アエロリット(アステリックスの14)は一口35万円やったんか・・・

今観ても買える気が全くしませんw

似た感じの価格帯(30万~35万)なら、ヌチバナの14(ハマオリ)やエアフュージョンの14(スムーズジャズ)がよく見えるんだよなぁ

買える要素を捻り出すのならば、
・芦毛
・クロフネ産駒(牝馬)
の2点くらいですかね(´・ω・)

芦毛が好きです(白毛はもっと好き)
ただ40口クラブでそこまでは拘れません・・・
クロフネ産駒は良く見えたのを記憶しておりますが、その中でも良く見えたのは牝馬ならジューヌエコール(ルミナスポイントの14)で牡馬ならアンティノウス(ミクロコスモスの14)でした

両馬とも無事勝ち上がり、一方は重賞馬もう一方はOP馬とそう外れてはいないのですがG1馬と比べちゃうと・・・

さすがサンデー!どの価格帯でも走るんだな!!と思って特別入会をする小口クラブ民が増えるんやろなぁ
事実サンデーに限らず1000万円台の”ノーザンF産牝馬は一口向けだと思います!
自分もそこらへんを狙って出資してますし(成功しているとは言っていない)
ただここ数年価格の低い募集馬が減ってきてるんですよね~
牝馬でも1000万円台後半か2000万以上を平気で超えてきます
繁殖牝馬レベル(血統・成績)の向上や景気に左右されるところであるので如何ともしがたい

ここでちょいとデータをみてみます
過去3年度の1400万(一口35万円)までの募集馬のデータです
2012年産
2012てい
1400万・・・10頭
1200万・・・5頭
1000万・・・2頭
合計=17頭(6頭勝ち上がり)

2013年産
2013のてい
1400万・・・7頭
1200万・・・3頭
1000万・・・3頭
合計=13頭(5頭勝ち上がり)

2014年産
35~25
1400万・・・4頭
1200万・・・4頭
1000万・・・1頭
合計=9頭(3頭勝ち上がり・5/11時点)

確実に年々減っていってるンゴ・・・
今年の募集予定馬リストをみてもお求めやすい募集馬がほとんど見当たらないんですよね~
勝ち上がり率も高いとは決して言えない(約35%)
とは言え、1億円ホース(牝馬)が2年連続で出ているのも事実(ワンミリオンスアエロリット
上記2頭以外で見渡しても、サンデーTCで狙うのならばやはりノーザン産の牝馬でFAでしょう
ただ年々減っている頭数の中で増えるであろう会員数・・・
そこに集まる票数の末に望む通りの出資ができるかは神のみぞ知るセカイ(抽選枠は10枠)
実績枠の後に抽選枠ではなく、抽選枠の後に実績枠というのもミソよね・・・(・ω・`彡 )з

来年のドラフトに備えて実績を積むために出資するのか、はたまたラッキーナンバー狙いで毎年特別入会するのか
馬代払って終了ってわけでもないですしね(維持費ェ・・・保険料ェ・・・
その分リターンも10何倍(小口クラブ比)になって返ってくる楽しみはありますよね!(゚∀゚)
実績も4年分持ち越せますし、隔年出資(又は3年毎)でも特別入会の方に比べると出資しやすくなるのは間違いない

40口クラブは40口クラブなりの、小口クラブは小口クラブなりの楽しみ方や得られるものがちゃんとあります
自分の過ごしたい一口ライフ、自分の懐に合ったクラブで続けていくのが吉やなという考えに至りました(´∀`*)

そう!それが私にとってのシルクなのです(ゴマスリー)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

今年も恒例の『特別冷やかし入会』に申し込むのかな?(笑)
No title
>ななし民さん
申し込み済みなんだよなー(え
今年も10月に3240円払うことになるのか将又月々3240円払うようになるのか...さて(´・ω・`)

コメントありがとうございました

管理者のみに表示

トラックバック