2018年02月06日の記事 (1/1)

アルジャンテ 怒涛の追い込みも4着

あるじゃ節分

2018/02/05 <レース結果>
 2/3(土)東京11R 節分ステークス〔芝1,600m・16頭〕4着[4人気]

まずまずのスタートを切るも、他馬と接触する場面もあって行き脚が付かず、後方2番手からやや促しながらの追走となります。直線は外目に出して追われると、ジワジワと前との差を詰めますが、僅かに及ばず差のない4着でゴールしています。

田辺裕信騎手「もう少し前のポジションを取りたかったのですが、スタートがあまり速くないですし、その上すぐに挟まれてしまい行き脚が付きませんでした。でも前半の手応えがあまり良くなかったので、スタートがスムーズだったとしても位置取りに大きな差はなかったかもしれません。急がせると終いは甘くなると思いましたから、直線勝負に賭けたのですが、終いはいい脚を使ってくれました。追い切りに乗せてもらった時の印象よりも良かったですね。パワーのあるタイプではないので、Wコースよりも実戦に行っていいということでしょう。この馬場状態も苦にしませんでしたが、距離はもう少し延ばしてもいいと感じました」

尾関知人調教師「スタートは元々速くないとは言え、集団の後ろぐらいには付けられると思っていたのですが、思ったよりも行けませんでした。あとでパトロールビデオを見直したら、スタートからかなりぶつけられて外に弾かれているんですよ。あれではあの位置取りになったのも頷けますね。直線はしっかり伸びてきているので、最初の位置取りがもう少し良ければ、もっと際どかったかもしれません。プラス14㎏でしたが、放牧先からかなりフックラして戻ってきましたし、時期的なこともあるのかあまり絞れませんでした。でも追い切りはしっかり行っていたので中身はできていたと思います。スタート後にガチャガチャしてしまったので、馬体に怪我がないかどうかよくチェックしてから、今後の方針を決めたいと思います」


いやー際どい。紙一重。

帰厩前の馬体重は過去最高の505㎏
480㎏くらいまで絞れてるといいなーと思ってました
結果は前走から+14㎏の472㎏
全てが成長分とは言いませんが、結構仕上がってるなと感じました
パドックで観た印象も太め感は感じず、これまで観てきた中でも一番と言ってよいかなと
正直勝ち負けだと思いました

当日の馬場を考慮しなければ(あ

いつものように出遅れたら厳しい
勝ってるときはいずれも一桁台の位置で競馬をしてきたアルジャンテ
理想は昨年の神奈川新聞杯みたいなレース

出遅れはしませんでしたが行き脚がつきませんでしたー、残念!!
仕方ない
これは仕方ないンゴよ
正直あの位置で競馬をしているのを観ていて惨敗するんやろなあと思ってましたものw
そこからこの日唯一の33秒台の脚を使って僅差の4着まできてくれましたからね
このクラスで勝負できる実力をつけてるなと確信が持てました(゚∀゚)

距離もマイルに拘らず1800mや2000mにも挑戦して欲しいですね
1400mや1600mだけだとどうしても番組に限りが出てしまいますからね・・・(左回り専、1600万クラス)
とかなんとか書きながら次走の第一候補は中京芝1400mのトリトンSと予想しておりますw

DSCF9945.jpg
(撮影・提供 スペキチくん)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

ラソワドール 追い込むも届かず5着

らそわ春奈

2018/02/05 <レース結果>
 2/3(土)東京9R 春菜賞〔芝1,400m・15頭〕5着[3人気]

五分のスタートを切ると、中団の内からやや促しながらの追走となります。直線で外目に出して追われるとジリジリと前との差を詰めますが、上位陣には及ばず5着でゴールしています。

田辺裕信騎手「この距離は忙しいですね。本当は脚を溜めたかったのですが、離されてしまいそうだったので、あの位置取りをキープするために促していくしかありませんでした。直線もそれなりに頑張っているんですけど、前半で脚を溜められなかった分、前走のように伸びきれませんでした。でも返し馬の感じなど前走よりも良かったですし、状態は上向いていると感じました」

戸田博文調教師「この距離では忙しくて付いていけないですね。抱えているところがなかったですから、直線は前走ほど伸びませんでしたし、最後は後ろからも差されてしまいました。田辺騎手ももっと脚を溜めたかったようですが、仕掛けていないと間に合わないぐらいでしたからね。牝馬限定戦ですし、東京コースなら大丈夫だと踏んでいたのですが、思ったよりもこの距離に対応しきれなかったようです。マイルの未勝利戦を勝った時もルメール騎手は『距離はもう少し長くてもいい』と話していたぐらいですから、次は中山で芝1,800mぐらいを試してみてもいいかもしれません。レース後の状態を見てから、次走の予定を決めたいと思います」


うーむ、不完全燃焼感が・・・
距離もありますが、東京コースもそこまで得意ではないのかもなあ

あの位置取りでしたのでこの結果は仕方ないのですが、サウンドキアラに交わされたのが悔しい
ラソワドールの守備範囲はマイル以上なりそうですね
次走は中山芝1800を試すとのこと
自分もこの条件が合っているのではないかなと思っています(ニッコリ

2月25日(牝)、3月25日、4月8日デイジー賞(牝)、4月14日山藤賞が該当します
間にフラワー賞もありますが・・・戸田先生なら自己条件使うと思うんですよねw
状態は上向いているようですし続戦か?
はたまたソエ明けを考慮して一旦放牧か?

近況の更新が待たれます

DSCF9589.jpg
(撮影・提供 スペキチくん)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ