2017年03月の記事 (1/7)

ギリギリィ!!

ギリギリ





さてさて間に合ったんやろか・・・?((((;´・ω・`)))

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

春の天栄スペシャルツアーは定員に達しました

定員O

この文言を確認しましたのが午前10時10分頃でした。。。

早過ぎィ!!!

早くに埋まるとは思ってましたけども、わずか10分足らずでとは((((;゚Д゚)))))))

自分も申し込めたことは申し込めましたが、申し込みフォームを探すのに手間取って出遅れたカタチ・・・
果たして間に合っているのやらいないのやら(・ω・`彡 )з

今回の争奪戦でわかったこと、

やっぱりみんなBBQが好きなんですね(違

ん? (。-`ω´-)

やっぱりみんなABEが好きなんですね(確信
abegasuki.jpg

参加できますように祈ります。
とにかく祈っています。

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

シルク 再募集の結果をみる

知る臭い募集
〇が最も当りやすかった%、☆が最も当りにくかった%

最多申込口数は、サマーハの15の748口(当選確率は0.4%)
最小申込口数は、メジロツボネの15の14口(当選確率は14%)

前者は、先週末にシャケトラザクイーンが勝った影響が少なからずあるでしょう
またサマーハの15は必要実績4位・申込口数5位と人気募集馬でしたしね
育成も順調ですし、当選した方おめでとうございます!!

メジロツボネの15をはじめ、当選確率が比較的高かった募集馬は1次満口馬ではなく、通常募集で満口になった馬たちですので出資したかった人の大多数は出資していたのかなと(ディアアドマイヤの15?みえないな)

ちな、ワイが出資しているかつ再募集された2頭
モシーンの15・・・5口
メジロフランシスの15・・・3口
どちらも高額なので2口馬主計画は実行できませんでしたw
ルシルクの15は既に2口ですし、2口馬は年に1頭くらいでいいですね
ユキチャンの15が再募集されていたら何も考えずにポチっていたでしょう!(゚∀゚)エンリョシナイゼ

ということで、書いたか記憶が定かではありませんが再募集には参加しませんでした(゚∀゚≡゚∀゚)
現状の2歳出資馬に満足しているというのが大きいですね

追加出資するならば牡馬しかないです
牡:1頭 牝馬:3頭
をバランス的に
牡:2頭 牝馬3頭
にしておきたいなと
ただ出資検討の際に比較してしまうのがメジロフランシスの15
ハードルがめちゃめちゃ上がってしまうンゴ・・・(´・ω・)
ですので、仮にワイが牡馬に追加出資したということは自信(過信)を持ってポチったということになりますw

果たしてそんな募集馬が未だに満口にならずに存在するのでしょうか・・・
まさしくネ申(阿部社長)のみぞ知るですな⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

「春の天栄スペシャルツアー」について聞いてみた

tenei2017.jpg
シルクスタッフさんも80名参加者が集まるか読めないと言われる「春の天栄スペシャルツアー」

そのツアーについてラウンジで聞いてきますた(^ω^ ≡ ^ω^)

Q.馬はいないの?
募集馬をこのツアーために北海道から移動させることはないし、それはNFさんサイドも好ましくは思っていない
すでに移動していた場合は見ることはできるかもしれない
また所属馬(3歳以上)はこれまで通り馬房内だが触れ合えます

Q.お値段が・・・
肉の品質が上がります!(ドンッ
1人当たり300g以上の肉を用意する予定
元々NF天栄では重賞を勝ったりするとBBQをしているらしく、BBQをやれる環境がある
このBBQで使っているお肉より2ランクは上の肉を検討している
BBQセットが大体80名まで対応できるので、今回の定員は80名となった

Q.肉の持ち込みは・・・
暖かくなる季節であり、食中毒などの恐れもあるのでやめてください
上記しているとおり十分な量を用意する予定です
お酒は飲み放題です(ニッコリ

Q.結局BBQ以外なにをするんですか?
内容についてはシルク側から要望するのもあれば、NF天栄側から提案されているものもある
どちらサイドもよりよいツアーになるように模索している

Q.もう以前のような募集馬見学ツアーは厳しい?
今年度からは7月募集になるし、以前のように早期移動できる募集馬に残口がない
追加募集馬(マル外)がある場合もまずは北海道で育成したので今後もないのではないか
どちらかというと施設見学、体験を加えたシルクの夕べみたいな感じになるかも
そのため季節を問わず、NF天栄さんサイドの都合が付けば開催できる可能性がある

内容につきましてはこちらの聞き間違い、思い込みなどがあるかもしれませんが大体こんな感じです
忖度はしてません・・・多分

今年は坂路体験だけではなく、トレッドミルの中に入ったり乗馬もできるようです(体重制限あるやろなぁ・・・)
実際にそれを使っているところも見学できるようでして、これはなかなか体験できないことですな
トレッドミル

また現在改修中のシン・ハンロも体験可能(白目)
スタート位置がこれまでより奥側に行き、形状がより直線に近くなりました(コーナー角が緩くなった)
天栄坂路
聞いた話を元に適当に作ったイメージ図(赤が旧コース、水色が新コース)
この改修により時計(ラップ)の出方もこれまでとは違ってくるんではないかとのこと
直線に近いほど競争馬への負担は少なくなると思われるので、この改修は間違いなくプラスでしょう!

常に変化や進化を続けていくNF天栄
そこに何時間も身を置けるのはシルクツアーくらいのもの
徒歩で歩き回れたり、坂路を駆け上がったりできるのもシルクツアーでしかないでしょう
ましてや場内でBBQまでできるなんて・・・!?

参加するっきゃないですよ!!!
参加しましょう・・・そして徳を積みましょう・・・さすれば道が開けるのです・・・

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ

シルク 3歳牡馬(ヴァンクールシルク・ナイトバナレット・サーブルノワール)

ヴァンクールシルク
ヴぁんくー3

2017/03/24 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「その後も右トモの歩様は徐々に改善されてきていますが、まだ少し気になるので、無理はさせていません。それでもこの中間は、周回コースで軽めの調整を始めました。ペースは遅いですが、時間をかけてじっくりと乗り込み、体調維持に努めています」馬体重586㎏



ナイトバナレット
ないばな3

2017/03/22 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:中山4月8日 ニュージーランドトロフィー(GⅡ)〔中谷雄太〕

助手「正直勝ち負けを意識していただけに、あそこまで負けるとは思いませんでした。もう少しプラス体重で出走できると思っていましたが、輸送で少し減ってしまいました。でも、競馬場に到着してから飼い葉をしっかり食べてくれましたし、状態に関してはいい状態でレースに向かうことが出来たと思います。ただ、前走のジュニアカップの時と比較すると、妙に大人しく、パドックを周回していてもガツンと来るところがありませんでした。レースを終えてからも、疲れている様子はなく、ケロッとしていたぐらいですから、まったく力を出し切っていない感じでした。一度使って気持ちが乗ってくると思いますし、ニュージーランドトロフィーで巻き返せるように調整していきたいと思います」



サーブルノワール
さぶのわ3

2017/03/22 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:2回東京開催

小島太調教師「競馬の後、左前脚を少し押さえたので、レントゲン検査を行ったり、蹄の状態もよくチェックしたのですが、どこにも異常は見られませんでした。ところが翌日になって左前の球節の上の方がボッコリ腫れてきました。再度、レントゲン検査でも異常はないので、打撲だと思います。3コーナー辺りで急にステッキが入ったところを見ると、おそらくあの辺りで自分の右脚を左脚にぶつけて止めようとしたのだと思います。蛯名騎手も違和感を覚えたようで最後はあまり追っていませんでしたからね。これが今回の敗因だと思います。今はまだ腫れは残っていますが、歩様は問題ありません。牧場ではすぐに乗り運動を行えると思いますよ」


ヴァンクールシルク
ゆっくりとじっくりと調整中
復帰は府中か新潟か?
勝ち上がった新潟でも良い気はするんですけどね
現在改装中のNF天栄の坂路はコーナーを緩やかに直線に近くなったとのことで、今までよりトモへの負担が軽くなるかなと
NFしがらきは直線坂路、NF天栄はコーナーがあるため片方に少なからず負担が掛かってたらしいんですよね

ナイトバナレット
結果を出した中山マイルで復活を図る
前走は何が原因なのかは分からない・・・が、今にして思うと中京1400mが向いてなかったのかなと
中谷騎手がレース直後に言った「負けすぎ」という言葉が真実を捉えているなと
ナイトバナレットにしては負けすぎなんですよ・・・出資者贔屓も入ってますけどw

サーブルノワール
なるへそ・・・
終始促しながらで中山のペースに合ってなさそうなのは間違いなさそうですが、あのモデルウォークが影響してぶつけてもいましたか(´・ω・)シャナリシャナリ
次走は好走した東京開催とのことでペースも経験しているし問題ないでしょう!
あとは使いつつ良くなってきたので放牧を挟んでどうなるか、ですね

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ