ブラックジェイド 逃げ切り勝ちで2勝目

BJ500.jpg

2018/3/10 (中京競馬場)
馬体重:528kg
★3/10(土)中京・4歳上500万下(芝2000m・混)太宰啓介騎手 結果:優勝

「成長著しいですね。以前に芝を使った時とは馬がまるで違う印象で、まず精神的に落ち着きがありますし、凶暴性がまったくない。道中も折り合いがついて、ペースを落とし過ぎないようにだけ気をつけましたが、乗っていて操縦性も高くなっています。この感じなら距離が延びても問題ないと思いますよ。それにしても最後まで止まらず、強い内容でしたね」(太宰啓介騎手)


好タイムで8馬身差の圧勝ブラックジェイド

渋った馬場も味方してくれたのかもしれませんが、能力があったのは間違いないかなと
スタートは良いとは言えませんでしたが、太宰騎手が押して行って主張し先頭を確保
自分のペースで競りかけられることなく走れたのが大きかったですね

4コーナーを回り他馬が手綱をしごいて追い付こうとしている中、太宰騎手が持ったままだったのを確認してこれは勝ったかなと思いました
まぁ、あそこまでの着差がつくとは想像していませんでしたw

約1年振りの芝挑戦でしたが、これまでの積み重ねがあったからこそだと思ってます
大型馬だということもありますが、まだまだ馬体が緩そうなコメントが続いていました
精神面のことも良く触れられていましたね

その両方がこの1年間で良い方向へ進んでいき、今回の結果につながったのだと考えています
逃げを打って勝ち切れなかったのは事実でしたしね
道中の折り合いやフットワークのスムーズさとかでどうしても最後が甘くなってしまっていたのかなと
まぁ、さすがに前走時はもうそろそろ芝を使ってもいいんやなかろうかと思いましたがw
また使うならば芝の2000mを希望していました(出資仲間のスペキチ氏も同様)
ブラックジェイドにとって2400mは長過ぎる、2200mもまだ長い(スタミナ不足)
ただそれはこれまでの芝での大逃げを観ていたからこその印象であり、今回のレースをみると今なら2000m以上でも結果を残せるかもしれませんね
そう考えてしまうくらいこれまでとレース振りが変わっておりました

先々週の昆先生のコメント(芝・ダートどちらにより適性が高いかは、もう少し馬が完成してくるまでハッキリしてこないだろうけど、今回は非常に具合がいいので楽しみですよ)を読む限りこれからは芝路線一本だ!ということになるかは分かりません
分かりませんが、芝という選択肢を以前よりも候補として挙げてくれるようになるのではないかなと思います

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

おめでとうございます!
ルーカス号も無事にゴールし、その上で良い結果が出る事を願っております。
No title
>ステイヤーさん
ありがとうございますっ!

まずは無事に、ですね
無事でいれば挽回するチャンスはいくらでもありますし!

コメントありがとうございます
馬も人も
まずは無事に…40を越えるとつくづく実感させられます。
No title
>ステイヤーさん
万物体が資本ですからね、気を付け過ぎて過ぎることはないなと

コメントありがとうございました

管理者のみに表示

トラックバック