FC2ブログ

シルク 第2回追加募集3行レビュー

文字だけですが・・・(´・ω・)

72.ポーレンの16(父ジャスタウェイ)

2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,700m、残りの日はウォーキングマシン

担当者「現在は坂路コースでハロン15ペースの乗り込みを中心に調教を行っています。まだ馬体に緩い面はありますが、前向きにトレーニングに取り組めていますし、一度募集を取り下げる原因となった蹄に関しても、乗り出してからは全く問題なく順調そのものです。先日状態を確認された武井調教師は『1歳時に見させていただいた時と比べて、かなり逞しい馬体に成長していますね。馬体重は540㎏ほどありますが、それでいて歩様に重苦しさはありませんから、特に気にする必要はないでしょう。蹄ももう問題なさそうですし、ここまで順調に乗り込めているようですから、早くこちらで携わりたいですね』と仰っていましたよ。今後もしっかりと乗り込んで鍛えていきたいと思います」馬体重543㎏

馬体の迫力は今回募集された中では1番(馬体重も一番)
動きはまだ前駆が勝っている印象で後ろも力が付いてくればさらの良くなりそう
武井先生はコメントで早めっぽいことを仰っていますが時間を掛けたほうが良い希ガス(遅生まれだし)

73.アンプレヴーの16(父ブラックタイド)

2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はトレッドミルでハロン30秒のキャンター5分

担当者「この中間はリフレッシュのため周回コースでの運動をメインとしたメニューに切り替えていますが、それまでは屋内坂路コースでハロン15秒から14秒に近いところまで脚を伸ばしていました。ハロン14秒に近いようなかなり速いペースでも、併せ馬で気持ちが乗ってくると馬なりで最後まで登坂することが出来ています。他馬に対する闘争心の高さはレースに行って活きてくると思いますし、登坂時の脚取りの確かさからはいいエンジンを兼ね備えていると感じさせます。毛艶は非常に良く、見た目も素晴らしいです。年明けくらいから一気に良くなった印象で、体高もどんどん伸びてきて大人の馬体に成長してきました。リフレッシュが明ければ坂路でまた元のペースで乗り込んでいき、6月末あたりの移動を目標に進めていきたいと考えています」

ブラックタイド産駒っぽいトモしてますね
気性は前向きで距離はそこまでもたないかも?
左前脚は少し心配ですが、走ってるところは迫力満点ですね(測尺はOK)

74.ジュエルオブザナイトの16(父ルーラーシップ)

2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「現在は坂路コースでのハロン15秒ペースの乗り込みを中心にトレーニングを行っています。以前よりも馬体の使い方が良くなり、全体的にパワーアップしてきている印象です。まだ精神的に幼い面はありますが、坂路では集団の先頭でも馬群の中でも折り合いを欠くことなく集中して走ることが出来ています。無駄のない綺麗な走りをする馬ですので、その長所を最大限に活かせるような体の使い方を、しっかりと教えていきたいと思っています。馬体にはまだいい意味で余裕があり、今後のペースアップにも十分対応できそうな下地を兼ね備えている印象です。飼い葉食いにも問題はありませんし脚元も健康そのものですから、しっかり食べてしっかりトレーニングを行うことで、より馬体に実を入れていければと考えています」馬体重479㎏

まだ芯が入りきっていないけれど運動神経は良い感じ
走り方が好きなタイプですなあ(もう少し首を使えてくればなお良し)
直飛なのもありますが踏み込みは浅めだなー

75.ラフィントレイルの16(父ブラックタイド)

2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「週3回坂路を主体とした調教を行っています。前脚の捌きがとても柔らかく、跳びの大きな馬ですね。スピードに乗った時の走りは特に素質の高さを感じます。成長途上の馬体ですがこれから坂路での乗り込みが増えてくれば、自然と力強さも増してくるでしょう。普段の馬房の様子から調教まで落ち着きを保てていますし、気性面での不安は今のところありません。飼い葉も残さず食べてくれますから、これからペースを上げたとしても大きく体が減ることはないでしょう。今後はもうしばらく坂路での乗り込みを重ね、6月中の移動を目指して進めていきます」馬体重483㎏


トモの作りが好みと離れていますが、顔は可愛い←重要
まだ上方向に力が逃げていて勿体無いンゴねぇ・・・(それでこの動きかゴクリ
横からの歩様にスピード感があって良いですなあ

76.アウトオブザウィムの16(父エイシンフラッシュ)

2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,200m

担当者「週3回の坂路調教の内、週1回はハロン16秒、週2回はハロン15秒のペースで登坂しています。乗り手に逆らうことなくしっかりとした脚取りで調教を行えています。普段は大人しいものの調教に取り組むとなると気持ちが入ってきますし、オン・オフ使い分けることが出来る非常にクレバーな馬です。また、食欲旺盛で飼い葉も残すことはありませんので調教で体が減ることは無さそうですね。今後はトモに必要な筋肉がついてくるまではこのペースで進めていき、状態を見つつペースアップを図っていきます」馬体重467㎏

重心が低い系のエイシンフラッシュ産駒(そんな系統あったけな?
脚元や馬体を見ても短距離からマイルくらいが守備範囲っぽい
後脚がもう少し使えてくると良いのですが・・・(この仔も遅生まれ)

77.アグネスターフの16(父ロージズインメイ)

2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター3,000m

担当者「この中間はハロン14~15秒ペースでの坂路調教を中心に調教を進めています。調教を進めていく内に必要なところに筋肉がついてきており、上体を起こして走ることが出来るようになりました。また、周回コースで長い距離乗り込むことでスタミナがついてきました。気性面に関しては、普段から落ち着きを保っており、調教時も煩い面を見せることはありません。ここまで脚元など含めて体質の不安は今のところありませんし、飼い葉も良く体を大きく見せてとても状態が良さそうです。今後も状態の良さを活かして調教を進めていき、早めに入厩出来るよう努めていきます」馬体重512㎏


おや?良いゾ~コレ(^ω^ ≡ ^ω^)
後ろ脚は良くクッション効いてますね、それがどうでるかは分からんけど(飛節もノビノビ
動画での走りも良いですが、騎乗者が結構追っているのをどう見るか?

どの追加募集馬もまとまりがあって良さそうですね
一芸に秀でると言うよりは、安定感のある優等生タイプが揃った印象
出資馬がこの時期にこんな動きをしてくれたら嬉しいなあという募集馬もチラホラ
価格設定は自信の表れなのかな?かな?かな?

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック