FC2ブログ

出走結果(6月16日)

サーブルノワール

2018/06/18 <レース結果>
 6/16(土)東京7R 3歳上500万下〔D2,100m・16頭〕15着[11人気]

ポンとスタートを切ると積極的に主張して行き、道中は一馬身ほどのリードを保ってレースを先導、そのままの隊列で直線に向きますが、残り400mを切ったあたりで先頭を奪われると、その後はズルズルと後退して後方でゴールしています。

石川裕紀人騎手「脚抜きのいい馬場でしたし、前目に付けた方がいいと思い積極的に運んでいきました。外の馬も速かったので少し押して行く形にはなりましたが、ハナを取り切ってからはリズム良く運べましたし、4コーナーまでは自らハミを取って前向きに走れていました。最後は久々の分が影響したのか脚が上がってしまったものの、一叩きして中身が出来てくればもっといい走りが出来ると思います」

和田勇介調教師「馬体重はプラス14㎏と増えていましたが、成長分もあったと思いますし、坂路のみではあったものの本数を積めてのものでしたから、許容範囲内だったと思います。切れる脚を使えるタイプではないですし、前日の雨の影響で湿った馬場でしたから、石川騎手には前に付けて欲しいと指示を出していました。楽々とはいきませんでしたが先手を取ることが出来ましたし、前に付けた2頭で決着したことを考えれば悪い形ではなかったと思います。約11ヵ月ぶりのレースということもあり直線は脚が上がってしまいましたが、まずは無事に走り終えてくれたことは良かったです。この後はよく脚元の状態を確認させていただいてから、どうするか検討したいと思います」


ナイトバナレット

2018/06/18 <レース結果>
 6/16(土)東京10R 相模湖特別〔芝1,400m・13頭〕6着[9人気]

スタートから行き脚付かず、最後方からの追走となります。そのままの位置取りで直線を向き、徐々に外に進路を取りながら追われると、メンバー中上がり最速の脚を使い6着まで追い上げています。

三浦皇成騎手「ゲートは普通に反応しているのですが、二の脚がなく後方からになってしまいました。久々のせいかゲート内ではすごく大人しくボーッとした感じでしたし、前回から距離短縮したせいもあるのか前半は流れに乗れませんでした。ただ口が硬いので、あそこで出していくとコントロールが利かなくなりそうでしたし、前走ではガチャガチャやって終いは止めてしまったような感じでしたので、そういうレースはしないように前半は無理をしないで終いに賭けようと思っていましたが、最後はいい脚を使ってくれましたね。今回の感じでしたら距離はマイル位でも大丈夫だと思います」

矢作芳人調教師「ゲートの中で煩かったわけではなく、逆にあまり気が入っていなかったので、扉が開いても反応せずに自ら出て行かなかったですね。今回はあそこから無理しなかったので折り合いは付いていましたが、もし焦って促して行っていれば折り合いを欠いていたでしょう。まだそういった難しさはありますが、最後方からあそこまで差を詰めていることからも分かるように、このクラスで結果を残す力は十分持っていると思いますし、もっと上のクラスで頑張ってもらいたい馬だと考えています。レースから上がってきた直後は鼻出血を発症することなく特に問題は見られませんでしたが、トレセンに戻ってからもよく状態を確認させていただきます」


結果ではなく経過としてみたい1戦でした×2

サーブルノワール11か月ぶりのレースでしたが前に行けたのは良かった
4コーナー回ってる途中に手を動かし始めて、勝ちはないかなと思ったけれどそこまで先頭を走れたのはなお良し
パドックでの歩様もこれまでと比べるとしっかりしてきていたし、馬体の成長を感じました
レース後時間が経ってから症状が出ることもありますので油断は出来ません

ナイトバナレット最後の追い込みは胸が熱くなった・・・!!
まだ終わってない!まだまだやれる!!ってとこをみせてくれたかな、と
ここ4戦出遅れは毎度のことですが、後ろからレースをする割に末脚はそこまでだったのが辛かった|ω・`)
距離が伸びれば少しは追走も楽になるでしょうし、展開がはまれば突き抜けてくれそうです

にほんブログ村 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック