シルク 2歳馬近況(プリモシーン・ハウナニ・ラソワドール・ルーカス・ボアヴィスタ)

プリモシーン-8kg

2017/06/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回トレッドミルでキャンターを3分、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間、リフレッシュを終えてハロン15秒のペースに戻しています。リフレシュ後なので、元気一杯ですね。走りにまだ粗削りなところはありますが、徐々に操作性が良くなってきておりますし、体を大きく使ってのびのびと走れるようになってきました。気持ちが高ぶると我の強い面が出ることもありますが、内面の強さはこの馬の武器でもあるので、良い方向に持っていけるよう注意して騎乗しています。今後は6月中での移動を目標に、しっかりと基礎を固めつつ最終段階の調整をしていきます」馬体重454㎏


ハウナニ-2kg

2017/06/01 <所有馬情報>
在厩場所:30日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「ここまで順調に乗り込んできました。週1回は坂路コースでハロン14秒ペースで登坂していましたが、相変わらず動きはしっかりしていましたし、調教後の息遣いも良好でした。ハミ受けもだいぶ良化してきました。牝馬の割に馬格があり、性格もどっしりしていますし、見た目が真っ白なので少しわかりにくいですが、馬体にメリハリが出てきました。脚元にも不安はなく飼い葉食いも良好でしたので、30日に福島県・ノーザンファーム天栄に移動しており、今週末の検疫で美浦トレセンへ入厩する予定となりました」馬体重496㎏


ラソワドール

2017/06/01 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めのキャンター/ゲート練習
次走予定:未定

戸田博文調教師「無事にこちらへ入厩しており、輸送による大きな疲れも見られなかったことから、ゲート練習を中心に調教を行っています。ゲート練習では特に悪いところを見せることなく、スムーズに調教を行えていますので、この調子であればそれほど時間を掛けずに試験を受けられそうです。普段の様子も環境の変化に戸惑うこともなく、飼い葉はしっかりと食べていますし、牝馬とは思えないくらいの好馬体をしていますよ」


ルーカス

2017/05/25 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン/26日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:坂路コースでキャンター/24日にゲート試験合格
次走予定:未定

堀宣行調教師「24日にゲート試験に無事に合格しました。ただ、出る時に頭を上げてしまい、あまり姿勢がよくなかったので、競馬までに何度か練習をする必要があるでしょう。今は元気がよく、飼い葉も食べて馬体重も495㎏まで増えていますが、入厩時に輸送の疲れか体調を崩してしまったことを考慮し、一息入れて夏場は暑さを避け北海道で過ごす方がいいでしょう。ただせっかくここまで来たのですから、いろいろな環境に慣れさせる方がいいと思い、一旦ノーザンファームしがらきを経由させたいと思います。札幌デビューか、それともノーザンファーム早来で秋を待つか、どちらかのパターンを考えているところです」


ボアヴィスタ+12kg

2017/06/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,800m

担当者「5月中旬から坂路入りを再開し、徐々にペースを上げています。今ひとつに映っていた毛ヅヤも冬毛がすっかり抜けましたし、馬体重が示すようにさらに筋肉がついてきてボディコンディションの良化を感じています。坂路で乗り込んでいることでトモに力強さが増してきましたね。いい感じで成長をしていますし、このまま脚元と体調面に気を付けながら調教を進めて行きたいと思います」馬体重514kg


移動組が北海道組の数を超えたどー(゚∀゚)
移動組
ハウナニ
ラソワドール
ルーカス

北海道組
プリモシーン
ボアヴィスタ

移動組でもっとも進んでいるのはゲート試験も合格しているルーカスですが、デビューは札幌か秋競馬と計画されております
これ(早期移動でトレセン体験)は堀厩舎の新たな試みでどう結果が出るかは分かりません
同時期に移動したサトノオンリーワンは6月4日にデビューしますし、レピアーウィットも来週デビューするようです
一方、サトノソルタスは放牧でルーカスと同じ方向性なのかなと

順調と言えばラソワドール
なんというかススーっと右肩上がりに成長してきてそのままの勢いでデビューまで行けそうな雰囲気
私の2歳世代一番星はこの仔ではないかなと思っております

思わぬ成長をすることに定評のあるハウナニ
白毛だしなぁ体質弱いのかもなぁなんて思っていたのは遠い昔
先日天栄に移動し今週末に入厩まで進む模様
まずはゲート試験合格(そして放牧)を目標に進めていくことでしょう

北海道組の方も予定はある程度決まってるのは心強い
プリモシーンは6月中の移動が予定されていますし、ボアヴィスタも10月の京都開催デビュー目標という方針が出ていました
これは全頭年内デビューがみえてきましたね(ニッコリ
プリモシーンの預託先キムテツ先生はこの仔で3世代目(ショットガンニングヴァンクールシルクプリモシーン
関東期待の若手厩舎ですね(棒)
ワイは好きですよ、うん
一方、関西のボアヴィスタは石坂厩舎
思い返すと各世代1頭は関西所属がいるんですよね
松田国厩舎(ジュメイラリーフ)⇒矢作厩舎(ナイトバナレット)⇒石坂厩舎(ボアヴィスタ)と一流厩舎ばかりとなりました(そして牡馬)
現地で応援し難いので優先度は関東よりも低くなりがちでしたが、矢作厩舎は関東で結構走らせてくれるため関東遠征をよくする厩舎を今後は狙っていきたい

シルクの17年度募集予定馬が発表される時期も近づいてきました
今年は2か月募集時期が早まってせいか1年がとても早く感じましたw(10か月ですし)
来年はまた違った印象でこの時期の募集予定馬発表を待つことになりそうです!!
まずは今年の募集予定馬ですね、ルシルクっ仔いるといいなぁ

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

いよいよ2歳戦が始まりますね。出資馬の
先陣を切ってセドゥラマジーが出ます。
期待も大きいですが、不安も大きいです(笑)
まずは無事にレースを終えてほしいです。
Re: タイトルなし
> つかさん
うーむ、FBで公開された川田騎手のコメントを読む限り気性面がまだ幼い感じですね・・・
調教は動けているので勝てる能力はあるはず
あとはどうやって気持ちを競馬に向けさせるかですね

コメントありがとうございました

管理者のみに表示

トラックバック