでしょうがw

はやうぎうち

今年のシルク2歳世代のデビューが全体的に遅いなぁと感じていました。
また新馬戦での勝ち上がりもキャロさんやサンデーさんに水をあけられています・・・。
馬質が違うと言ってしまえばそれまでですが・・・本当にそこまで差があるのかなんて分かるのは数年後のこと。
しかし、早いうちに育成を開始できれば走り出しが早くなるのは必然。
そうなれば勝ち上がりの機会が増えますのでね、喜ばしいなと(勝てるとは言っていない)

o0486033512822965797.jpg

今年の実績ボーダー発表はこのための布石だったのか・・・。
例年通りキャロ⇒シルクだとある程度資金力のあるキャロメイン勢の一人勝ち状態でした。
しかし、シルク⇒キャロに変われば状況は一変するはず・・・。
シルク・キャロ1本勢は今まで通りの出資申込をするだけで今までよりも出資しやすくなるでしょう!
富豪勢は無風です、本当にありがとうございました。

d_08184091.jpg

これで掛け持ちをやめて1本化しようという流れになるかもしれませんね・・・。
まぁ、それはそれで健全なのかなとも思います。
増え続けている一口馬主人口。
しかし、募集頭数がその増加についていけていません・・・。
ゆえに落選しまくりフラストレーションが溜まる、クラブへの不信感が高まるという悪循環へ。

maxresdefault.jpg

両クラブとも最終的にはほとんどの募集馬が満口になります。
2ヶ月募集が早まることにより募集馬自体の情報が例年よりも少なくなるのは確実。
それを不安視している方々も大勢いることでしょう。
ふと思ったのが、そのせいで今年ほど1次満口及び早期の満口が多くならないのではないだろうかということ。

そうです!みんな大好き様子見を出来る時間が増えるのではないか?と思うのです。
できるのならばどなたも成長をみながら出資検討したいはず。
しかし、一気に売れてしまうから早め早めの決断を迫られてきました・・・。

448844.png

かつてのとまでは言いませんが、あの時の・・・様子見ができていたシルクに近付くのでは?と期待感がちょっぴり。
まぁ、ほとんど変わらない可能性が一番高いのですがw
毎年毎年変わっていくシルクHC。
追いかけなきゃ置いていかれます。
ふと立ち止まり我にかえる時もありますが、私は阿部社長もといシルクHCについていく。

あべちゃんだお

まだ今年の募集が始まって1ヶ月。
来年のことを気にしても仕方ないですわな(あ
その時にならなきゃわからんのですから(元も子もない)


にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

ヴァンクールシルク 切れ負けするも奮闘しました(動画あり)

IMG_1276.jpg

2016/11/07 <レース結果>
ヴァンクールシルク
11/6日(日)東京9R 百日草特別[芝2,000m・11頭]5着[5人気]

まずまずのスタートから中団をキープ。4コーナーで外に出して追われるとジワジワと脚を伸ばしますが、上位争いには加われず5着でゴールしています。

戸崎圭太騎手「スタートから行き脚が付いて、まずまずの位置取りで進めることができました。そういうところを見ると競馬が上手になってきていると思います。最後追い出してからは少し内にささりながらもグイグイと伸びているのですが、上位とは瞬発力の差が出てしまった感じですね。プラス20㎏でしたが太くは感じませんでした。気持ちがだいぶ入ってきているので、いずれはもう少し距離を詰めてもいいかもしれません」

木村哲也調教師「切れる脚がないので、ヨーイドンの競馬になっては分が悪いですね。もう少し早めに動いた方が良かったかもしれません。大幅なプラス体重でしたが、以前よりも馬体に実が入ってきましたし、数字ほど太くはなかったと思います。競馬の後の状態を見ながら次走を検討します」



え?タイトルはそうじゃないだろって?

ですよねーw

+20kgですよね
IMG_1257.jpg

キムテツ先生が増えそう(馬体が立派でこの時期は絞れない)と言ったらとんでもなく増えるということが証明されました。
ちなみに一緒に応援していたししゃもさんがプラス8kgで自分は+10kgと予想してました。
それでも心の中では現状維持もしくは微増だと高を括っていたのですが・・・・。

ごらんのありさまだよ!!

いったいどんな馬体で出てくるのか戦々恐々とした心持で待つ30代独身男が2人いましたとさ。

出てきた!

おや?
数字で見るよりも太め感はないゾ?
デカいけど。

向こう正面

ふむふむ。
外々を良い感じに歩けていますね。
これは結構いけるのでは?

キムテツサークル

ヴァンクールシルク「お、キムテツ先生や!周り回ったろ!!」ウンチポロー

戸崎ング乗る

颯爽に飛び乗るリーディングの戸崎ング。
なお、11月6日終了時で1勝差のもよう。

レース映像

ドスローで道中進んでいき、よーいドンの競馬でキレ負け。
一番やってほしくないというか最悪のレース展開でしたねw
まぁ2歳のこの時期ですし、仕方ないね。
ただ前走(新潟)時までとは言わないけれど、早めに仕掛けた方が良かったですね。
アドマイヤミヤビがパドック時から抜けてよかったですw

レースが終わり

思ったよりも消耗してなさそうでしたね。
息の入りはガラス越しなのでわかりませんが(え

感想としては、手応えを感じたレースでした。
まずは課題だったスタート後の行き脚。
特別追われることなくスムーズにレースへ入っていけたのは素晴らしい。
すぐにコーナーへと入ったのもあるとは思いますが。
道中の追走も折り合っておりましたし、促さないでもついていけてましたね。
ただエンジンが掛かるのが遅いというかジワーッと伸び続けていくタイプのようで展開が向きませんでした。
勝ち馬よりも前目で競馬し、なおかつ早く仕掛けないと勝負にならなかったかなと。
まぁ、ビューンと一瞬で交わされそうですがw

しかし、まだまだ余裕というかノビシロは十分に残っている印象を持ちましたのでこれからが楽しみですね!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ