2017年02月の記事 (1/7)

ついに動き出したッ?!パカパカクラブ(仮)の募集馬動画!!

クラブ名は「ワラウカド」でいいんですかね?

公式に発表されましたね!!
HPはコチラ
各募集馬のコメントや測尺などのデータも記載されています
入会金(3月15日まで100%OFF)や月会費(2000円+税)、6月まで分割可能(5回払)or3月15日までに一括で5%OFFなどの情報も。
会員特典として、ゼッケンや馬名応募、牧場見学のほかに【名入り勝負服キーホルダー】などもあるようです。
tokutenn.png

ラヴアンドバブルズの2015
lovebabu.png


バブルドリームの2015
babudori.png


タイキクラリティの2015
taikikurari.png


なんか明日あたりに正式発表があるような気もするが・・・気のせいでしょう(スットボケー)
育成は3頭とも吉澤ステーブルさんのようです

入会金、月会費、維持費(実費か定額か)などなど不明な点もありますが、今年度より開始されるようでなりよりですね!!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

メジロフランシスの15の情報まとめ

更新順に。

2月
めじろふ2

2017/02/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン22~23秒のキャンター2,400m

担当者「この中間も本馬なりに乗り運動を継続しています。坂路のペースを上げたので、周回コースのスピードはやや抑えた調教をしています。馬体の状態は、昨年から変わらず毛艶は良好ですし、良い状態をキープできています。左前の骨瘤の状態も注意していますが、現時点で問題になることはありません。調教量が増えたことで、体が引き締まり張りがでてきました。数字上は減っているのですが、見た目は一回り大きく見えるといった素質馬特有の雰囲気が本馬にはありますね。兄もこの厩舎にいたのですが、最近、兄に走り方が似てきましたよ。特に体全体を使って良い走りをするのと、素直で乗り手の指示に素早く反応できる点はよく似ています。徐々に素質の片鱗を見せ始めてきているので、焦らずゆっくりと鍛え上げていきたいと思います」馬体重480㎏




1月
めじふら1

2017/01/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20秒のキャンター1,800m~2,400m

担当者「左前の骨瘤は落ち着いてきており、調教のペース・乗り込み量を少しずつ増やしています。乗っていても背中の良さを感じますね。走りのストライドが大きく、力強いです。日々の何気ない動き・仕草からもスケールの大きさを感じさせてくれます。少し臆病な面があったのですが、それも徐々に解消されています。総合的にレベルが高く、こちらの期待も高まるのですが、まだ緩いところや甘さもあり、もっと成長する余地があります。それがまた楽しみでもありますし、今後もこのまま進めて良化を促したいと思います」馬体重487㎏




12月
めじふら12

2016/12/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m

担当者「ロンギ場での馴致を無事に終了し、この中間から坂路と周回コースでの運動を行っています。寒さが厳しくなってきましたが、毛艶は良好ですし、良い状態をキープできています。ただ時々カイバを残すことがありますので、今後は精神面にもよく気を付けながら進めていきたいと思います。坂路での走りには安定感がありますし、スタートのダッシュも良いです。まだ調教を始めたばかりなので走りはまとまっていませんが、今後じっくりと走り方を教えていきたいと思います。また左前に骨瘤が出たので、よくケアしながら進めています。よく兄と比べられますが、いきなりそこを目指すのではなく、一歩ずつ近づいていけるように今後もじっくりと鍛えていきたいと思います」馬体重481㎏




11月
めじふら11

2016/11/01 <所有馬情報>
メジロフランシスの15
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「Yearling厩舎から移動してきて約半月となりますが、人が跨って環境に慣らしているところです。ロンギ場で跨ってダクをしてみても背中には安定感がありますし、性格も大人しくて扱いやすいですね。まだかなり余裕のある馬体ではありますが、がっしりとしていて非常に鍛えがいがありそうです。年度代表馬の全弟ですから注目されるのはもちろんなのですが、コース調教へ移行してどんな走りをしてくれるのか楽しみです」馬体重483kg




10月
めじふろ10

2016/10/07 <所有馬情報>
メジロフランシスの15
在厩場所:10月5日(水)に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に放牧を行っていました。馬体からも見て取れるように放牧地でもパワフルな動きを見せ、その馬体を活かして他馬を圧倒するシーンを度々見かけます。現在は鞍をつけて人が跨がるところまで行ってますが、現時点では特に問題ありません。またハミをつけての操縦性も抜群ですね。良い形で育成厩舎に移動できたと思います」馬体重504㎏




9月
めじふらかた

窮屈感のない伸びやかな骨格に豊富な筋肉を纏っており、大型馬ながらバランスのとれた美しいシルエットに目を奪われます。群れのリーダーで負けん気が強く、何事にも物怖じしない精神力も兼ね備えており、いかなる条件でも安定したパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。年度代表馬に輝いた全兄に続くべく、着実に成長しています。




にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

ルシルクの15の情報まとめ

更新順に。

2月
るしこ2

2017/02/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースハロン16秒のキャンター2本、週3回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間もとても順調でペースを上げて調教を行っています。ペースアップしてもフォームが左右にブレることなく、力強いフットワークで走ることができています。これまでは気持ちが先行して体がついてこない面がありましたが、継続した調教で体力がつき、体に厚みが増したことで気持ちと体が程良く連動して理想的なフォームで登坂できています。息づかいや走りに余裕がありますし、いい意味で体に緩さがあるので、まだまだ伸びしろがありそうです。馴致を終えてから、これまでとんとん拍子で調教を進めてきているので、見えない疲れが出てくるころでしょうから、日頃の変化に注意しています。好調期間を長く維持できるよう体調面に気をつけて進めていきます」馬体重512㎏




1月
るしるこ1月

2017/01/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週3回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ここまで順調に調整できていますので、中間はリフレッシュも挟みつつ、徐々に運動量を増やしています。口向きが柔らかく操縦性がとてもいいですね。馬体は大きいですが、扶助への反応の良さが目立っており、非常に乗りやすいです。健康面や飼い食いに関しても特に心配はなく、調教のペースが上がってきても疲れが出るどころか、むしろ体調が良くなっているように思います。元々大型馬ですし、今後更に筋肉量が増えることが予想されるので、成長に合せた調教ができるように心掛けていきたいと思います。堅実に活躍するファミリーですので当然期待は大きくなりますね」馬体重493㎏




12月
るしるこ12

2016/12/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースハロン18秒のキャンター2本、残りの日は軽めのキャンター2,500m

担当者「この中間から坂路と周回コースでの運動を始めています。牝馬ですが、坂路での乗り込みをスタートして運動量を増やしてからも、馬体重を落とすことなく順調に成長してくれています。馬体のバランスは比較的取れていますし、調教時の体の使い方も上手ですね。坂路では力強い動きを見せていますから、血統的にもそうですが、やはりダート向きだと思います。ダートのマイルから中距離あたりで活躍してくれそうな雰囲気がありますね。現状でこれといった課題は特に見当たりませんが、精神的に少し臆病で繊細な面があるので、カイバ食いや精神状態に気を付けながら進めていきたいと思います」馬体重490㎏




11月
るしるこ11がつ

2016/11/01 <所有馬情報>
ルシルクの15
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「ひと通りの馴致は早来ファームで済ませていたので、現在はロンギ場でフラットワークを行うところまで進めています。生まれが遅くまだまだ幼い馬体ですが現状でも473kgあり、将来的に500kgを超えてくるのは間違いないでしょうね。見た目のとおり乗っていてもパワフルな印象を受けますし、気の強さも感じさせます。早い段階からストレスをかけるとメンタル面に影響が出やすそうなので、その点は注意しながら進めて行きたいと思います」




10月
るしるこ10

2016/10/07 <所有馬情報>
ルシルクの15
在厩場所:北海道・早来ファーム

早来ファーム担当者「夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っています。しっかりとした骨格に盛り上がった筋肉など、とても5月生まれとは思えない迫力ある馬体をしています。まだまだ成長していく伸びしろがありそうで、今後のトレーニングでより強靭な馬体へと完成していきそうです。また放牧地ではパワフルなのはもちろん、素軽さを兼ね備えたスピード感溢れる走りを見せていて期待が膨らみます。精神面の安定感も頼もしく、育成厩舎への移動後も順調に進めていけるでしょう」馬体重468㎏




9月
るしるこ9

筋肉が隆起したトモの迫力、胸が深く傾斜の良い肩の構造、四肢が長めで胴伸びもよく、5月生まれでバランスが整う前とは思えぬ完成度は驚嘆に値します。リズミカルに首を使い、後肢を深く踏み込んだダイナミックな走りに強大な推進力を確認出来ます。鋭い眼光は芯の強さを表しており、激戦を勝ち抜く底力も秘めているはずです。




にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

ユキチャンの15の情報まとめ

更新順に。

2月
ゆきこ2

2017/02/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~20秒のキャンター2本、週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で坂路での調教を2本(1本目ハロン20秒、2本目ハロン16秒)コンスタントに行うことができています。この時期にしては坂路2本と負荷の高い調教を行っていますが、疲れをみせるどころか馬体重は増えており、牡馬と見間違えるような迫力のある馬体になってきました。力強さも増して坂路でも思うように動けるようになった為、一本調子に走ってしまうところも出てきており注意して調教しています。この馬の長所であるパワーと前向きさを損なうことがないよう、しっかりと鞍上の指示に対応できるよう調教を進めていきます。脚元や飼い食いに問題はないので、今後は更にペースを上げて体を引き締めて、もう一段ステップアップした調教をしていきます」馬体重475㎏




1月
ゆき1

2017/01/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~20秒のキャンター1~2本、週2回周回コースでハロン25秒のキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路コースでは徐々にペースを上げ、終い16秒まで伸ばしています。馴致時から見せていた敏感な面がほとんど解消され、精神的にかなり余裕が出てきました。それにより走ることに集中できるようになったようで、キャンターの動きが良くなってきました。相変わらず走りは力強く、ここに来てよりパワーアップした感もあります。前向き過ぎる部分も徐々に解消され、走りにメリハリが出てきました。ただ、まだ一本調子になってしまう懸念も払拭できないので、今後もそこには十分に注意しながら進めていきたいと思います。筋肉量が明らかに増え、調教・飼い葉が確実に実になってきている印象を受けます。現在において体調・脚元に不安材料はありません」馬体重462㎏




12月
ゆき12

2016/12/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター1~2本、週2回周回コースでハロン25秒のキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整

担当者「馴致の段階では相当ストレスを感じていたのか、馬体が少し萎んで見えていましたが、坂路での調教を始めると馬体もフックラとし、筋肉のラインも少しずつ見えてくるようになりました。精神面も、馴致時は少し敏感な面が見え隠れしていましたが、それも徐々に解消してきています。坂路でのキャンターはパワフルそのもので、掻き込むようなフットワークを披露していますから、活躍の場は母同様にダートになってくるのかもしれません。何といっても力強い前向きな走りというのがこの馬の長所になってくると思いますから、その点を大事にしてどんどん調教の負荷を強め鍛えていきたいと考えています。ただ表裏一体で、今後前向きになり過ぎる可能性も有るので、その辺りには細心の注意を払って進めていきたいと思います」馬体重㎏461㎏




11月
ゆき11

2016/11/01 <所有馬情報>
ユキチャンの15
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「移動直後から騎乗馴致を行っていますが、精神的に少し敏感な部分があるので時間をかけて接するようにしています。ロンギ場でフラットワークを行っていても緊張しているようで、動きに硬さを感じる時がありますね。それでも、徐々に解消はしてきていますから慣れてくれば大丈夫でしょう。飼い葉食いや体調面にはまったく不安はありませんし、バランスが良く全体的にしっかりしているので、今後の成長が楽しみでなりません」453㎏




10月
ゆき10

2016/10/07 <所有馬情報>
ユキチャンの15
在厩場所:10月4日(火)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは日中放牧をしながら、ウォーキングマシン40分の運動を午前・午後と2回行っています。調教厩舎への移動を見据えて、運動量を増やしながら乗り馴致を進めていました。特に気の悪いところを見せませんでしたし、移動後もスムーズに進めていけそうですね。夏を越して馬体もパワフルになり、今後のトレーニングで一段と逞しく成長してくれそうで楽しみです」馬体重467㎏




9月
ゆき9

愛嬌ある顔立ちが印象的ですが、父母から筋骨隆々でパワフルな馬体を受け継ぎ、その毛色も相まってひと際目を引く存在です。強靭なトモから繰り出される跳びの大きな走りはスピードの持続力に優れ、放牧地では馬群の先頭を悠然と駆け抜けています。溢れんばかりの闘争心も味方に大舞台での活躍が期待できる才色兼備の一頭です。




にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

モシーンの15の情報まとめ

更新順に。

2月
もしこ2

2017/02/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続きハロン17秒のキャンター調整を行っています。まだ力強さに欠ける面があって走っていてもフラフラする事があるのですが、動きに素軽さは出てきました。父の産駒らしくスピード感のある走りをしていますし、切れがあります。体調面は特に問題ないので引き続き乗り運動を継続して、走りに力強さが備わるように進めて行きたいと思います。テンションがあがりやすくなる部分があるので、苦しくならないように落ち着かせながら進めていきたいと思います」馬体重463kg




1月
もしこ1月

2017/01/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で、厩舎の中でも進んだ組に属しています。先月から課題として取り組んでいる動きや力強さを向上させていく件ですが、この問題は短期間ですぐに改善できるような問題ではないので、引き続き継続していきます。先月と大きく変わったこととしては、運動の継続によって体全体に張りのある筋肉がつき、体が一回り大きくなったことですね。移動してきた当初は細身でしたが、いまでは牝馬らしい丸みのある体型に変ってきています。もともと手先の軽いキャンターが本馬の持ち味ですが、体型も変わりつつある今、この冬でさらにパワーアップできるよう調教ペースを上げていきます」馬体重462kg




12月
もしこ12

2016/12/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン20秒のキャンターを2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ひと通りの騎乗馴致を終え、現在は坂路・周回コースを併用して調教を進めています。非常に気性の強い馬で、それが走りにも表れていますね。本格的な調教が始まったばかりですので、まだ動きや力強さなど求められる課題はいくつかありますが、今後の調教も持ち前の気性の強さで乗りきっていけることと思います。馬体・体調面に問題はなく、飼い葉も良く食べてくれますので、以前に比べ馬体が一回り大きくなったと感じています。まだ幼い面は見られますが、入場時に比べると落ち着きが出てきましたし、今後調教を進める内に心身ともに成長してくれることでしょう」馬体重451㎏




11月
もしこ11

2016/11/01 <所有馬情報>
モシーンの15
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在はロンギ場でダクとキャンターを行っています。まだ動きは重たい感じですが、少しずつ良化していますし、背中がどっしりとして乗っていて安定感がありますね。少し周りの環境に影響されやすいところがあるので、今から色々な状況に慣らしていきたいと思っています。1年前の今時期の全姉と比べて、こちらの方が馬格がしっかりして力強さもあります。まだ走る方に気は向いていませんが、生まれ持ったバネとパワーは良いものを感じさせますので、今後の調教でどんな走りをみせてくれるか楽しみです」馬体重447㎏




10月
もしこ10

2016/10/07 <所有馬情報>
モシーンの15
在厩場所:10月3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは日中放牧を継続して行っていました。もともと筋肉の質・量ともに4月後半生まれを感じさせない体付きをしていましたが、更に磨きがかかりグングンと良化しています。洗い場馴致まで行っていましたが、もともと人には素直で従順な性格なので、今後始まる騎乗馴致等もスムーズに進むことでしょう」馬体重432㎏




9月
もしこ

現状は標準サイズの馬体ですが、骨の太さと筋肉量共に十分で、今後の更なる成長に期待が高まります。放牧地に放たれると同時に重心を低くして、グングンと加速していく様はまさに父譲りの走りです。勝ち気な性格ながらも人に対しては従順で、騎手のゴーサインに瞬時に応え驚異的な末脚を繰り出し、世代の頂点へと登りつめることでしょう。




にほんブログ村 馬主・一口馬主へ