シルク ヨットマンを引く男の募集動画の見方

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


つまり、参考になりません。

ではなぜ書くのか?
現在の見方は来年にはおそらく忘れていると思われる。
実際に去年と今年(現在)では見ている箇所が全く違います。
ならばまだ覚えている内に書き残しておいて、来年の今頃にまた見返そうかなと(多分見返さないw

今回は唯一の勝ち上がり出資馬であるクードラパンさんで見ていきたいと思います。

後ろから。

後ろからキ甲が見え隠れする馬が好き。
中心線を引いて左右にブレずに歩けていると嬉しい。
踏み込んだときにあんまり飛端・飛節がガクンガクンしてないといいな。
蹴り出した後に蹄の裏がキチンと見える。
感覚なんですか後ろからの映像でスピード感がある動きをする募集馬が好きです。

横から。

前へ前へという気概(なお雰囲気)
クビの動きは直線的ではなく上にいって↑グッと下がる↓。
肩の出がスムーズな方だと走れる距離が伸びそう。
繋ぎのクッション性は大事(確信
ただ柔らかいだけでなく、芯というか反発が欲しい(アルデンテ
踏み込みが深いとなんとなく期待感が出る(謎
背は全く動かないよりも少しで伸縮してくれてるといいなぁ。
基本的に動きようのない骨格ではあるんですがねw
腰から尻にかけてが上下に動き過ぎない。
背に動きがあるのと腰が下がって引っ張られているのは違う?
なお、正直に言うと見分けが付かないのでほとんど直感の模様。


前から。


首が上下にリズム良く使えているとテンションが上がる。
中心線から左右にブレない(腹は大抵タプンタプンしてるので気にしない
トモが左右からこんにちはをしないと嬉しい。
脚が内からも外からも出ていないと安心できる。
真っ直ぐに出ていると将来は走るフォームが綺麗な気がする。
球節から繋ぎ、蹄の動きが真っ直ぐだといいなぁ。
この時期はまだ化骨もそこまで進んでいないのでグラつくこともある?


つらつらと書いてきましたが一番観るのは「横から」ですかね。
今年に入ってから重要だと思い気を付けて観ているのが「前から」。
「後ろ」からの映像が一番情報があるよ、という玄人っぽいことを言ってみたいお年頃。
なお、そんな意見を特に聞いた覚えはありません。
でも、馬によって勢いというかスピード感があるんですよねー。
十中八九勘違いでしょうけれどw


たまにあげていた良くみえた募集馬はここまでしっかりと観れていません。
本当に1回目での感想からの選出です。
このときに観ているのは主にクビの使い方やスピード感。
後ろからは、飛端・飛節を確認してからキ甲が見えるか。
背の部分を中心にぼんやりと全身(腰・尻、繋、踏み込み)を観ています。
前からは、脚の動きを観るだけで精一杯。
何回も見返すたびに左右ブレやパーツパーツで観ていく感じでしょうか?


でもですね、やっぱり木を見て森を見ずはいかんと思うわけですよ。
全体のバランスが一番大事なのかなというのが今のところの結論ですw



以上、「間違いだらけのウマ選び 2015」
特大赤字 まつりねでした。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック