2017年01月17日の記事 (1/1)

骨折してからのコメントを振り返る@ウォリアーズクロス

だっつまんだで
昨年の7月のこと
レース後に骨折の判明したウォリアーズクロス
診断は全治6か月以上・・・
8月1日に手術が無事終了し、NF空港にて療養に入りました。
そして昨年末ついに本州(NF天栄)に移動!!
3月中の復帰を目指して鍛えているところです(やったぜ)

そこで今回は手術直後からNF天栄移動までの近況コメントをまとめて読みたいなとと思いこのような記事を作成しました。
当時は1週間毎では進捗具合が分かり辛かった気もしましたのでまとめて読むと何かの発見があるのではなかろうかと。


2016/08/02 <最新情報>
ウォリアーズクロス
 昨日1(月)に社台クリニックで骨片摘出手術を行い、無事終了しています。

2016/08/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「月曜日に社台クリニックで骨片摘出手術を行い、その後は舎飼で経過観察しています。今後の回復具合によりますが、運動再開まで2ヶ月ぐらい掛かると思いますので、ゆっくりさせて療養に専念します」

2016/08/12 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「引き続き様子を見ていますが、術後の経過は良好のようです。患部が完全に固まるまでは無理はできないので、もうしばらくは舎飼で経過観察をします」馬体重530㎏

2016/08/19 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「術後の経過は良好です。もうしばらくは舎飼となるので、脚元のケアと体調管理に気を付けていきます。500万クラスでも目途が立っているので、来年のクラス編成前には復帰して勝ち上がれるようにするのが当面の目標ですね」

2016/08/26 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:曳き運動
次走予定:未定

担当者「術後も特に問題が出ていないので、先週末から曳き運動を開始しました。久しぶりなので馬は元気一杯です。あまり飛び跳ねて患部に影響が出ないよう、気を付けなければいけないですね」馬体重534㎏

2016/09/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「患部に変化はなく、経過も良好なので今週からウォーキングマシン調整を開始しました。元気があって飼い葉食いも良いですし、手術箇所以外には特に心配なところはありません。運動後のケアをしっかりと行いながら、しばらくはウォーキングマシン調整を継続していきたいと思います」

2016/09/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

国枝栄調教師「先日見てきました。術後の経過は順調のようで、ウォーキングマシンでの運動を始めていました。全治6か月の診断でしたから、順調に行けば来春ぐらいの復帰になるでしょう。500万クラスでも目途が立っている馬ですから、まずはしっかり立て直してもらいましょう」馬体重540㎏

2016/09/16 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を続けています。先日、国枝先生が来場され確認していかれました。『500万クラスではすぐに勝ち負けできる馬なので、慌てることはありません。状態に合わせて進めてください』と仰っていました」

2016/09/23 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「ウォーキングマシンでの運動を続けています。手術箇所は特に変わりないですが、もう少し軽い運動で様子を見ていきます。飼い馬は良く食べていますし、元気もあり体調は問題ありません」馬体重548㎏

2016/09/30 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「手術後も特に変わりなく、経過は順調です。馬はまだ成長しそうなので、500万クラスといわず、上のクラスでもやれるのではないでしょうか。今後も体調管理に気を付けていきます」

2016/10/07 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルで常歩の運動を10分
次走予定:未定

担当者「先週、右前膝のレントゲン検査を行ったところ、術後の経過は順調のようなので、トレッドミルで常歩の運動を始めました。骨折自体は骨片を取ってしまえば痛みは出ないので大丈夫なのですが、骨膜が出てくる場合があるので、そこだけ注意して慎重に進めていきます」馬体重558㎏

2016/10/14 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分
次走予定:未定

担当者「引き続き患部の状態に変化はないので、トレッドミルでの運動の負荷を少しずつ強めているところです。今後も脚元の状態を確認しながら、慌てることなく一段階ずつ徐々に上げていく予定です」

2016/10/21 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分
次走予定:未定

担当者「引き続きトレッドミルの運動を行っていますが、患部の状態は安定しています。このまま変わりなければ、徐々に負荷を強めていく予定です。飼い葉を良く食べますし、体調面は問題ありません」馬体重558㎏

2016/10/28 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンターを5分、ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「引き続きトレッドミルで軽めの調整です。馬は元気一杯ですし、体調面は良好です。患部の方も特に問題ないので、今後も軽めの運動を行い体調維持に気を付けていきます」

2016/11/04 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンターを1,500m
次走予定:未定

担当者「その後も経過は順調に来ているので、今週から周回コースで軽い乗り運動を開始しました。久々なので、まだゆっくりのペースですが、上がりの歩様は問題なく、患部も落ち着いています。引き続き様子を見ながら少しずつ負荷を強めていきたいと思います」馬体重558㎏

2016/11/11 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンターを2,500m
次走予定:未定

担当者「先週からペースは同じですが距離を延ばし、周回コースをハロン24~25秒のペースで2,500m乗り込んでいます。ここまで患部に熱感も出ず、変わらず落ち着いていますので、今後も徐々に負荷を強めていく予定です。休養期間が長かったので、焦らず進めていきます」

2016/11/18 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「先週に続き、周回コースをハロン24~25秒のペースで2,500m乗っています。楽をさせてさすがに馬体は緩んでしまったので、この時期はじっくりと長めに運動を行い、体力を戻しているところです」馬体重552㎏

2016/11/25 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回コースでハロン24~25秒のキャンターを2,500m
次走予定:未定

担当者「調教内容は先週と同じメニューで体力の回復を図っているところです。徐々に息遣いは良くなり、後半の手応えも少しずつ良くなっているので、順調に良化中と言えるでしょう」

2016/12/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターを2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「今週から坂路コースにも入れ始めました。まだ軽いキャンターで様子を見る程度ですが、久々とは思えないぐらい元気に駆け上がっていました。ここまで本当に順調に来ていると言っていいでしょう」馬体重564㎏

2016/12/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「その後も変わりなく、周回コースと坂路コースを併用して進めています。ペースを少しずつ上げていますが、ここまで脚元の状態に変化はありません。今後も十分に気を付けながら、進めていきたいと思います。」馬体重564㎏

2016/12/16 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「先週に続き、周回コースと坂路コースを併用して乗り込んでいます。あまり急いでもしょうがないので、ペースは先週と変わりませんが、動きの方は徐々に良化しています。今後も体力を戻すことを優先に徐々に進めていきます」馬体重564㎏

2016/12/23 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回周回コースと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定

担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。脚元に問題はありませんが、ここまで休みなく乗り込んできた疲れが所々に見られますので、ショックウェーブでケアしながら進めています。坂路での動きには活気があって前向きに走れていますから、この調子でしっかりと乗り込んでいきたいですね」

2016/12/26 <最新情報>
ウォリアーズクロス
 25日(日)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しています。




治療期間(北海道滞在)8月1日~12月24日(146日)・・・約5か月
よく頑張ったよ・゚・(つД`)・゚・
懸念されていた骨膜が出てくることもなく、順調に回復へ向かっていったことが分かりますね。
舎飼⇒曳き運動⇒ウォーキングマシン⇒トレッドミル⇒周回コースとスムーズに進み、
12月に入ってからは坂路にも入っていますし、そこからも負荷を強めることができました。

この期間の最高馬体重は564㎏までいきましたが、出走時でも530㎏前後のうまですのでそこまで太くならなかったのかなと。
成長分とは言いませんが、復帰戦では一回り大きめになって出てくるのではなかろうか?(オブラート)

2017/01/06 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回坂路コースで15-14
次走予定:未定

担当者「こちらに到着後も順調で、今週から坂路コースにも行き出しました。こちらでも右前の膝の状態を入念にチェックしていますが、やや熱感があるかなというぐらいで、痛みはなく跛行もしていません。ただ歩様に少し硬さがあるので、念のためケアをしつつ進めていきます」馬体重555㎏

2017/01/13 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回坂路コースで14-14
次走予定:未定

天栄担当者「膝の状態に変化はないものの、注意しながら進めています。馬体は緩んでしまっているので、もう少し乗り込みが必要ですが、3月の中山開催ぐらいを目標に調整していきます」馬体重565㎏

なんて思ってたらNF天栄にて最高体重更新してるゥー!!(゚д゚)
564㎏⇒555㎏は移動で減ったんやね(納得)
そこから1週間で飼葉をしっかり食って馬体を戻してきました(白目)
おかしいな・・・調教強度は高まっているはずなのに・・・((((;゚Д゚)))))))

NF天栄1回目のコメントでヒェッとするワード(熱感・痛み・跛行・硬さ)が何点か見受けられましたが、翌週では特に触れられていないので大丈夫かなと。

そう、思い込むことに決めました(まて

骨折からの復帰ですので無理に3月中山に合わせる必要はありません。
もう少し暖かくなってからの方が絞りやすいでしょうしねー。
とは言っても、競馬場で早く再会したいのも事実w

待つことには慣れてしまったんだ・・・。
ごんさん

しかし、待ってれば奇跡的な復活もあるもんだで!!(感涙)
ふっかつやでー

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

モシーンの15の全姉”キャリコ”デビュー

きゃりこ

除外されて雪が降って

伸びて伸びてついには火曜日

大外枠となりましたが無事に出走する運びとなりました

牡馬混合戦ですが人気上位はいずれも牝馬

全妹のモシーンの15に出資させていただいているので自ずと力が入ってしまいんす(´・ω・)

もしこ

どれくらいの馬体重で出てくるのか?
脚質はどうなのか?
気性面はどうなのか?

キャリコモシーンの初仔のため今まで想像もつきませんでした

キャリコは5月16日生まれとモシーンの15(4月27日)よりも約20日遅く生まれております
遅生まれなので馬体はまだまだ成長途上な希ガス
モシーンの15は、
9月・・・427㎏
10月・・・432㎏(+5)
11月・・・447㎏(+15)
12月・・・451㎏(+4)
1月・・・462kg(+11)
と順調に大きくなってきています(やったぜ)

母モシーンは逃げて良し、差して良しの自在タイプだったようです
はたして鞍上シュミノーJはどのようなレースをさせるのか?
大外枠発進となるため出たなりに控えて直線勝負するのかなぁ(・ω・`彡 )з

大敗したら別の馬だし・・・と言い、大楽勝したらさすがお姉ちゃんや!!と言うつもりでいます(あ

レースの発走は13時00分!
刮目せよ!!

なお、観れんもよう

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ