募集馬写真でまず最初に見るところ

”繋”

なにかどこかのコラムタイトルみたいになってもたけども(゚д゚)

やっぱりソコなんですよね・・・
大事というか気になるというか(´・ω・)ワタシキニナリマス

らてあと

上の画像は出資馬であるラテアートの16
今年からメインクラブであるシルクHCの募集時期が早くなりますので、比較するならば本家募集の画像だろうと思い引用しました

自分はまず左下の黄色の円、そしての部分を確認してます
これは好みが分かれる部分なのでどうなると良いとは一概には言えませんが、私の基準では立ち過ぎているのも寝過ぎているのも苦手(40~45度が好み)
それと短過ぎるのも長過ぎるのも同様です
太過ぎたり細過ぎたりも考えちゃいますね・・・
長さ>角度=太さという感じでしょうか?
長過ぎよりも短過ぎの方が怖さを感じますし、寝ているよりも立っている方が怖いです

血統背景などで変わってくるので肩の角度はあまり気にしませんが、肘離れの様子は気にします
あくまで気にするというくらいでパッとみて終わりですがw

飛節をはじめ各パーツの角度を見るときは一口DBのツールを使ったりするのですが、パラパラと通しでみるときは後ろ左脚をみますね
そして繋ぎの角度や長さを確認し、前後のバランスも確認します
後ろ繋ぎは寝ているよりも立っている方が好みです(50~60度くらい)

この時期の写真ですので角度などは変化する可能性は十分にあります
また動画の中でクッション性や蹴りの強さ、前後から見た脚の造りなど確認するポイントも増えますのであくまでパッとみるときの基準ですね

そんなことよりも全体のバランスを見た方がいいんですよ!(え

自分にはそれができないんやけども(涙)

気を付けてはいるんですけどね・・・(|| ゚Д゚)ナンテコッタイ
先に動画を観てから写真を見るべきか・・・でもなぁ、

我慢できない(確信)

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック