FC2ブログ

信じ続ける意志力

ルーカスしがらき

堀宣行調教師「装鞍所、パドックでは落ち着きがありましたし、返し馬は少し前向きさもあり、ここ3戦の中では一番いい精神状態で競馬に向かえたと思います。ただ今回はチークが裏目に出てしまい、道中はハミ取りが良過ぎましたし、早めに来られたこともあり、最後は失速してしまいました。今回の内容からチークを着けなくても2000mがリミットという感じがしましたし、チークを着けて集中力を増すならマイルぐらいが適性距離だと思いました。できれば今後はチークを着けない方向でやっていきたいと思っています。あくまでも放牧先での状態次第ですが、スプリングステークスかニュージーランドトロフィーが候補になってくるでしょう。」

厩舎長「以前より筋肉が付いて、だいぶ馬体はしっかりしていますが、まだトモの緩さがあり、坂路コースでは前に頼ってトモをしっかり使い切れていないところがあります。それが上手く嵌るようになれば、レースでももうひと伸び出来るようになると思いますので、この休養期間内に少しでも良化が窺えるように鍛えていきたいと考えています。周回コースと坂路コースで入念に乗り込みを行っていますが、周りをキョロキョロして興味を示しているものの、以前と比較すると、気持ちの切り替えがしっかりできるようになっています。調教を進めている限り、特に問題なところはありませんので、このまま帰厩に向けて徐々にピッチを上げていきたいと考えています。馬体重は512kgです」

ルーカスはやれるんだ(*^◯^*)

今でも信じ続けています
自信というよりも確信でしょうか?(4億⇒1500万さん)
いや、願望ですね(あ

でもですねー、馬体や走りを見てしまうと夢みちゃうんだよなあ
この世代全兄がモーリスというフィルターをかけなくても一番良くみえたのがメジロフランシスの15(ルーカス)でした(ドラ1はダイアトニック)
1億円だから走ると思ったわけではなく、1億円に値する馬だと思い出資しました(できましたが正しい)
なぜ1億円台の中でメジロフランシスの15を選択したのか?
メジロフランシスの2015の1億円という価格は、

能力の底は全く見せていません・・・多分
距離は堀先生の仰るように2000mまでかなあ
どうやら以前の記事では短距離とか書いてましたがw
実際の走りを観るとマイル~中距離までなら能力を出し切れると踏んでいます
新馬戦の時のチークとホープフルSの時のチークでは効果が違っちゃったのが痛かったですね
前半に力が入り過ぎて後半持たなくなってしまったので、付けてなかったらもう少し見せ場もあったかなと(結果論)
そして堀先生はつけない方向を考えているようですので、次走はおそらく1800mのスプリングSだと予想します
NZTを目標とするならNFしがらきでの調整もまだピッチをあげないのかなとも
そんな考察を他の方に話していたらその奥におられた阿部社長が無言で頷いました(え

クラシック、特に牡馬クラシックは競馬の華
どの出資馬にもその夢をみてしまいますが出走するだけで夢のまた夢
クラシックが終わってから輝き始める馬たちもまた多い
どちらかと言うとルーカスは後者でしょう
いつか大輪の花が開くと信じ続けております

追記:報知ブログ情報ではスプリングS(鞍上はMデムーロJ)のようです

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック