2017年04月04日の記事 (1/1)

大寒桜賞は2着!未勝利戦は12着。。。

ブラックジェイド
じぇいどさん

★3/25(土)中京・大寒桜賞(芝2200m・混)太宰啓介騎手 結果2着
「1角に入る際に少し外側へヨレてしまいました。着差が着差だけに非常に悔やまれます。この中間は走りにメリハリを利かせる稽古を重点的に行ってきましたが、溜めてキレるタイプではないと思っていましたので、スタートから意識的に積極策でいこうと決めていました。本当に馬は頑張ったと思います。本質的にはトモの使い方などからダートにより適性の高さがあるように感じますが、馬がパンとしてくれば芝でも十分にやれると思いますよ。今日は乗せていただいてありがとうございました」(太宰啓介騎手)

「久々の競馬でも仕上がりに不安はなく、芝適性だけがどうかと見ていました。切れる脚を使うタイプではないため、鞍上も前々で運ぶ腹づもりで乗ったと思いますが、道中それほど楽なラップで逃げていたわけではなく最後までよく頑張ってくれた。レース後は木曜日から坂路コースに入れて調整していますが、ダメージもそれほど感じられず、一度叩いたことでピリッとした面が出て上積みを感じられる動き。さて、次走はどうしたものか悩みますね…。時期的に芝路線を捨て切ることはしたくないものの、乗り役の意見や私の見立てからは、平均ペースで長くいい脚を使えるタイプのため、ダート戦の方がより上へ行く近道ではないかと考えます。皮算用になるけれども、上手く賞金を重ねられればブラックにとって大井のダ2000m(7/12のジャパンダートダービー)なんてまさにピッタリくるイメージ。ひとまず、次走は芝・ダートともに適性距離の番組が組まれている3回京都開催の開幕週(4/22.23)に照準を合わせます。どちらを使うかはギリギリまで吟味して決めましょう」(昆貢調教師)



アーネストホープ
あねすとさん

★4/02(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m)松岡正海騎手 結果12着
「前回よりも状態は良かったですし、幼さもだいぶ抜けてきたと思いますよ。位置取りも悪くないですし、流れに乗るまではいいのですが、向正面では手応えが怪しくなり、終いはいっぱいいっぱいになってしまいます。体力がついてくれば変わってくると思いますし、次は芝の長いところを試してみるのが良いのではないでしょうか」(松岡正海騎手)




2着と12着、どうして差がついたのか...慢心、環境違い

どっちも勝ってないやんけ!(゚д゚)クワッ
なんて贅沢なことは言えませぬ

初芝挑戦で2着は立派です(´∀`*)
それもあと少しで勝てそうでしたしね!!
次走は、ダート戦・芝戦を両睨みムムム
4月22日・ダ1800m(500万)・4月23日・芝2400m(あずさ賞)
2400mをこなせるほどのスタミナは持っているのか・・・

燃やせ内臓脂肪!!進めブラックジェイド!!
そういえばスタミナお化けみたいなコメントが以前あったようななかったような・・・

アーネストホープ・・・どうしてしまったんだ・・・
やっぱムチャだったんだよ・・・放牧後1回の追い切りでレースじゃあ・・・
時にレースのことを調教替わり(良い意味でも悪い意味でも)と揶揄することもあるけれど、まさにそんな感じでした(・ω・`彡 )з
元々、福島を使う予定なのにどうして中山で使うのか・・・
新馬戦(6着)と同じ条件かつ成長分でで掲示板(優先出走権)を取ろうとしたんですかねー
金曜日の中舘先生のコメントが待たれます
血統的に唯一走れるだろうと思っている福島・芝2600mは4月23日の1レース(未勝利戦)のみ
うーん、これは出れないんジャマイカ?(節的に)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト