平成30年調教師別貸付馬房数でみる出資馬のどうこう

3月1日(木曜)付けの貸付馬房数について発表されました
3月1日(木曜)からの調教師別貸付馬房数

H30貸付

キ、キ、キムテツ先生の馬房数がついに増えたぞおおおおおおお!!!

この時を待っていました(やったぜ
ここ数年の実績がついの認められたんですね・・・(感涙)
管理可能馬は貸付馬房数の3倍までですので、60頭から66頭へ
それよりも大きいのはこれまでより入厩ローテーションが早まるのではないかという期待
まあ人手やスケジュール管理が変わりますので慣れるまで時間が必要だと思いますが、木村哲也厩舎のさらなる発展を願っております

他に目がつくとこは堀宣行厩舎でしょうか?
3年前まで20馬房に固定(辞退することもできる)していたのに、ここ2年間は続けて増やしております
常に新しい方法を模索している堀先生のことですから何か考えがあってのことでしょう

出資馬を預かってくださる厩舎の馬房数が増えているのは嬉しいですね!(祝☆矢作芳人厩舎30馬房復帰)
近年成績を残しているということですし、厩舎の調子も上向いていると言えますしおすし

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

馬房数が増えれば状態がいいときに入厩し
てレースに出やすくなるかなと期待してま
す。そのぶん管理が大変になりますが、よ
ほどな事がない限り大丈夫だと思います。
先生方に頑張ってもらいましょう。
Re: タイトルなし
> つかさん
2馬房増えるだけでも大分変わってくると思われるので楽しみですね
レース前後に厩舎内で経過観察できる時間も増えそうですし
さらなる発展を期待せざるを得ませんなあ

コメントありがとうございました

管理者のみに表示

トラックバック