2017年08月10日の記事 (1/1)

どう心と懐とクラブに折り合いをつけるか?

それらしくタイトルを書きましたが全く心に響かない内容になるのは確定的に明らかです、本当にありがとうございました

今回のシルクドラフト

ネット界隈、あくまでネット界隈では悲喜交々の悲の部分が目立った
どうして

それは当然のことで悲の前で喜を表すことをあまり良しとしない文化というか雰囲気があるからだと思われる

喜の人は「そうだよね・・・。悔しいよね・・・。この制度ってヒドイよね・・・。」と同調すること余儀なくされている(妄想)
当選している(恩恵を受けている)のにもかかわらず
まぁ、来年は我が身に降りかかりうる事なので他人事ではないのはたしか
とは言え、せっかく当ったんだから喜びたいんじゃあああああああああああ!!!と思っているそこのあなた
やっほい

存分に喜びましょう!!(゚∀゚)
心の中で(あ
外で(ここでいうネット上で)節度を持って喜ばないと良い方へ転ばないのは間違いのない事実
TwitterやFacebook、Instagramで大っぴらに喜びまくるのは外聞がよろしくない
鍵を掛けるか喜びを発散した瞬間に消しましょう(え
これら一連の消しは甘えではありません、繰り返します甘えではありません

そして悲の方々・・・
この度はなんと言葉を掛けてよいのやら
1.5次があるじゃんとか、シルクは売れ残りが云々は火に油を注ぐ行為なのは把握してます
自発的にそう発想転換なさる方には問題ないでしょうが、このドラフトに賭けていた、申し込んだ馬に心底惚れていた方々はそういう問題じゃあないんや!!!と思われることでしょう
なんの慰めにもならないことをブロガーは肝に銘じておくべきだなとワイ思いました(戒め)
どらえもんさん

ならばどうすべきか?
キャンセルを生み出すしかない( っ・∀・)≡⊃ ゚∀゚)・∵.グハァ
冗談です、笑えなさ過ぎる冗談でした
でもそれしか解決方法ってないよねと思ったり思わなかったり

建設的な方々はすでに来年度以降の話をしている模様
今年のことは忘れるに限る・・・くさい物には蓋をしよう

最優先を導入すべしが意見としては一番多いですかね?
約10,000人の会員数を持つシルクで65頭(32,500口)の募集馬
それぞれが最優先で1頭を選択・・・とんでもないことになりますな
会員の方々が空気を呼んで上手いこと嗜好がバラけて、多くて3口以内かつ何頭も申し込まない
・・・厳しくないすか?
次に求めるのは優先出資権なのは明白(1,2年は我慢できてもそれが続くとどうしてもね)
がしかし、現ストレスフル状態を劇的かつ早急に緩和させるのは最優先が最右翼でしょう
もちろん出資できない可能性はありますが、自分を納得させやすくなりますよね(脱ストレスフル)
ぱんだ

次はなんでしょうか?
ノルマン方式の満口以上は強制1口化ですかね
自分的にはこれは苦手なんですよねー( ゚Д゚)
言うて基本1口出資なので恩恵を受けるのみなのですが、1頭の申込口数ってその方のアイデンティティとはさすがに言い過ぎですが譲れないものだと考えているんですよ
そこを歪めるのには抵抗を覚えるわけです
「なら出資を取りやめればええやんけー」というのはナンセンス
その口数でその募集馬が欲しいという気持ちは他の人が触れるべきところではない、たとえ胴元(クラブ)だとしても
なお、クラブが弾く分にはなにも文句はないもよう

結局、募集馬を所有したいのかリターンを得たいのかで別れるのかなと
惚れた募集馬に出資して身近で応援して行きたいという方にとっては1口で全く問題ないわけです
本来では味わうことの出来ない馬主という立場を形なり(口取り・見学)とも味わえます
POG(基本無料)では味わえない興奮と後悔と感動が得られます

ただ金融商品としてリターン(配当)や他の出資馬とのバランスを考えて出資する方には1口では物足りない
3頭出資していると仮定して1頭が活躍してくれれば他2頭分の維持費や出資金を回収できますしね
これはこれで一口馬主として間違っていない行動です
てるにきさすがやで
あっ・・・(察し 5年連続5回目ェ・・・

悲しきかなシルクには500口という口数上限が存在します
最大でも500人しか出資できません
10,000人が出資したいと思っても9,500人はどうやっても出資できません。゚(゚´Д`゚)゚。

10,000・・・うっ頭が・・・バヌーシー

10,000口じゃあ足りんのです!|ω・`)
50,000口クラブにしましょう!!

例えばサマーハの16(5000万円)
500口なら10万円でも50,000口なら1,000円です
ここで重要なのは出資額ではありません!
出資しているという所有欲を満たすことができるということが重要なのです!!
たとえ50,000分の1でも出資者という立場なのは変わりません
口取りは滅多に当らないかもしれませんがそれは今でも同じ
見学などの心配はそこまでしなくて良いでしょう、分母(会員数)は変わらないので
これじゃあ勝っても配当が・・・なんて考えちゃあいけない
あくまで出資欲、所有欲を満たすだけの施策
1人1000口まで出資可能(実績枠で30,000口)とかにすればなんとかなります(適当)

50,000口なら夢の全募集馬出資も十分に可能ですよ!!
・・・現実味がないのでここで終わっておきましょう
(『ヒカルの碁』第146局 『ヒカルの碁』の編集部会話の画像をイメージ)

自分がやって欲しいなと考えるのは、500口すべて実績制
過去3年なんてケチくさいこと言わず入会してから出資馬全て含めちゃいましょう!(再入会の場合は以前のものは含めず)
これなら新規優遇なんて疑惑が湧く余地が一切ありません!
古参会員(長らくシルクを支えてきた方々)さんもニッコリ
この間からこれまで支払ってきた月会費・・・加えちゃいましょう!(1年38,880円×入会年数分)
20年選手なら777,600円分の実績がプラスされます!(゚∀゚)ムカシノゼイリツナンテキニシナイ
口数制限もね、現行通り300口までは10口、残りは5口とかにすればいいかなと
そんなに10口買いまくる人は多くないはず・・・(フラグ)
永年実績なら維持のためノルマのように毎年積む必要はなくなりますしね(´・ω・)
・・・そこはそこで勝負がありそうですが触れません(触らぬ神になんとやら
必要になる実績ボーダーも下がるのは間違いない
ただ抽選の余地がないので少しでも足りなければノーチャンスです
1%の可能性も残っていません
0%です
永遠に0%です⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
ぜっろ

ここからはワイのシルクドラフトの対策です
自分は1次募集と通常募集は別物と考えております
通常募集で取れそうな募集馬には申込しません(実際してますがw)
1次募集時は抽選の対象になりそうな募集馬かつ支払える限界まで応募します
そして通常募集で似たタイプというかこの募集馬が取れなかった場合この募集馬に出資するという考え方です
様子見もしません(即ポチです)
ここ数年の傾向として自分は様子見するとその募集馬に出資しないんですよねw
ですので、昨年はこの募集馬を様子見してます系の記事は投稿してない・・・はず
なので「いいな」と思ったら成長すること願って出資申し込みます!
そしてその募集馬たちに出資できるとその年度の出資に対して一定の満足度が得られるのでストレスフルになることはないです
落選した瞬間にその募集馬への執着というか思い入れもなくなるのも良い方へ向かっているのでしょう
逆にどんな経緯をたどろうと自分と縁のできた馬へ愛情は向きますし、手に入らない馬のことを考えても生産性がないです
ゼロです(永遠のゼッロですわ)
えいえんの

今年の場合は、
ラッドルさんは確定
そこから枝分かれして、
ルシルクシルクユニバーサル両方Xならウイングステルス
ラッドルチェンドルシルクシルクユニバーサル落選)ならラッドルチェンド買い増し
ラッドルチェンドシルクユニバーサルルシルク落選)ならやはりウイングステルス
と計画しておりました
なんだかんだで牡馬牝馬1頭ずつは出資しておきたいですからねー
全頭出資が叶い最良の結果となりました(感謝感謝)
こんうれ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト