2017年09月07日の記事 (1/1)

プリモシーンが17日、ラソワドールが18日

シルクの2歳世代が連日で出走の予定!!
16日キムテツ厩舎・サラーブが登場しますし、重賞には3歳馬ですがセダブリランテス
シルクは中山での固め打ちを密かに狙っているのやもしれません(大松「全然隠せてないぞ」)

その中で出資馬のプリモシーンは戸崎ング、ラソワドールはルメールJと必勝態勢

プリモシーン

2017/09/07 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで6日に時計
次走予定:9月17日の中山・芝1,600m(牝)〔戸崎圭太〕

木村哲也調教師「6日に南Wコースで時計を出しました。3頭併せの後方から追走し、直線は最内に併せて同入しました。先週同様、ハミを取ったり抜いたりとまだ不安定なところはありますが、最後まで楽に動いていましたし、能力は高いと思います。来週のデビュー戦の鞍上は戸崎騎手にお願いしました」


ラソワドール

2017/09/07 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター
次走予定:9月18日の中山・芝1,600m(牝)〔C.ルメール〕

戸田博文調教師「トレセン到着後は軽めの調整で様子を見ていましたが、競馬の疲れはすぐに取れましたし、引き続き脚元も問題ないので、このまま続戦したいと思います。精神的にもテンションが上がることなく平常心を保っており、その点では本当に調整がしやすいですね。来週の中山・芝1,600m(牝)を予定していますが、ルメール騎手が空いていたので依頼しました。今週は8日に時計を出す予定です」


2頭とも調整は順調そうですね!
プリモシーンは帰厩後の数字も素晴らしい、これはA評価に違いない(大松「どこかでみたぞ」)
レース前に一度戸崎ングには乗ってもらいたいところですが・・・難しいっぽいですね(戸崎ングはデビュー前に乗らないとの話)
気性面が常々心配されておりますが、気が強いのか臆病なのか?
お母さん譲りなら後者なのですが、近況を読み返すと前者っぽい気がするんですけどねw
いずれにせよ新馬戦は自身との戦いなので力を発揮できるよう願うのみ(´ω`人)

ラソワドールは中2週で中山に登場
初の中山、初のマイル、初の牝馬限定、初のルメールと初尽くし
牝系的にもマイルはどんとこいですし、牝馬同士なら抜けてると思うんですよね(出資者贔屓)
また芝で勝ち上がれればこの先の選択肢も増えるので期待したいですね!
新馬戦はレイエンダ、2戦目はノーザンクリスラソワドールと一緒に走っていました
どう乗りたいか、どう乗ればよいかというイメージは作りやすいんじゃないかと(VTRで観るだけよりも)
ここで決めたい(゚∀゚)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト