2年と半年振りの重賞挑戦、アルジャンテ

あるちゃん

2018/06/07 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで6日に時計
次走予定:6月10日の阪神・マーメイドステークス(GⅢ)〔酒井学〕

尾関知人調教師「6日に南Wコースで時計を出しました。阪神競馬場までの輸送もありますし、先週しっかり併せて負荷を掛けていますから、今週は終い重点にサッと行いました。時計的にも予定通りでしたし、素軽いフットワークで最後まで走れていて、動きは良かったと思いますよ。週末にも坂路で併せて時計を出していますし、ここまでマーメイドステークスを目標に本数も積んで、走れる態勢は整っていると思います。ハンデは想定していたものよりも少し重くなってしまいましたし、初めての2,000mに加えてコーナー4つの競馬で最後まで集中力を維持できるか等、色々と課題はありますが、終いの脚はこのメンバー相手にも十分通用するものを持っていると思いますから、どんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています」

もうそんなに経つのか・・・

フェアリーSに出走した2年前の年明け
なにか感慨深いものがありますね(´∀`*)

その後なかなか順調には使えずここまで13戦
それでも勝ちたいときは勝ち切ってついに古馬重賞戦線へ(1600万クラスだけども)

52kgは見込まれた感があるものの、それはこれまでのレース振りみられたからだとプラスに受け止めたい(歯軋り)

阪神芝2000mはディープ産駒にとって向いている舞台
調教もしっかりと乗り込めておりますし、関西への輸送も慣れてきた頃ではないでしょうか?

ここで一発あってもなんらおかしくないのでは?wktk

不安材料もままありますがそもそもが格上挑戦ですからね、人気も薄いですし酒井学騎手には思い切った騎乗をして欲しいですね!

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック