FC2ブログ

2017年11月06日の記事 (1/1)

アルジャンテ 頼れるセンターへ成長(感涙)

DSCF8228.jpg

2017/11/06 <レース結果>
 11/5(日)東京8R 3歳上1000万下〔芝1,600m・13頭〕優勝[2人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は7番手あたりを追走、4コーナーから進路を外に取りつつ徐々に促して行き、直線に向いて追い出されるとジワジワと脚を伸ばし、内で粘る2,3着馬をゴール前できっちり交わして、約1年振りの勝利を挙げています。

戸崎圭太騎手「道中はいいポジションで流れに乗って、リズム良く運ぶことが出来ました。直線で追い出しに掛かるとしっかりと脚を使って、よく差し切ってくれましたね。少し促し気味なところがありましたから、もう少し距離が延びても対応できると思いますよ」

尾関知人調教師「あまり後ろからの競馬になってしまうと、届かない可能性もありましたし、ジョッキーには中団くらいで運んで欲しいと伝えていたのですが、その通りのポジションで進めてくれましたね。道中は少し左に寄るようなところがあったみたいですが、直線で右手前に替わると真っ直ぐ走れていました。東京コースだと最後の直線で右手前に替わる分、安心して観ていられますし、どちらかと言うとシュッとした脚を使うというよりはジワジワ伸びてくるタイプですから、直線が長いというのもいいのでしょうね。それに年を重ねるに連れてレースでは落ち着きも出てきて、この距離でもしっかり結果を残すことが出来たというのも収穫だったと思います。この後はレース後の状態を見て、今後の方針を決めていきたいと思います」

まとめて面倒をみました(゚∀゚)


約1年ぶりの勝利を目の前であげてくれました!!!
最終コーナーをまわり追ってもなかなか加速できなかったところでは正直ダメか・・・と思いましたが、坂を登ってからの脚は素晴らしかったですね
前半1000mが58.5というペースの中で先団にいた3頭が2,3,4着のレース
それを中団から全頭ぶっこぬいたアルジャンテはこのメンバーだと頭一つ抜けていたのかなと
長く良い脚を使うタイプなので小回りよりは大箱向きなのは確定的に明らか
また右回りと左回りでのパフォーマンスに差があり過ぎィ!!なのも特徴ですねw
府中、新潟、中京がこれからも主戦場になっていくのでそうなあ(あと1年と少しですが)

レース後、シルクスタッフさんに状態を聞きますと、
・すぐに息が入りケロっとしている
・そんなに力を出していないのではないか?
ともしかしたら続戦あるか?という内容でした(´∀`*)

「ただ適当な番組がないんですよねぇ・・・」という言葉も(あ

アルジャンテのパドックを観て自分が感じた印象としては、余裕を残しての仕上げじゃないなというもの
入場直後はあんまり元気がなさそうな感じで「うーん大丈夫かいな?馬体重も±0やしなー」と言ってましたねw
しかし周回を重ねるごとに気合が入っていきまして、最後の方は大外を勢いよく歩いていました(チャカついたりしているわけではない)
帰宅後に録画していたGCをみると注目馬に選ばれておりませんでしたが、最初の方だけの映像で判断しているのならば致し方ないかなと(時系列的にそうなると推測)
それくらい最初と最後ではアルジャンテの印象が違いました(^ω^ ≡ ^ω^)

DSCF8095.jpg
撮影:スペキチ君
スタートも遅れませんでしたし、道中も折り合えていました
このレースができるのならば距離は問題ないですね
1800mや2000mまで守備範囲を拡げられると選択肢がすごく増えるので、是非ともその方向で進めていただきたいなあ

これで1600万クラスへ復帰を果たしました٩( 'ω' )و
降級後なので何というか本物感がありますよね(ニッコリ
オトウットのナイトバナレット(3歳)も現在1600万クラスではありますが、まだ顔じゃないというか厳しいやろなあ(´・ω・`)
腰を据えて1600万クラス、その先へ挑戦する権利を得たって気持ちですな(ラストアイドル的な)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト