FC2ブログ

2017年07月02日の記事 (1/1)

シルク 半年振りの重賞勝利はラジオNIKKEI賞の連覇

セダブリランテス0702

これはストレスフリーですわ(゚∀゚)

なお、抽選で外れた人は・・・(924口応募)

当時は実績ボーダーの発表はありません(昨年から)
それでも16年度に当てはめてみると・・・
セダブリランテスことシルクユニバーサルの14の924口は上から9番目
16年度の9位はトゥハーモニーの15(1052口)で1,528,000円でした
ちなみに8位ブラックエンブレムの15(1053口)で692,000円
10位はプリティカリーナの15(971口)で1,316,000円

3頭の平均価格だと1,178,666円
おそらくボーダーは120万円くらいだったのではないかなと

ぶりらんてす
セダブリランテス1月12日生
父ディープブリランテ(5歳時)
母シルクユニバーサル(13歳時)
母父ブライアンズタイム
白老ファーム

隆々とした筋肉や、骨太なうえに伸びやかな骨格を有する馬体は、バランスよくまとまっておりさらに品格も漂います。その走りは力強さとしなやかさを併せ持ち、馬群の中で圧倒的な存在感を示しています。どっしりと構えた気性ながら、反応の鋭さに凄みがあり、父の種牡馬としての船出に華を添える活躍を期待せずにはいられません。



うーむ、正直自分のストライクゾーンからは外れています
馬体も動きも良いのは間違いない
ただ1月生まれなので割り引いちゃったんですよねー
1月生まれの牡馬はなぁ・・・と
でも、シルク牝系(それも直系)なのでそんな裏を読むようなことはしなくてよかったんですよねw
まぁ、同じディープブリランテ産駒のナイトバナレットに申し込んだというのも大きいですかね(5月生まれ)
新種牡馬にそれも同性に2頭はなかなか踏み出せない(年5頭出資)
そこまでディープブリランテに思い入れもありませんし(あ

その点16年度はロードカナロア産駒に2頭出資しているのは思い入れがあったからと言えるでしょう
うん、今は関係のない話やったンゴ(^ω^)
言うて、ナイトバナレットもOPを勝ってG1にも出走していますしこの世代のブリランテ牡馬は両方良かったのだなと⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

シルクのセダブリランテス
キャロットのリカビトス
とノーザングループから2頭の有望な産駒が出てきました
最初こそ1400mくらいがベストの種牡馬ではないかと言われてましたが、ここにきて中距離で強い馬が出ましたね

また今回の勝利で石川裕紀人騎手が重賞初勝利とダブルでめでたい!!(゚∀゚)
石川騎手にはウォリアーズクロスを勝ち上がらせて頂いた以来応援していたので嬉しい限り
このままセダブリランテスと一緒に成長していって欲しいですなぁ(´∀`*)

一口5万円と4万円(7月3日訂正)の牡馬2頭(グレンツェントセダブリランテ)が今年重賞を勝ちました(東海S・ラジオNIKKEI賞)
前年より1000万近く平均価格の上がった16年度募集はこれに当てはまるかは分かりませんが、平均価格が例年並みに落ち着いた17年度は狙いどころの価格帯なのかもしれませんね・・・ゴクリ
一口5万円の牡馬
リードストーリーの16(父ダイワメジャー)・・・尾関知人厩舎=NF

1頭しかおらんやないかい!(゚д゚)

訂正:グレンツェントは一口40,000円でした○| ̄|_
・・・これで候補馬が増やせるね(ニッコリ)
アンティフォナの16(父キンシャサノキセキ)・・・古賀慎明厩舎=白老
ポーレンの16(父ジャスタウェイ)・・・武井亮厩舎=白老
アンナヴァンの16(父シンボリクリスエス)・・・吉村圭司厩舎=NF
スカイクレイバーの16(父ヘニーヒューズ)・・・高野友和厩舎=NF

ちなみに前年のラジオNIKKEI賞覇者のゼーヴィントは一口10万円
サマーハの16(父ゴールドアリュール)・・・藤沢和雄厩舎=NF
ヒッピーの16(父ハーツクライ)・・・池江泰寿厩舎=NF

これは・・・あるな(^ω^ ≡ ^ω^)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト