最悪の事態を想定した馬選び@シルク編

近々発表される実績ボーダー(満口馬のみ発表)

一縷の望みに掛けるワイの銭闘力は53万です
i320.jpg

まぁ、無理ッス!!

抽選枠の神様に祈るだけです。

外れてからアタフタするのも一口の醍醐味(白目)
今のうちに候補を絞っておいてより苦しむようにしましょう(ニッコリ)

電話争奪戦に参戦する方は特に苦しむことになるでしょう!フハハフハハ

今年はネット受付が15時からと遅いので開始前に数頭売り切れているのは覚悟しとかないと・・・ですね。
勝負は電話開始の10時00分から14時59分まで。
大口の申し込みも入るかもなのでうかうかしていられませぬ。ぐぬぬ

繋がった時のためにあらかじめ準備(売り切れていた時の次の弾)をしとかないと無駄運使いになってしまいんす・・・。
大松「繋がらないから大丈夫だぞ。」

ということで今回は申し込みが外れた場合の代替馬の候補を挙げたいなと。
現状、一番欲しい馬はメジロフランシスの15
その代わりになる馬はいませんが、面白そうだな~夢を見れそうだな~と思える募集馬が1頭。
55.jpg

ミュージカルウェイの15 [父 エンパイアメーカー:母 ミュージカルウェイ]
在厩場所:10月4日(火)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧を行っていました。父特有のしっかりとした骨格に恵まれ、当歳の頃から雄大かつバランスの整った馬に成長しました。大型馬ながらも、ありがちな重苦しさはなく、放牧地ではパワフルかつ手先の軽い走りを見せてくれています。エンパイアメーカー産駒ですが性格も大人しく、人に対して従順で扱いやすい馬です。馴致も順調に行うことができ、馬房内で跨るところまで進めていました。順調に育成厩舎へ移動することができたと思います」馬体重522㎏

募集価格は一口14万円とエンパイアメーカー産駒としては高額であるが、メジロフランシスの15よりは6万円安い。
厩舎も池江厩舎と文句なしですし、厩舎内競争も路線で被る馬は少ないでしょう。
逆に手薄なところを補う形で重宝されるかもしれません。
懸念点はまだ腰高なのに522㎏あり、さらに大きくなりそうなところ。
前脚もそこまで丈夫そうにはみえないですし、色々な意味でリスクは高いのは間違いない。
がしかし、それ以上の魅力を感じる1頭でメジロフランシスの15にご縁がなければ電話します。

今回自分が申し込んだ中で最も厳しい抽選となるであろうモシーンの15
ディープインパクト産駒を補うにはディープインパクト産駒を。
ただ条件もありましてメジロフランシスの15が運良く出資できればこの選択肢は消えます。
お金は無限じゃないからね(ゲッソリ)
2.jpg

メジロツボネの15 [父 ディープインパクト:母 メジロツボネ]
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「順調に放牧を継続して行っています。放牧地では軽い脚捌きのキャンターを見せており、他馬と元気に走り回っています。普段は落ち着いていて、日常での扱いに困ることはありませんね。背慣らしや洗い馴致でも受け入れが良く、人の指示に対する従順な姿勢が見られ、スタッフからも好評ですよ。育成厩舎へ移動してからの調教もスムーズに進んで行くと思います。尾関先生も『バランスの良い馬ですし楽しみです』かなり期待されていましたし、その尾関先生は先週のスプリンターズSを制して今最も勢いのある厩舎ですから、本馬も大きな舞台に導いてくれることでしょう」馬体重430㎏

ディープインパクトx尾関厩舎はアルジャンテと同じですので心強い。
私事ですが落札日が誕生日というのもデカいw自分と同じ誕生日なんて南半球産しかいないので・・・
適正は芝・マイル以下とみていてレッドファルクスサクラゴスペルなどの短距離馬を育てている点も良いですね!
・・・なぜ1次でいかなかったのか小一時間問い詰めたい。

仮にメジロフランシスの15が当選し、モシーンの15が当然のごとく落選した場合は即日申し込みたいのが、ウイッチトウショウの15
49.jpg

ウイッチトウショウの15 [父 ダイワメジャー:母 ウイッチトウショウ]
在厩場所:10月4日(火)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは日中放牧を行いながら、ウォーキングマシンと馴致を併行して進めていました。ダイワメジャー産駒らしく、非常に前向きな性格を持っていますが、人に対しては従順で馴致も順調に進めることができました。食欲旺盛で、体も腹袋がしっかりしていて充実著しいです。兄のトウショウドラフタが早い時期から活躍して重賞タイトルを獲得しているように、本馬も2歳戦から始動し重賞戦線を賑わすような馬に育ってくれると思います」馬体重496㎏

ルシルクの15を2口かこの仔をいくか最後まで悩んでました。
結果はルシルクの15の方を選んだわけですが、結果的に抽選入りしたので確保の意味ではウイッチトウショウの15を選んでおけばなと後悔しておりますw
馬体・動きは間違いなく良いです。なんで満口nならなかったんだろー不思議だなー(棒)
関西厩舎のためなかなか競馬場で応援できないのが難点ですね(スットボケー

こんなに人気を集めるかねーと震えているトゥハーモニーの15
いって600口くらいの微抽選でしょと高を括ってた過去の自分をぶん殴りたい気持ちです。
しかし、結構な抽選になってしまったものは仕方ありません。
ロードカナロア産駒は全頭満口ですので、ロードカナロア産駒から候補を探すこともできず・・・。
スプリンター・牡馬というところから攻めてみたいなと。
21.jpg

ナイキフェイバーの15 [父 キンシャサノキセキ:母 ナイキフェイバー]
在厩場所:10月5日(水)に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

早来ファーム担当者「こちらでは夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っていました。太めの首や厚い胸前、筋肉がパンと張ったトモなど、父の良さをしっかりと受け継いでいますね。運動能力が高く、放牧地で見せる小気味よいフットワークやキレのあるダッシュに、両親のスプリント遺伝子を感じることができます。さらにオンとオフの切り替えも上手な気性で、いかにも短距離戦で弾ける走りを見せてくれそうです」馬体重429㎏


19.jpg

ツルマルワンピースの15 [父 ハービンジャー:母 ツルマルワンピース]
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在は夜間放牧を行っています。ここに来て急激に馬っぷりが良くなってきた本馬ですが、特に筋肉の充実が素晴らしく、放牧地での力強いキャンターにもその成長ぶりが窺えます。これから始まる騎乗トレーニングでどのような動きを見せてくれるのか、楽しみでなりません。少し周囲に気を使う一面はありますが、扱いにくいこともなく教えたことはしっかりこなす賢い馬です。洗い場と鞍つけの馴致はスムーズに済ませることができましたよ」馬体重471㎏

2頭両方にいくことは維持費が倍になるので避けたいところですが、考えている以上に出資できない可能性が高そうなので十分にありえそう。
ナイキフェイバーの15は結構売れてそうな気配がします・・・。
兄姉も勝ち上がっていますし手塚厩舎ですからねー。
ツルマルワンピースの15の方が余裕はあるかなと。
ついにいっちゃう?ハービンジャー産駒ということでいくならば今年か来年までかなと。

考えたくもないですがルシルクの15が外れた場合。
2口か0口かなので1口の方よりも外れやすくはあるんだよなぁ・・・(遠い目
40.jpg

ルベットローブの15 [父 ハーツクライ:母 ベルベットローブ]
在厩場所:10月6日(木)に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧とウォーキングマシンでの運動を行っていました。馴致も洗い馴致まで終わり、鞍つけ、背馴らしへ移行して行くところまで進めることができています。非常に大人しく扱いやすい馬ですので、このまま順調に進められると思います。馬体も順調に成長していますが、4月後半生まれでまだまだ伸び代がありますから、今後のトレーニングでどのように育っていくか楽しみでならないですね」馬体重461㎏

昨年はヴィクトワールピサ産駒の牡馬枠ヴァンクールシルクバレーロの2択で悩んだベルベットローブっ仔。
動きや馬体は好きだったのですがハーツ牝馬に2年連続はちょっと・・・ということで1次ではパスしました。
成長次第では無理してでも出資する可能性がありますね。
仮に抽選馬が全頭取れたとしても。

ユキチャンの15ユキチャンの15でしか補えません(涙)
なんとか・・・なんとか・・・(懇願

さんた

2か月と少し早いクリスマスプレゼントをください!!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック